無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟.....

足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 足立区入谷にお住いのH様は昨年の令和元年東日本台風の際にコロニアル屋根の棟板金を飛ばされてしまい、私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせを頂きました。一緒にコロニアル屋根材が落ちていたとのことですごく不安に感じられていたそうです。棟板金は確かにH様の家の物と確認できましたが、落ちていたころにある屋根材は模様も色もH様の家の物とは異なっており屋根に登った調査でも破損部は見られずご安心していただけました。H様は火災保険にご加入だったため保険の復旧工事を申請して直していくことになるのですが、棟板金が飛んだ際に屋根の上を傷付けていったので、保険では棟板金交換と屋根の塗装による復旧を申請し、問題なく認めてもらいましたので、今後の安心のための棟板金すべて交換工事と屋根塗装工事をご契約いただき、工事を実施させていただきました。
 足立区入谷にお住いのH様は昨年の令和元年東日本台風の際にコロニアル屋根の棟板金を飛ばされてしまい、私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせを頂きました。一緒にコロニアル屋根材が落ちていたとのことですごく不安に感じられていたそうです。棟板金は確かにH様の家の物と確認できましたが、落ちていたころにある屋根材は模様も色もH様の家の物とは異なっており屋根に登った調査でも破損部は見られずご安心していただけました。H様は火災保険にご加入だったため保険の復旧工事を申請して直していくことになるのですが、棟板金が飛んだ際に屋根の上を傷付けていったので、保険では棟板金交換と屋根の塗装による復旧を申請し、問題なく認めてもらいましたので、今後の安心のための棟板金すべて交換工事と屋根塗装工事をご契約いただき、工事を実施させていただきました。


担当:渡辺


【工事内容】
棟板金交換 屋根塗装 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製棟板金、日本ペイント パーフェクトベスト
施工期間
仮設工事含め1週間
築年数
25年
平米数
棟9m、屋根70㎡(下屋根含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
8年
【工事内容】
棟板金交換 屋根塗装 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製棟板金、日本ペイント パーフェクトベスト
施工期間
仮設工事含め1週間
築年数
25年
平米数
棟9m、屋根70㎡(下屋根含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
8年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根塗装棟板金交換

点検

飛ばされた棟板金

 足立区入谷のH様は昨年の令和元年東日本台風の際に屋根の棟板金を飛ばされてしまったとのことで、私たち「街の屋根やさん」にご連絡をくださいました。お伺いしてみると棟板金が三枚(一枚約2m)を保管していただいておりました。台風時期によくある事なのですが、この板金が本当にお客様の家から飛んだものなのかはまだ確定できません。というのも屋根を見ていないからです。屋根を見て明らかに破損が見える場合はほぼお客様の家のものと言えますが、まれに違うお宅の物だったりすることがあります。判断基準で参考になるものは「無塗装か塗装済みか」ということがあります。塗装をされている屋根のお客様の場合、まず飛ばされてきた棟板金がご自分の家の屋根と同じ色だったら可能性が高いです。逆に塗装してある屋根なのに全然違う色だったりした場合は可能性は低くなります。

不明なスレート 地上から見た屋根

 屋根材と思われる部材も落ちていたとのことで保管されていらっしゃいました。H様にお話を伺っていくと、今まで塗装はされたことが無い、とのことでした。落ちていた屋根材と思われる破片は比較的キレイなもので塗装を施した形跡がありましたので、おそらくH様邸の物ではないと、とお伝えし屋根調査を進めていくことになりました。

