無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区梅田で瓦屋根のお住まいをガルバリウム鋼板、スーパーガル.....

足立区梅田で瓦屋根のお住まいをガルバリウム鋼板、スーパーガルテクトに葺き替え工事を行いました

【施工前】
50年の瓦屋根

【施工後】
スーパーガルテクトの葺き替え完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 足立区梅田で、昨年の令和元年東日本台風によるご被害で瓦屋根がズレてしまい落下の危険が有るので修繕を検討したいとのご相談をお受けし、早速屋根の点検調査にお伺い致しました。
 屋根に上がると確かに切妻形状のケラバ、所謂袖瓦の部分にズレが生じており、浮きが発生し隙間が出来てしまっている状況でした。そこで施主様も強風によるご被害と言う事で火災保険をご使用の上で、修繕工事を行いとの意向で、それと共に予算的に可能であれば折角の機会となるので、全体的な交換工事を行い、屋根については安心できる状況に出来ればありがたいとのお話を承り、先ずは保険申請を行う事となりました。
 その後火災保険で足場架設を含めた今回のご被害分の承認が下り、それに自費でのご負担分を加えて、無事ガルバリウム鋼板による屋根の葺き替え工事を施工するに至りました。
 足立区梅田で、昨年の令和元年東日本台風によるご被害で瓦屋根がズレてしまい落下の危険が有るので修繕を検討したいとのご相談をお受けし、早速屋根の点検調査にお伺い致しました。
 屋根に上がると確かに切妻形状のケラバ、所謂袖瓦の部分にズレが生じており、浮きが発生し隙間が出来てしまっている状況でした。そこで施主様も強風によるご被害と言う事で火災保険をご使用の上で、修繕工事を行いとの意向で、それと共に予算的に可能であれば折角の機会となるので、全体的な交換工事を行い、屋根については安心できる状況に出来ればありがたいとのお話を承り、先ずは保険申請を行う事となりました。
 その後火災保険で足場架設を含めた今回のご被害分の承認が下り、それに自費でのご負担分を加えて、無事ガルバリウム鋼板による屋根の葺き替え工事を施工するに至りました。


担当:藤崎


【工事内容】
瓦屋根葺き替え ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
10日
築年数
50年
平米数
46㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
M様邸
保証年数
10年
【工事内容】
瓦屋根葺き替え ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
10日
築年数
50年
平米数
46㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
M様邸
保証年数
10年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え

点検の状況

袖瓦の浮き 瓦が浮いて隙間が発生

 今回台風のご被害で一番顕著に症状が出ていた部分はこのケラバの部分になります。瓦屋根でいうところの袖瓦と呼ばれる端側の瓦になります。御覧の通り、ケラバがずれてしまい浮いてしまっている状況でした。

 上から下まで所々に多かれ少なかれ発生しており、その台風の当日は階下に若干雨漏りが生じてしまったとのお話でもありました。

過去にも袖瓦がズレて交換した形跡 漆喰はしっかりしています

 更に過去同様の状況が発生したことも有った模様で、その際新しい瓦に替えた様でしたが、若干サイズの相違も有り、隣接する既存の瓦そのものとズレている箇所が有り、今回瓦を調整してもやはりキチッとは収まらない事になるので、理想としては全体的な屋根葺き替え工事が好ましい状況と言えました。

 但し漆喰については変色は生じておりますが、未だしっかりしている様には見受けられます。しかし全体としては劣化が進んでいる状況で有る事には変わらず、施主様もそのあたりは懸念をもたれておりました。

瓦屋根に補修した形跡

 やはり部分的な施工になってまた同様な事案が発生しても手間が掛かってしまうので、出来る事であれば全体のメンテナンスが理想であるとの意向を承りました。

 今回明らかに台風によるご被害は出ております。その部分については火災保険の申請を行います。屋根作業ですから足場は必須です。それとご被害の修繕工事について申請を行い、その承認を経て自費での追加分も加えて全体のメンテナンスの方向で検討される事となった訳です。

屋根葺き替え工事の施工となります

足場を設置し葺き替え工事の準備

 屋根工事の施工となります。葺き替え工事の施工にあたり当然、高所作業であると共に廃材の飛散も考えられますので足場架設を行います。このように屋根をグルッと足場で取り囲み、しっかりとメッシュシートも張って安全対策とご近隣対策を万全に工事準備を行って参ります。

新規の野地板と防水紙、屋根材はスーパーガルテクトです

野地板の準備 アスファルトルーフィングも準備

 材料の準備も抜かりなく行います。瓦屋根を剥がして参りますが、その下の状況は年数による劣化がかなり進行しています。瓦屋根における葺き替え工事は、瓦を剥がした後に、既存の下地の上にこの新しい野地板を設置して参ります。更にその上に防水紙、このアスファルトルーフィングを敷設し下地強化を図って参ります。

スーパーガルテクトと樹脂製貫板

 防水紙の上に葺いていく屋根材はアイジー工業社製のスーパーガルテクトになります。これが今回の工事の主役です!裏返しになっていますが、アルミ製材になっていると共にその横面から見ると断熱材が入っているのが判ります。やはりこの断熱機能が有るか否かでお部屋内における快適性はかなり違うものとなります。それと併せて消音効果にもなり、雨音の軽減などにも効果をもたらします。

 私たち街の屋根やさんでは、ガルバリウム鋼板による葺き替え工事をご希望されるお客様には、このスーパーガルテクトをご提案させて頂く事が多く、今回もこの屋根材のご提案をさせて頂き、スーパーガルテクトでの葺き替え工事となりました。更に貫板に使用するのは木材では無く、写真のプラスティック樹脂製の物を使用致します。これで耐久力の向上にも大いに役立ってくれることでしょう。

