無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区で雹害復旧に火災保険を利用、屋根カバー・外壁塗装・雨樋.....

葛飾区で雹害復旧に火災保険を利用、屋根カバー・外壁塗装・雨樋交換など外装リフォーム

【施工前】
屋根カバーで雹害を補修

【施工後】
屋根カバー工法完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


東京都葛飾区のお客様より、雹災についてのご相談を頂きました。
ここ数年巨大な雹が降り、車やお住まいに被害をもたらすことが多くなりましたね。
自然現象ですし防ぐことが出来ないため、被害を被るのは仕方がないことです。
しかし、補修に関してはお客様の負担を抑える為の方法がございます。
今回は火災保険の補償を利用し、お住まい全体の補修をご提案致しました。
東京都葛飾区のお客様より、雹災についてのご相談を頂きました。
ここ数年巨大な雹が降り、車やお住まいに被害をもたらすことが多くなりましたね。
自然現象ですし防ぐことが出来ないため、被害を被るのは仕方がないことです。
しかし、補修に関してはお客様の負担を抑える為の方法がございます。
今回は火災保険の補償を利用し、お住まい全体の補修をご提案致しました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事 屋根カバー工法 雨樋交換 防水工事 網戸交換,テラス床材交換
【工事詳細】
お施主様
K様邸
【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事 屋根カバー工法 雨樋交換 防水工事 網戸交換,テラス床材交換
【工事詳細】
お施主様
K様邸
足場アイコン火災保険アイコン屋根カバー工事雨樋交換防水工事

【雹災点検】

自然災害と聞くと、屋根が飛散した・雨漏りを起こした等、凄まじい被害を受けていると思いますよね?「屋根を直してほしい」や「応急措置でも雨漏りを何とかしたい」と被害を実感している為、早急な補修を考えるかと思います。

では雹の場合はどうでしょう?雹は地表が暖かい時に冷たい空気が流れ込むことによって、積乱雲が発達し降ります。寒い時期ではなく、6月や10月などポカポカとした季節に発生しやすい時期に見られます。ニュースで取り上げられるような大きな雹が降った場合は、おそらく何かしらの被害が確認できると思います。小さな雹で特に被害も感じない場合は「良かった」と胸をなで下ろすと思います。しかし、一見被害が見られない時にもよく見れば雹害の傷跡が残っているんです。

今回は雹害でよくみられる被害と補修方法をご紹介したいと思います。

葛飾区の雹害点検 エアコンの傷

今回は、東京都葛飾区のお住まいです。築浅の綺麗なお住まいですが、最近降った雹の被害が気になりご相談を頂きました。どうやら雹はかなり降ったようですが異変を見つけられず、かえって不安を感じられたようです。

雹の被害は程度により非常に分かりにくいものです。

エアコンの室外機に白く小さなものがぶつかったような跡が見られますよね?これが雹が降った跡ですが、箇所によっては補修の度合いも変わります。

屋上の雹害 外壁のすれや傷

まずは外壁を見ていきましょう。大まかに見ていくと問題がないように見えますが、近くで見ると雹が擦れたような跡が見られます。本当に目立ちにくい跡ですので経年劣化かな?と、見逃してしまうものが多いです。ですが例えば塗膜を剥がすような傷ですと、水分を含みサイディング外壁を傷めるような原因になってしまいます。

今回は細かいですが、大きな雹であれば外壁材を大きく凹ませるような被害にもなってしまいます。

雨樋の割れ 雨樋の雹害

大きな被害を受けたのは雨樋です。大きな穴が開いてしまっていますので、既に雨樋としての機能は果たせていません。

実は雹で一番被害を受けやすいのは雨樋です。屋根や外壁よりも外側に取り付けられているため、雪や雹の被害を受けてしまいます。割れてしまえば交換する以外に補修方法はなく、足場仮設が必要になる為施工費用がかかりがちです。

床材の割れ バルコニーの立ち上がりに雹害

続いてはテラスの床材です。割れている様子から見ると、雹の大きい衝撃がうかがえます。普段防水層を保護している床材が割れてしまえば、保護の役割を失うだけでなく、怪我やつまずきの原因にもなります。歩行をする面は特に破片等がないか確認し、怪我をしないように掃除をしましょう。

雨樋の割れ 屋根材点検

このように雨樋の破片などが落ちていますからね!屋根の雨漏り等も早めに直したい!と焦ってしまいますが、大変危険ですので出来る範囲での作業、心配なときは専門業者に任せましょう!

