無題ドキュメント

HOME > ブログ > 練馬区大泉学園町で瓦棒葺きの屋根を調査しました

練馬区大泉学園町で瓦棒葺きの屋根を調査しました

更新日:2020年12月20日

瓦棒葺きの屋根を調査

瓦棒葺きの屋根 雨漏りに強い瓦棒葺きの屋根

 練馬区大泉学園町で瓦棒葺きの屋根を調査しました。瓦棒葺きの屋根は最近の建物では見かけることが無くなってきており、築30年以上前のお住いで見かけることが多い屋根です。瓦という名前が入っていますが、瓦そのものが使われているわけではなく、瓦棒と呼ばれる角棒状の芯材を使って施工するので瓦棒葺きと言われています。縦に固定した瓦棒に金属屋根を巻きつけて固定していく工法で葺かれており、雨漏りを起こし難い屋根です。一般的に緩勾配と言われる1寸や2寸勾配の屋根では屋根の上に長時間水が残ってしまうため、スレート屋根などを使用することはできませんが、つなぎ目が少なく排水性の良い瓦棒葺きの屋根は緩勾配でも施工可能となっております。最近では瓦棒を使わずに金属を組み合わせて施工する縦ハゼ葺きなどの工法が、瓦棒葺きに変わるものとして一般化してきています。見た目には区別が難しいですが、ご自身の家の屋根も同じ造りをしているのであれば、どちらの工法で造られているのか把握しておくのも良いかと思います。

バルコニーが上に乗っている屋根は少々厄介です

バルコニーが上に乗っている屋根

 今回の屋根では1階の屋根の上にバルコニーが乗ってる部分がございました。珍しい光景ではありませんが、この状態は屋根の修理やリフォームを考える際に厄介なポイントとなってきます。葺き替えやカバー工事をしようと思った場合、この屋根はどのように工事すれば良いでしょうか。

工事の際に障害となってしまいます

バルコニーの下敷きになっている屋根 バルコニー下部の屋根

 結論から申し上げると、このままでは工事をすることができません。バルコニーの隙間から手を伸ばして作業するにも限界がありますし、一番奥の部分は手がそもそも届きません。バルコニーの足ももちろん屋根と密着しているので、足が邪魔で屋根を外すこともできません。床板を外せばよいのではというご意見もよくいただきますが、先程の足がどかせるわけではないのでやはり工事ができません。この状態の場合は、バルコニーを撤去する他ないというのが正直なところです。かと言って撤去したままにするわけにも行かないので、撤去と併せて再設置工事も必要となってきます。取り外したバルコニーが再利用できるとも限らないため、新品交換となることも考えなければならず、かなりの金額の大工事となってしまいます。同じような構造のお住いの場合は、このような点についてもお含みおきいただければと思います。

 私達街の屋根やさんでは、感染拡大の続く新型コロナウィルスへの感染対策として、訪問時のマスク着用や手指の消毒を徹底して行っております。お問い合わせの際はご安心いただければ幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

プロが見た!リフォーム現場での間違いだらけの屋根工事施工例

プロが見た!リフォーム現場での間違いだらけの屋根工事施工例

 「間違いだらけの屋根工事」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ 【動画で確認「間違いだらけの施工例」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別) 屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

小平市鈴木町でトタンの瓦棒葺き屋根を日本ペイントファインルーフのサニーレッドで塗装します

【施工内容】

屋根塗装

江戸川区西瑞江でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事を施工致しました

【施工内容】

屋根葺き替え

板橋区赤塚のスレート屋根の住宅をIGスーパーガルテクトを使用しカバー工事を行いました

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

豊島区南長崎で強風で剥がれたALC外壁に貼られた金属サイデイングの貼り替え工事を行いました

【施工内容】

ガルバリウム鋼板

豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にもなる7寸丸に積み替えました

【施工内容】

棟瓦取り直し 

豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金交換工事、台風被害により火災保険を使用しての施工となります

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る