無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区北小岩で斜壁と瓦棒屋根の境目からの雨漏りを斜壁カバー.....

江戸川区北小岩で斜壁と瓦棒屋根の境目からの雨漏りを斜壁カバーと瓦棒カバー工事で解消しました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 江戸川区北小岩にお住いのK様から「雨漏りではないか?他社様にも相談しているが可能か?」という事で私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。雨漏りと確定はできていないようですが、部屋の天井の一部に黒ずんでいる所があるとのことでした。日程を調整させていただき調査にお伺いさせていただくとK様のおっしゃっている部分が確かに黒くなっておりクロスの内部でカビが発生しているようでした。その部分は北面の斜壁になっている天井の際です。結露も疑いましたが、サッシなどには結露も発生しないとのことで外部の確認に移りました。屋上に案内いただき該当部分を確認すると、短い瓦棒屋根があり、そこから斜壁が下りていく軽所になっておりました。瓦棒屋根部分は非常に勾配がぬるくなっています。雨漏り解消にと、数年前に塗装工事も実施されたそうです。瓦棒屋根の先端は先に行くほど薄くなるように仕上げられておりました。また斜壁との取り合い部分にはコーキングがびっちりと埋め込まれておりました。この辺りに原因があると考え、工事前提のもと足場を仮設し、該当部分のサイディングを外し詳細調査を行いながら斜壁カバー工事、瓦棒屋根カバー工事をするご提案をさせていただきご契約、工事を承る事になりました。
 江戸川区北小岩にお住いのK様から「雨漏りではないか?他社様にも相談しているが可能か?」という事で私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。雨漏りと確定はできていないようですが、部屋の天井の一部に黒ずんでいる所があるとのことでした。日程を調整させていただき調査にお伺いさせていただくとK様のおっしゃっている部分が確かに黒くなっておりクロスの内部でカビが発生しているようでした。その部分は北面の斜壁になっている天井の際です。結露も疑いましたが、サッシなどには結露も発生しないとのことで外部の確認に移りました。屋上に案内いただき該当部分を確認すると、短い瓦棒屋根があり、そこから斜壁が下りていく軽所になっておりました。瓦棒屋根部分は非常に勾配がぬるくなっています。雨漏り解消にと、数年前に塗装工事も実施されたそうです。瓦棒屋根の先端は先に行くほど薄くなるように仕上げられておりました。また斜壁との取り合い部分にはコーキングがびっちりと埋め込まれておりました。この辺りに原因があると考え、工事前提のもと足場を仮設し、該当部分のサイディングを外し詳細調査を行いながら斜壁カバー工事、瓦棒屋根カバー工事をするご提案をさせていただきご契約、工事を承る事になりました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根カバー工法 雨漏り修理 ガルバリウム鋼板 その他の工事 斜壁カバー工事
【工事詳細】
使用材料
稲垣商事スタンビー303、ニック金属カバールーフ455
施工期間
仮設から解体まで含め2週間
築年数
18年
平米数
計35.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
屋根カバー工法 雨漏り修理 ガルバリウム鋼板 その他の工事 斜壁カバー工事
【工事詳細】
使用材料
稲垣商事スタンビー303、ニック金属カバールーフ455
施工期間
仮設から解体まで含め2週間
築年数
18年
平米数
計35.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコン屋根カバー工事雨漏り修

点検

室内雨漏り

 江戸川区北小岩にお住いのK様から、私たち「街の屋根やさん」に雨漏りの件でお問い合わせを頂きました。二階にある部屋の斜めになっている屋根と壁の際のクロスが黒っぽく変色している、というのがお悩みのようでした。

斜壁の雨漏り 外部の様子

 K様のお悩みの場所を室内からまず確認させていただきました。確かに黒っぽく変色しているのが確認できます。北側に当たる部分なので、結露の可能性もあるかとは考えましたが、同じ側にある他の部屋では発生しておりません。部分的にとなると、やはり雨漏りの可能性が強くなってきます。今度は外部からの確認です。屋根は陸屋根になっており、室内から見た雨漏りの可能性が起きていた場所は、斜壁とほんの短い瓦棒屋根が絡んでいる部分のようでした。

瓦棒屋根と斜壁の取り合い 棟

 瓦棒屋根は勾配が緩やかなケースが多いのですが、K様の屋根もほぼ勾配が無い状態でした。勾配が緩やかという事は「雨水」が流れていきにくいという事です。そうなると軒先に「何か」があると考えられます。見ていくと斜壁と瓦棒屋根の取り合い部分はガッチリとコーキングでふさがってしまっているのがわかりました。また、瓦棒屋根の桟端は斜めに形作られています。ほんの数年前に家屋全体の塗装工事を行ったそうです。今回の雨漏りらしき部分はその以前から起きていたそうなので塗装工事が原因ではないと思われますが、その雨漏りらしきが発生している斜壁の塗膜だけが不自然に剥がれてしまっているのも今回のお問合せのきっかけだったそうです。調査からの可能性をお伝えし、正確な原因調査には足場を組んで、塗膜の剥がれてしまっている斜壁を外して原因確定をする事。その後の工事方法としては、斜壁面へのカバー工法、瓦棒屋根部分へのカバー工法をご提案させていただき、ご了承いただきました。

工事(雨漏り部分の確認)