続いては屋根です。新築から塗装はされていないようですので、全体的な色褪せは見られますが、雹による破損はありませんでした。

屋根に傷 板金への雹害

こちらにも雹による被害が見られました。何もないから大丈夫!と思われるかもしれませんが、雹が当たった場所はベタベタとした印象も受けます。塗膜も傷みますので、屋根材の寿命も短くなってしまいます。結果、予想よりも早く屋根の補修工事が必要になってしまいますので、早い段階で手をつけておきましょう。

笠木への傷 水切りへの傷

最後に板金部分です。笠木や水切りにははっきりと雹のぶつかった跡がありました。アルミやガルバリウム鋼板などの為、破損したりはありませんが建材を傷めてしまいます。アルミ部分は特に塗装で保護も出来ないため、交換工事での対応が必要となります。

【雹害には火災保険が使用できます!】

上記で発見した被害ですが、お住まいで加入されている火災保険や共済の補償を利用することが出来ます。

火災保険と聞くと「火災」に対する補償かと思われがちですが、雹・雪・風・雷・落雷・爆発による被害にも対応しています。また盗難・水濡れ・車両の飛込みも補償しますが、加入保険により補償範囲は変わりますので、まずは加入条件と補修範囲をご確認ください。免責金額を設定している場合は、補修費用が設定金額に届かない場合は保険を使用できませんので、ご注意ください。

今回は火災保険を利用し雹害を補修していきましょう。

【雹害復旧工事】

雨樋仮設 高圧洗浄

外壁の塗装工事も行いますので足場を組んでいきます。補修を行うための足場は、火災保険の対象になりますのでご安心ください。高圧洗浄で雹の付着跡・苔や藻・旧塗膜や汚れを綺麗に洗い流していきます。

バルコニーの高圧洗浄 防水紙の貼り付け

テラスの補修範囲は立ち上がり部分のみですが、床材を剥がし全体を綺麗に洗い流していきます。立ち上がりはトップコートの塗り替え、床面は新たな床材を張り直していきたいと思います。

 

スレート屋根は屋根材の傷みや寿命を考慮し、ガルバリウム鋼板での屋根カバー工法です。既存の棟板金と貫板を取り外し、防水紙を張ります。勾配の低い場所から高い場所に向かって貼り重ね、シートの重なり部分から雨水が入り込まないように施工していきます。

防水紙は雨漏りを防ぐもっとも大事な部分ですので、適切な施工を行う必要があります。屋根材を葺いた後は補修も出来なくなってしまいますので、屋根に精通した業者に任せましょう!

屋根カバー工事 雪止め設置

屋根材も同様に軒先から重ね葺いていきます。スレート屋根と同様に雪止めを設置し、積雪対策を行います。ガルバリウム鋼板製で同色の雪止めですのでスレート屋根とは違い、統一感のある屋根に仕上がります。もちろん固定にはステンレス製のビスを使い、抜けにくく錆びにくい状態にします。

貫板設置 下がり屋根の屋根カバー

屋根の頂部に貫板と棟板金を取り付け、屋根カバー工法は完了です。

金属屋根でも複雑な屋根形状に対応しておりますので、屋根工事に金属屋根を使用したいと検討している方はお気軽にご相談ください。

屋根カバー工法完了

使用した屋根材はIG工業のスーパーガルテクトのシェイドブラウンで、独特なちぢれ塗装で高級感のある質感です。塗膜の保証も従来のガルテクトよりも延び、耐久性に期待が持てます。また、沿岸地域での保証制限も緩和されましたので、更に使用地域は拡大しそうですね!