屋根の様子 ポリカが刺さった屋根

 実際に屋根に登らせていただき、調査を行います。まずは棟板金ですが、落ちていたのはH様の家のもので間違いありませんでした。屋根に塗装の形跡はなく落ちていた化粧スレート屋根材はH様邸の物でない事も確定し、H様もひとまずはご安心されたようです。棟板金は切妻形状の屋根の中心部分、親棟がほぼすべて飛ばされてしまっておりました。一部下地の貫板も飛散してしまっておりましたが、こちらは行方不明です。どこへ行ってしまったのでしょうか・・・・。屋根にはどこから飛んできたと思われるカーポートなどに使用されるアクリル板が挟まっておりました。こんなにキレイに挟まるなんて!数多くの屋根を拝見させていただいておりますが初めて見ました。点検の結果から台風による被害は、棟板金の飛散と飛散する際にH様邸の屋根をこすりながら飛んで落ちたようで化粧スレート屋根材の表面にそれほど深くはありませんが傷も複数ついておりました。ご加入の火災保険会社に台風による被災の内容をお伝えいただき、保険金申請書を取り寄せてもらう事になりました。保険の方は、申請した棟板金交換、屋根塗装による傷の保護、工事用の足場が認められました。棟板金は飛散していない部分も今後のために交換する工事と屋根塗装工事を承らせていただきました。

工事

足場仮設

 屋根工事で特に屋根塗装工事も行うので、足場仮設にメッシュシートは必須の条件となります。ご近隣様へのご挨拶を事前に実施し、足場仮設を行いました。

棟解体 既存棟撤去後

 まずは棟板金工事に取り掛かります。飛散せずに残った棟も解体していきます。貫板をすべて外して棟の周囲を清掃します。

貫板合わせ 貫板敷設

 新しい貫板を設置して行きます。既存の貫板があったところが基準にはなりますが、経年で痩せていたりしますので新しくつける棟板金と大きさや位置を合わせていきます。

棟板金のビス止め 棟板金交換

 貫板を屋根に固定し、ガルバリウム鋼板製の棟板金を被せ、棟板金の側面と貫板の側面をステンレス製のビスで固定し棟板金交換工事は終了です。今回飛散していない部分の棟板金も貫板から交換しています。

屋根塗装工事

高圧洗浄機 高圧洗浄

 棟板金交換工事が終わり、屋根塗装工事に入ります。築後、一度も塗装工事は行ったことが無いとのことでしたので、屋根にはコケ類が多く生えているのが写真でもよくわかります。濡れたコケは非常に滑りやすいので安全に最大限注意を払いながら洗浄作業を進めて参ります。

下塗り 中塗り

 洗浄終了後、一日は乾燥の時間を設けます。塗装工事に水分は大敵です。乾燥が不十分な状態で塗装をすると後々の膨れや剥がれなどトラブルのもとになります。今回の屋根塗装工事で称する塗料は日本ペイントのファインパーフェクトベストです。ラジカル制御型塗料と呼ばれる分類で紫外線によって生成される塗装を傷める原因になるラジカルを抑制する塗料です。簡単に言えば「対候性が高い」塗料です。下塗りには日本ペイントのファイン浸透シーラーが標準施工の指定となります。高圧洗浄によって表面の汚れや古い塗膜が洗い流された化粧スレートに気持ち良いほど浸透していきます。下塗り塗料の塗布後、中塗りを実施いたしました。色はH様のお好みでグリーン色です。グリーン系の色でも標準色で4色から選ぶことが出来ますのでお好みに合うグリーンが見つかるでしょう。

 

 中塗り、上塗りと塗りを重ねてキレイに仕上がりました。適切な量を塗る事で不要な塗料の液だれも起きておりません。もちろん化粧スレート屋根の塗装後は木口からの吸い上げによる雨漏りを防止するためのタスペーサーの取付も忘れておりません。

工事終了

大屋根塗装

 鮮やかなグリーンに染まったH様邸の化粧スレート屋根です。想像していた通りの色になったととても満足していただけました。もちろん棟板金も新しくなったことで台風への備えもバッチリになりました。

下屋根塗装

 下屋根も棟板金の予備的交換を実施し、大屋根と同じ色で塗装を行いました。永久ではありませんがかなりの長期にわたって屋根表面の保護をしてくれます。

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。台風後や地震後の…続きを読む
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら  前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。 断熱塗料・遮熱塗料夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      台東区千束で屋根葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る