無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根.....

江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区船堀で天窓からの雨漏りが発生しているとのご相談を承り、現地調査にお伺いさせて頂いた事が始まりです。
 訪問した際、雨漏り対策としての様々な施工法をご説明させて頂きました。先ずは天窓を活かしての工事、それと対局も天窓を撤去しての工事とをご説明し、更にそのどちらかを選択された上で、葺き替えやカバー工法或いは塗装工事と言った方法をご検討頂きました。
 結果、この際天窓は撤去して雨漏りの心配を全面的に解消し、今回は屋根塗装工事を行ってしばらく様子を見たいとの方向で施工方法が決まりました。天窓はどうしても雨漏の発生を来たし易い構築物ですので、その雨漏りを完全に解消するには天窓の撤去はベストな方法と言えます。当然それだけでも足場架設が必要な工事となるので、屋根全体の塗装工事も同時に施工する事も耐久性維持の為には良い選択だと思います。今回はそちらの工事をご紹介致します。
 江戸川区船堀で天窓からの雨漏りが発生しているとのご相談を承り、現地調査にお伺いさせて頂いた事が始まりです。
 訪問した際、雨漏り対策としての様々な施工法をご説明させて頂きました。先ずは天窓を活かしての工事、それと対局も天窓を撤去しての工事とをご説明し、更にそのどちらかを選択された上で、葺き替えやカバー工法或いは塗装工事と言った方法をご検討頂きました。
 結果、この際天窓は撤去して雨漏りの心配を全面的に解消し、今回は屋根塗装工事を行ってしばらく様子を見たいとの方向で施工方法が決まりました。天窓はどうしても雨漏の発生を来たし易い構築物ですので、その雨漏りを完全に解消するには天窓の撤去はベストな方法と言えます。当然それだけでも足場架設が必要な工事となるので、屋根全体の塗装工事も同時に施工する事も耐久性維持の為には良い選択だと思います。今回はそちらの工事をご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
スレート屋根葺き替え工事 屋根塗装 天窓工事
【工事詳細】
使用材料
屋根部分葺き替え ケイミュー コロニアルクァッド   屋根塗装 日本ペイント ファインパーフェクトベスト
施工期間
1週間
築年数
20年
平米数
105㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
E様邸
保証年数
5年
【工事内容】
スレート屋根葺き替え工事 屋根塗装 天窓工事
【工事詳細】
使用材料
屋根部分葺き替え ケイミュー コロニアルクァッド   屋根塗装 日本ペイント ファインパーフェクトベスト
施工期間
1週間
築年数
20年
平米数
105㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
E様邸
保証年数
5年
足場アイコン屋根塗装屋根葺き替え

現地調査

雨漏りの原因となったトップライト

 先ずは現地調査の様子です。こちらの天窓下が雨漏りを来たしております。様々な原因が考えられ、天窓のシーリングの亀裂や水密材の劣化、水切り部分に隙間が生じての雨漏りも考えられます。こちらの天窓についてはガラス面に染みが出ている事が気になりました。結露水による雨漏り等も原因としては考えられる状況でした。

 

雨漏りの発生した天窓 サイドの水切りラインに水染み

 天窓下の部分に雨漏りを来たす事も有るので、特にひどい場所にはタオルを設置して対策を採られております。上部の水切りにはうっすら水染みが生じているのも気になるところです。

屋根全体の様子

コケの発生しているスレート屋根

 屋根全体的にもコケの発生等がに付く状況でした。約10年前に外壁の塗装は施工されたそうですが、屋根はその時メンテナンスはしなかったとの事で、年数的にもこれらの症状が出てしまうのはどちらのお住まいでも見られる症状です。

表面剥離とコケの発生 割れの発生したスレート屋根

 コケ、表面の剥離、割れ等も若干出ておりました。トータル的に屋根全体としてもメンテナンスを掛けた方が良い頃合いと言え、更に一番の問題である天窓絡みの雨漏りの解消と並行して検討される事をお勧め致しました。お客様もその辺りの認識は持たれており、雨漏りについてはより確実に止まる方法を選択したいとの意向で天窓の撤去閉鎖工事、それに伴い天窓設置上部の屋根部分葺き替え工事、全体メンテナンスとしては屋根塗装工事でしばらく様子を見て行きたいとの方向となり施工を進めていく事となりました。

工事のスタート

足場架設からスタート

 工事のスタートは足場架設から始まります。足場材を積んだ車両の到着でいよいよ作業になりますが、ご近隣の皆様にも事前にしっかりとご挨拶をさせて頂き、ご協力を賜りながらこれから工事を進めて参ります。

