無題ドキュメント

HOME > ブログ > 国立市泉にてアスベスト入りのスレート屋根を調査、塗装のメンテ.....

国立市泉にてアスベスト入りのスレート屋根を調査、塗装のメンテナンスをオススメします

更新日:2021年1月20日

塗装が劣化したスレート屋根

全体的に塗装の劣化が見られる

 国立市泉にお住まいのお客様より、築25年の家の点検をお願いしたいとお声掛けをいただき、屋根を調査してまいりました。ハシゴで屋根に登らせていただくと、まっすぐに横向きに線が入ったかのような屋根になっていました。築年数が経ったスレート屋根でよく見かける現象ですが、スレート屋根の先端が劣化したことで起きてきます。屋根に降った雨水は当然上から下に流れていきますが、スレートの切れ目に水が留まり、それを繰り返すことによって他の場所よりも劣化が早まってくることが原因です。以前塗装のメンテナンスをされたとのことでしたが、塗装の持ちも10年ほどが目安なので、順当に劣化した結果だと言えます。

スレートの原料とアスベスト

アスベスト入りのスレート屋根 スレート屋根

 スレート屋根の主な原料はセメントです。セメントは水を吸う素材なので、スレート屋根は本来水を吸う造りをしているということになります。そのため、表面を塗装して防水性能を持たせているわけです。塗装が劣化すれば水を吸うようになり、スレートそのものの劣化を早める原因にもなるため定期的なメンテナンスが必要です。

 一昔前に建材へのアスベスト含有が問題視され話題になりましたが、スレート屋根もその対象の一つでした。アスベストはとても安価でありながら、練り込むだけで建材を非常に強く造ることができる神の素材として重宝されていたという背景があります。実際、屋根に使われていてもご自身で粉砕などしない限りは健康への影響はございませんが、現行のスレート屋根ではアスベストはほとんど排除されています。非常に丈夫であるというメリットが活きており、今回の屋根のようにアスベスト含有のものはひび割れなど起こしにくく、屋根材そのものはキレイな状態で残っていることが多くなっています。

メンテナンス方法は

塗装が劣化したスレート屋根 屋根材の先端の塗装が剥がれている

 屋根材の劣化は表面的で見える部分なので屋根のひび割れなどを問題視しがちですが、実は最も重要な部分は屋根材の下に施工されている防水紙と呼ばれる防水シートです。この防水シートに穴や破れが生じて初めて雨漏りを起こします。防水紙の寿命は20年とも30年とも言われますが、目視できない部分なのでそれぐらいの年数を目安にメンテナンスを考える必要があります。築25年の今回のお住まいは塗装メンテナンスの選択もできますが、その次のメンテナンスとなれば、カバー工事や葺き替えといった全体的なメンテナンスを選択する必要がでてきます。

 私たち街の屋根やんさんでは、感染拡大の続く新型コロナウィルスへの感染対策として、マスクの着用手指の消毒などを徹底して実施しております。お問い合わせの際はご安心いただければ幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

超重要!スレート屋根に必須のタスペーサーで雨漏りを防止

超重要!スレート屋根に必須のタスペーサーで雨漏りを防止

 スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根を塗装すると雨漏りを起こすことがあるといったら貴方は信じられますか。スレート屋根の屋根塗装後には塗り替えによって狭くなったり、塞がれてしまった排水経路をしっかりと機能するようにしなければなりません。それが縁切りと呼ばれる作業で、現在では屋根材の重なり部分に挟…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

 戸建て住宅などの建築において最後にアスベスト入りの屋根材、スレート(カラーベスト・コロニアル)が使われてから十数年が経過しようとしています。屋根葺き替え・屋根カバー工法などの大規模な屋根リフォームをそろそろ検討しなければならない時期に来ていると言っていいでしょう。有害と言われるアスベスト、それが含…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む
アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

目次【非表示表示】 ●そもそもアスベストって何なのでしょうか? ●アスベストって何が問題なの? ●アスベストのことをもっと知りたい!お客様とのQA ●私たちがお客様へお伝えしたいこと ●建物でアスベスト含有の建材が使われている可能性がある部位一覧 ●アスベストが使用されている撤去や解体も…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

府中市北山町にてスレートからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を行いました

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根葺き替え

大田区東糀谷で強風で一枚剥がれたスレート屋根は火災保険を適用して復旧工事します

【施工内容】

屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え

小平市鈴木町でトタンの瓦棒葺き屋根を日本ペイントファインルーフのサニーレッドで塗装します

【施工内容】

屋根塗装

その他の施工事例一覧→

国立市と近隣地区の施工事例のご紹介

立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

【施工内容】

その他の工事

国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事

府中市白糸台で硬化不良を起こしている屋上の床を防水工事で直します

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る