屋根瓦を降ろしていきます

瓦を剥がしていきます 瓦降ろし半分まで来ました

 いよいよ瓦降ろしのスタートです。端から順番に瓦を外していきます。瓦を剥がすとトントン葺きと呼ばれる杉皮と長年の劣化によってお傷みが生じている様子も顕になっていきます。半分も剥がしていくと作業も折り返し点です。

瓦降ろしも終わりです

 全て剥がしていくと全体の状況が見えてきました。所によってはかなり野地板が弱体化してしまっている場所も有りました。

 瓦を全て降ろした後は廃材を取れるだけ取り切って、用意した新たな野地板の設置に移ります。

野地板、防水シートを敷設していきます

野地板の設置です

 清掃した後は野地板の設置となります。この通り全面に新しい野地板を敷き詰め、屋根の下地強化を図って参ります。

防水シートの設置です

 更に野地板を設置した上にこの防水シートを敷設していきます。アスファルトルーフィングとも呼ばれ、これがこれまでの杉皮による防水の変わりに屋根の内側を雨からしっかりと守る最後の砦となっていきます。この防水を貼る所までが屋根作業初日の最後の工程となります。ここまでくれば例え雨が降ったとしてもこの防水紙が防いでくれるのです。

 明日はいよいよガルテクトによる屋根葺き作業に入ります。

唐草板金、ケラバ板金の取り付け

防水紙の次は役物の設置です 唐草板金の取り付け

 日も変わり、今日から板金の取り付けになって参ります。先ずは屋根の縁廻りの役物と呼ばれる板金の設置です。軒先に付ける役物を唐草板金と呼びます。屋根の取り付けはこの唐草取り付けからスタートしていきます。

ケラバ板金の取り付け ケラバを取り付けました

 続いて今度は屋根の側面、所謂ケラバ板金の取り付けになります。今回この部分を中心にご被害が出た場所です。しかし今回このケラバ板金を取り付けますのでこのように破風板の部分にしっかりと取り付けられるので、落下によるご被害はもう心配しなくても大丈夫になるでしょう。

ガルテクトを葺いていきます

ガルテクト葺き開始 下から上へ順番に葺いていきます

 廻り縁の役物を取り付けて主役のガルテクト葺きになります。下から順に葺いていきます。これを1枚1枚しっかりと取り付けてこれまでの瓦屋根からガルバリウム鋼板による新たな屋根を構築していきます。

ガルテクト葺き完了です

 最終的に下から屋根を葺いていくとこの様な形となります。全ての面の屋根を葺き終わると最後は棟板金の取り付けで完成です。

 長きに渡ってお住まいを守ってくれた瓦に代わって、新たにお住まいの守りの要となる屋根材です。その気持ちをしっかり込めて丁寧に葺いていきました。ここまで来れば後はその仕上げ作業に移っていきます。

最後に棟を構築し完成です

棟板金を収めて完成です

 今回の現場は切妻と呼ばれる形状の屋根で、棟は一番てっぺんの一直線の棟となります。最初にご紹介した樹脂製の貫板を設置し棟板金を被せて参ります。

 更にこの様に端側の折り込みと重ねの処置を行って棟板金の取り付けが完了となります。

棟もしっかり収まり完成です

 棟板金もしっかり一直線に収まりました!これで今回の屋根の葺き替え工事も無事終了となります!

夕映えにガルテクトが映えています

夕映えに映えるガルテクト

 気付くと夕方になっていました。新たに葺いたこのスーパーガルテクトが夕映えに反射してキラキラと輝いております。非常に綺麗にに仕上がりました!

 綺麗である事もさることながら、このガルバリウム鋼板の素材であるスーパーガルテクトは、耐久力も非常に優れているのです。20年から30年の耐久力を誇り、これまでの日本瓦の屋根とは比べ物にならないくらいの軽量化が達成できております。

スーパーガルテクトによる屋根葺き替え工事の完成です!

ガルテクト葺き替え完成です

 ですのでメンテナンスの手間と言う点でも、かなりお住まいにとっても軽減され効率的になるはずです。それと共に、これからのお住まいの守りの要として大いに活躍してくれるものと我々も自負しております。

 昨今日本瓦からの屋根の葺き替え工事のご要望が非常に増えてきております。もし皆様でもこのような葺き替え工事を検討されている方がいらっしゃれば、このスーパーガルテクトを検討の一つとされる事をお勧め致します。是非ご参考にされて下さい。

台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区花畑で玄関庇から雨漏り、ゼロ勾配が原因だったので屋根を作り変えました

      【施工内容】

      屋根補修工事、金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      葛飾区東金町で台風で被害を受けたコロニアル屋根にスーパーガルテクトで屋根カバー工事を実施、結露対策に換気棟も新設しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板、換気棟

      江戸川区上篠崎で台風で割れてしまったコロニアルをアイジー工業のスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事で改修

      【施工内容】

      屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      墨田区押上にて棟板金交換工事と日本ペイントのサーモアイ4Fを使用した屋根塗装工事を実施

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装

      葛飾区水元にて台風で飛来した屋根材で破損したコロニアル屋根を部分葺き替えして既存屋根に近い色で塗装しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根葺き替え工事、棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      葛飾区東金町で台風により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板には耐久性に優れた樹脂製のタフモックを使用

      【施工内容】

      スレート屋根補修工事、棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      質問してね!