棟とスレートの撤去

差し棟の撤去 スレートの撤去

 今回の工事は天窓撤去が最初のテーマとなる施工です。天窓を撤去するには天窓の取り付いている部分から上の屋根材を剥がしていく必要があります。要は部分葺き替え工事となる訳です。こちらのお宅はスレート屋根と棟が差し棟と呼ばれるタイプとなり、その差し棟とスレートを撤去していきました。

天窓の状況

天窓の解体準備

 屋根材を剥がした後の天窓になります。防水シートもかなり染みが出ております。特に天窓の下の部分に濃いめの水染みが発生している事が見て取れる状況でした。

防水シートに水染み 天窓下の下地木材の腐食

 そして天窓の撤去作業の際に下地を確認したところ、かなりの腐食が発見出来ました。やはり明らかに天窓に絡む雨漏りの発生でした。今回天窓の撤去を選択され施工する事となりましたので、撤去し封鎖してしまえばこれらの雨漏りは先ず解消されるでしょう。しかし天窓を活かしての補修や交換工事となる場合は、これらの対策をしっかりと講じていかないとまた再び雨漏りの発生を来たす事に成り兼ねないので、特に注意が必要になります。

天窓撤去

天窓の撤去 撤去した天窓部分に下地材を設置

 天窓を撤去しました。この旧天窓部分を封鎖すべく下地材を縁廻りに廻し、大きさもあるので中に垂木を這わせその上に野地板を取り付けてフラットにし、周りとの一体化をさせていきます。

天窓の閉鎖 ブチルテープで防水

 これが野地板の取り付けです。最後に防水性の有るブチルテープで徹底的に水の侵入を防ぐ対策を採って天窓の撤去閉鎖の完了です。この上に防水シートを敷設するとは言え、やはりもともとは開口箇所となるので、念には念を入れての処置となります。

防水シートの敷設

防水紙の敷設

 屋根材を剥がした箇所に新たに防水シートを敷設して参ります。天窓の有った部分がどこか判らないぐらいにフラットになりました。これで新しい屋根材への葺き替え準備が完了致しました。

作業は屋根葺き作業に移ります

コロニアルクァッドで葺き替え 差し棟も新たに設置

 新たな屋根材に葺き替えです。と言いつつ今回は部分的な葺き替え工事ですので、周りとの一体化を図るべくこれまでと同系統の屋根材での施工となります。ケイミュー社製のコロニアルクァッドになり、スレート系の屋根の全面的な葺き替え工事を為さるお客様に使用される事の多い屋根材となります。差し棟の取り付けもしっかり行い完成へと進んで参ります。

屋根の部分葺き替えの完了

天窓撤去に伴う部分葺き替え工事の完了

 これで天窓撤去閉鎖及びそれに伴う部分葺き替え工事の完成となります。やはり新品の屋根材と旧屋根材とでは色は異なるので、この様な見栄えとなります。ここまでで施工が終わるケースも有りますが、今回はこの後の工事として、屋根全体の塗装施工を実施して参ります。ですのでこの色の違いは塗装で当然解消される事となります。

作業は塗装工事へ

屋根の高圧洗浄 徹底的に汚れを落とします

 ここからは塗装の工程へと移ります。塗装工程の第一段階は高圧水による洗浄作業となり、これまで蓄積された汚れやコケを洗い落とすと共に、表面剥離も始まっている状況でしたので、その取れ掛かっている焼き付け塗膜表面の部分も高圧水によって徹底的に剥がしていきます。

高圧洗浄作業終了

高圧洗浄後の屋根

 高圧洗浄が終わるとこの様に屋根が部分的白色化した状況となります。これは剥離しかかっていた表面がほぼ完全に剥がれきった状態と言えます。これでしっかりと下塗り、下地調整から中塗り、上塗りと掛けて行き強い塗装塗膜の形成へと繋がって参ります。

使用塗料はファインパーフェクトベスト

ファインパーフェクトベスト

 こちらが今回使用する塗料の日本ペイント社製のファインパーフェクトベストです。ラジカル制御系塗料と呼ばれ、これまでのシリコングレードよりは耐久性の有る材料となります。色はコーヒーブラウン。どのように仕上がっていくか非常に楽しみです。

塗装工程、下塗り開始

屋根の下塗り

 いよいよ塗りの作業となります。先ずは下塗り。パーフェクトベスト専用の下塗り材でファイン浸透シーラーと呼ばれる塗料です。色は無く透明で、塗布していくとこのように濡れた感じとなっていきます。