斜壁内部確認

 斜壁カバー、瓦棒屋根カバー工事を前提として、雨漏りらしき斜壁面の解体確認を先行して実施いたしました。斜壁には窯業系のサイディングボードが使用されておりましたが、水分をかなり含んでしまっていたのかかなり脆くなっておりました。塗膜が剥がれて来てしまっていたのもこの湿気が原因でしょう。

瓦棒屋根の唐草 軒先シーリング除去

 埋められてしまっていた斜壁と瓦棒屋根の取り合い部分のコーキングはすべて撤去いたしました。本来の収め方としては瓦棒屋根側の軒先唐草をもっと斜壁側にかぶさるようにすれば良かったと思われました。瓦棒屋根側から入り込んだ雨水が逃げる場所も無くなってしまっていますので、斜壁内部に入ってしまったと考えられます。

斜壁の内部腐食 斜壁内部

 斜壁の胴縁は通気が出来ていなかったこともあり、蒸れてカビが生えておりました。

唐草奥の様子 瓦棒屋根の野地

 瓦棒屋根の野地板を見ると、漏水していた形跡が確認できます。桟端が原因と思われます。

斜壁下地補修 斜壁確認戻し

 原因が確定できたので、雨仕舞を考えた斜壁面カバー工事と瓦棒屋根カバー工事に取り掛かっていきます。

工事(斜壁カバー工事)

スタンビー303

 斜壁面カバー工事に取り掛かります。斜壁面には縦葺き嵌合式屋根材のスタンビー303を使用します。もちろんガルバリウム鋼板製です。

唐草の設置 斜壁用唐草

 軒先の唐草を先に設置いたします。斜壁はL字型になっていてそのすべての軒先に唐草を設置して行きます。

防水紙 屋根材敷設

 斜壁の防水紙は粘着式のタディスセルフを使用していきます。スタンビー303を下地の胴縁にビス止めしていきます。

ケミカル面戸 瓦棒屋根用唐草位置

 スタンビーの水上側(瓦棒屋根と取り合う側)は折り返して雨水が吹き込まないように処理し、さらにケミカル面戸を設置します。

工事(瓦棒屋根カバー)

桟端カット

 瓦棒屋根のカバー工事を行っていきます。おそらく、雨漏りの原因となっていた桟端の部分の処理を行います。もともとの瓦棒屋根は端に向かって斜めにされていました。その斜めになった部分はドブの立ち上がりも当然低くなり、カッパとのわずかな隙間から毛細管現象で雨水を吸い上げていた物と考えられます。きっとこの家の設計士の方はそこまでは考えていなかったのだろうと思います。

桟端処理 防水紙(非粘着)

 桟端の部分のカッパとドブの立ち上がりをカットし、瓦棒屋根に防水紙を敷設します。瓦棒屋根の場合は粘着式ではなく通常のゴムアスルーフィングを使用していきます。

瓦棒カバー開始 瓦棒カバー終了

 瓦棒屋根カバーに使用するのは、ニック金属のカバールーフ455です。斜壁カバーのスタンビーとはメーカーが異なるため色は全く同じにはなりませんが近い色を発注しています。

棟の処理 雨押え処理

 棟周りと壁際雨押えの処理をして工事は終了となります。壁際の雨押えはパラペット状になっている屋上笠木の下側に差し込むようにガルバリウムの板を加工し作成したものを使用していきます。今回の雨漏りの原因となっていたのは瓦棒屋根側ですので、水上も水下も雨仕舞対策は万全です。

完成

ドローン撮影

 足場解体の時に、ドローンで完成の状態を撮影いたしました。竪貼りのサイディングと竪貼りの斜壁、瓦棒屋根と統一感のある素敵なお住まいですね。

斜壁と瓦棒屋根カバー

 瓦棒屋根カバーの唐草は通常は面戸付き唐草という専用品を使用しますが、今回の工事では唐草の下がりの部分を大きくする必要があったので特注で作成しております。斜壁側からの吹き込みはまずありえない仕様となっております。

瓦棒屋根側の唐草の大きさ

 パラペットとの取り合い雨押えもしっかりと笠木の下側まで一体成型していますので安心です。これで斜壁の雨漏りが解消されるでしょう。K様にも安心していただける工事となりました。私たち「街の屋根やさん」では新型コロナウイルス感染防止対策をしっかりと行いながら作業を行わせていただいております。

 

 

 

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

最軽量の屋根が地震時にご家族を守る!雨漏りにも強い立平葺き

最軽量の屋根が地震時にご家族を守る!雨漏りにも強い立平葺き

  耐用年数やメンテナンス性から現在、最も注目されているのが金属屋根です。その中でもシンプルな立平(たてひら)葺きが注目されています。雨漏りするリスクが最も低く抑えられる葺き方と言われており、屋根材の中でも最も軽く、緩勾配の屋根にも葺けるという万能さが評価されているようです。 【動画で確…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      多摩市聖ヶ丘にてスレートから金属屋根のカバー工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

      府中市四谷にてバルコニーのテラスの交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      北区西ヶ原で一昨年の台風で被害を受けた三階のベランダ屋根波板交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区松江で屋根カバー工事、スーパーガルテクトを使用致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区西瑞江でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      葛飾区堀切で台風被害で破損したコロニアル屋根の棟板金を修理交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る