雨樋交換 軒樋交換

破損した雨樋は交換し、破損していない部位としっかり接続します。取り替えた場所は色が異なりますが、外壁と一緒に塗り替えていきますので問題ありません。

火災保険を利用する条件は、原状回復が鉄則です。半丸の雨樋を半丸で取り替えることは可能ですが、半丸から角樋への取り替えには対応しておりません。その為、異なる製品を使用する場合は差額が自己負担となります。廃盤製品を使用している場合は後継製品の使用、それでも対応できない場合は変更が認められます。全体の取替が必要な場合は火災保険を利用して全交換となります。

目地撤去 シーリング材充填

続いては外壁塗装です。サイディングパネルの目地打替に高耐久・高寿命のオートンイクシードを使用しました。通常のコーキング材には柔軟性を高める為に【可塑剤】が含まれていますが、いずれ可塑剤の成分が流出し、目地部分の汚れや外壁の黒ずみを起こしてしまいます。

オートンイクシードは独自のLSポリマーを配合している為、高い柔軟性を持ちシーリング材本来の役割を発揮します。5年前後の寿命と言われていたシーリング材ですが、オートンイクシードは20年超の寿命と言われています。今回打替えたことにより、次回の塗り替え時に補修する必要もなくなるかもしれません。高耐久塗料を使用するときには、メンテナンスサイクルを合わせる為にも、高耐久のオートンイクシードを使用しましょう。

外壁塗装 上塗り塗装

塗り替えには日本ペイントのパーフェクトトップ、ND-280とND-280と281の中間色を使用しました。シリコン系でもフッ素系でもないラジカル制御型塗料は、白色顔料の劣化を防ぐ特徴を持っています。白色・クリーム系・ベージュ系・グレー系等、白色顔料を使用する色で仕上げたい場合には最適な塗料です。

こちらのお住まいは艶なしで新築時のようなマット感に仕上げましたが、艶有・7分艶・5分艶・3分艶を選択することが出来ます。是非お好みの色・艶を選び、お気に入りのお住まいに仕上げていきましょう。

雨樋塗装 既存雨樋の塗装

紫外線で色褪せてしまった雨樋もまとめて塗装を行います。表面が滑らかですので、目粗しで無数の傷を付け塗料の密着性を高めます。新品の場合でも必ず必要な作業で、素材が変わっても同じです。

特に近年DIYをする方が多いと思いますが、滑らかな表面を塗装する時には、サンドペーパーやマジックロンで研磨しましょう。

鉄部塗装 トップコートの塗り替え

錆びないように鋼板部の塗膜保護もしておきましょう。仕上げ塗料の前に錆止め塗料(防錆剤)を塗る事で、錆の発生を抑えることが出来ます。

ベランダは立ち上がり部分のみトップコートの塗り替えです。アセトンで表面の油脂を取り除いて、プライマーとトップコートを塗り重ねます。トップコートは防水層保護のために重要な保護材です。今回の補修とは関係なく、5年前後で塗り替えを行っていきましょう。

床材の検討 人工芝の敷き詰め

床材はたくさんの種類があり、お好みでお楽しみいただけます。今回は人工芝を敷き詰め、歩行面の保護を行いました。床材を置くことで、防水層の紫外線によるダメージは防ぐことが出来ます。が、必然的に湿気がこもりがちになってしまいますので、定期的に清掃・乾燥を行うと良いですね。

網戸張替

実は火災保険を使用する中で、お客様が知らなかったと驚かれるのが「網戸の交換」です。雹の勢いで網戸が破れてしまったというお住まいは多いかと思います。

火災保険はお住まいとお住まいの付随物の破損に対する補修です。カーポートや網戸などももちろん対象ですので、同時に補修することが可能です。破損の大小には関係なく、被害箇所全ての申請が出来ますので、まとめて補修していきましょうね!

火災保険や雹に関しての疑問点、不安点等がございましたら街の屋根やさん東東京店へご相談ください。数多くの雹害補修を承っておりますので、きっとお客様のお力にもなれるかと思います!

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディアで取り上げられることで屋根工事やお住まいの補修に火災保険が使えるということが以前にもまして認知されるようにな…続きを読む
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともなかったという方が多いのではないのでしょうか。雨水を集め、…続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

.youtube2 { position: relative; width: 100%; padding-top: 56.25%; } .youtube2 iframe { position: absolute; top: 0; right: 0; width: 100% !important; height: 100% !important; } …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ 屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。 1.機能・性能UP 塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。 しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。 塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素地が外部に晒されてしまいます。   外部に露出…続きを読む
雪害漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る