下地調整も同時進行

タスペーサーの挿入 屋根ひび割れの補修

 それと同時に下塗り後、タスペーサーの挿入やひび割れ補修を行って参ります。私たち街の屋根やさんでは、屋根工事の専門としてスレート系屋根の塗装工事を行う場合このタスペーサーを必ず取り付けております。主旨はスレートとスレートの重なり部分を塗料で埋めてしまうと水の出口が無くなり、屋根材の下場に水が溜まって返って雨漏りを来たす事に成り兼ねないのです。ですのでこう言った手間をしっかり掛けて、少しでも長く耐久性が維持できる様、拘りを持って施工しております。

中塗り、上塗りでパーフェクトベストの塗布

屋根の中塗りを実施 上塗りで艶が増します

 下塗り、下地調整が終わると主剤であるファインパーフェクトベストの登場です。中塗りを実施し更にその上にもう一度塗りを掛ける、これが所謂上塗りです。右の写真の様に上塗りを掛けると色と艶感が増して仕上がりも、より良くなっていくのです。

塗装工事の完了

屋根塗装の完了

 上塗りが完了すると塗装工事の完成です。コーヒーブラウンが色鮮やかに仕上がりました。暑さの中、屋根職人、塗装職人とも非常によく頑張ってくれたのでしっかりとした完成形になりました。

閉鎖した天窓の内装も施工

天窓を閉鎖した天井

 外装工事は終わりましたが、ラストに内装工事を行って工事の完了となります。天窓を塞いだ内側の天井はこの様な形となっています。このままという訳には行きませんので、新たな天井材を取り付け周りと一体化させていく内装工事となります。

内装工事の開始

内装工事の養生 腐食した天井

 端材も落下するので養生をきちんと行い内装工事の開始です。今回は天窓下部の部分を塞ぐだけでなく、雨漏りによって腐食の形跡が見られる周囲の天井部分も一部交換を行って施工していきます。このようにクロスを剥がすと腐食部分が明確に判ります。

天窓下の閉鎖と周囲の腐食部の撤去

腐食部の撤去 天窓下の閉鎖

 腐食した天井材を撤去、新たな天井材に交換すると共に、天窓下にも新しい天井材を入れて行きました。こちらも屋根同様完全にフラットにして極力違和感の無い様仕上げて参ります。

内装クロスと廻り縁を設置して仕上げ

クロス貼り準備 クロス貼りで仕上げ

 最後にクロスを貼って作業終了となります。周りとの色、柄をしっかりと合わせクロスを選んでいきました。天井と側壁との取り合いになる部分にも廻り縁を入れて、こちらも極力違和感を感じない様設置していきます。

内装工事の完成

周囲と一体になった内装クロス

 クロスも貼り終われば内装工事の完成です。これで本当の意味で工事完了となります。足場職人、屋根職人、塗装職人、内装職人、皆さんの力を合わせて一つの工事が完成に至りました。

全ての工事の完了

太陽光線で艶が増した屋根

 再び屋根の工事の完成形に戻ります。コーヒーブラウンも良い感じで、太陽光線を浴びて色鮮やかに屋根がキラキラ輝いて見えますね!

塗装の完了

 スレートの屋根材は勿論ですが、棟の部分や谷部分も当然塗装して有ります。タスペーサーがきちんと挿入されているのも見えます。これでしばらくこの塗装塗膜が雨や紫外線から屋根を守ってくれるでしょう。

天窓撤去をして塗装施工

 天窓も撤去致しましたので、雨漏りの心配は無い筈です。実際天窓の閉鎖を行った後、何度か雨が降りましたが雨漏りは一切なかったとの事でした。これで一安心です。私たち街の屋根やんさんでは、お客様のお悩み解決の為、お客様の意向に沿って最良の工事方法をご提案させて頂き、施工に取り組んでおります。未だ新型コロナウィルスの影響も心配される状況も続いておりますので、コロナ対策も継続しながら運営しております。皆様も是非お気軽にご相談下さい。

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

古くなった天窓のお困り事・お悩み事、全て解決致します!

古くなった天窓のお困り事・お悩み事、全て解決致します!

※窓枠のコーキング充填や水切りの交換、天窓周辺の清掃といったメンテナンスの価格となります。 「空からの光が入ってきてとっても開放的!!」新築時にそんなメリットを感じた天窓(トップライト)も築年数が経ってしまった今ではお住まいのお荷物のように感じていらっしゃる方はいませんか?-星空を眺めたいけど曇って…続きを読む
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら  前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。 断熱塗料・遮熱塗料夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      相模原市東橋本で塗膜の劣化したトタン屋根を遮熱塗料による屋根塗装工事でメンテナンス

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根塗装、遮熱塗料

      三鷹市井之頭で劣化が気になってきた厚型スレートを遮熱塗料サーモアイで屋根塗装

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根塗装、遮熱塗料

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る