無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 大田区久が原で台風の強風で飛ばされた急勾配屋根の棟板金と一緒.....

大田区久が原で台風の強風で飛ばされた急勾配屋根の棟板金と一緒に歪んだ雨樋を交換

【施工前】
台風で飛ばされた急勾配の棟板金

【施工後】
交換工事が完成しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


大田区久が原で台風の強風による被害を受けた屋根の工事をおこないました。強風によって棟板金が飛ばされたのですが、屋根は急勾配になっていて調査で屋根に上ることが出来ません。屋根には上れないのですが、急勾配の為に下から見ても被害の状況を確認出来ました。棟板金の下地の貫板が腐食していて釘が効いていなかった事が原因の様です。飛ばされてしまった棟板金は部分的ですが、貫板は全体的に腐食していますので、繋がった部分は全て交換する事になりました。片面が壁面の様に見えるほど急勾配なので、横に足場を架けて交換工事をおこないました。軒先に吊ってある雨樋も台風の強風でズレてしまい歪みが出ていましたので、新しい雨樋へ交換工事をおこないました。棟板金も雨樋も台風の強風によって被害を受けていますので、建物に掛けてある火災保険を使用して今回の工事をおこないました。風・雪・雹(ひょう)などの自然災害によって建物が被害を受けた場合、元に戻す為に掛かる費用を保険会社が負担してくれますので、自己負担なく直す事も可能です。
大田区久が原で台風の強風による被害を受けた屋根の工事をおこないました。強風によって棟板金が飛ばされたのですが、屋根は急勾配になっていて調査で屋根に上ることが出来ません。屋根には上れないのですが、急勾配の為に下から見ても被害の状況を確認出来ました。棟板金の下地の貫板が腐食していて釘が効いていなかった事が原因の様です。飛ばされてしまった棟板金は部分的ですが、貫板は全体的に腐食していますので、繋がった部分は全て交換する事になりました。片面が壁面の様に見えるほど急勾配なので、横に足場を架けて交換工事をおこないました。軒先に吊ってある雨樋も台風の強風でズレてしまい歪みが出ていましたので、新しい雨樋へ交換工事をおこないました。棟板金も雨樋も台風の強風によって被害を受けていますので、建物に掛けてある火災保険を使用して今回の工事をおこないました。風・雪・雹(ひょう)などの自然災害によって建物が被害を受けた場合、元に戻す為に掛かる費用を保険会社が負担してくれますので、自己負担なく直す事も可能です。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製棟板金、シグマ90
施工期間
4日間
築年数
25年
平米数
6m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

台風被害の現地調査

飛ばされた棟板金

台風の被害を受けた建物です。強風によって屋根の棟板金が飛ばされてしまった様です。普段屋根の上を見る事はそれほど無いと思いますが、台風が通過した後に敷地内に板金が落ちていたので心配で見てみると、剥がれているのが分かったそうです。

飛ばされた棟板金が落ちています 雨樋も外れそうになっています

剥がれ落ちた棟板金は曲がったり裂けたりしているので再利用は出来ません。長さが2mほどの金属の板で、飛ばされてどこかにぶつかったりする可能性もありましたので、敷地内に落ちていたのは不幸中の幸いだったと言えるかもしれません。

棟板金は屋根に取り付けてあり、高所での作業になりますので足場を架ける必要があります。今回の台風による被害は火災保険の風災が適用になりますので、元の状態に直すためにかかる費用を保険会社が負担してくれます。足場工事も火災保険の対象になりますので、他に直すところが有れば一緒に直していきます。

他に被害を受けていないか見てみると、台風の強風で雨樋がズレてしまい歪みも出ていましたので、棟板金交換と一緒に雨樋交換もおこなう事にしました。

下地の貫板を新しく交換します

雨水は回り込んでいない様です 貫板を新しく交換します

棟板金の交換は、板金自体を交換するというよりも腐食した下地の貫板を交換する事が重要になります。今回棟板金が飛ばされたのは台風の強風で煽られたからですが、下地の貫板が腐食している事で棟板金を固定する釘が効いておらず、抜けたり浮いたりしていた事も原因として挙げられます。新しい貫板に交換する為に傷んだ貫板を撤去していきます。

下地の貫板が腐食していて飛ばされています 棟板金工事完成

新しい貫板は防腐剤を沁み込ませた物を使用します。腐食しにくい貫板ですので今までの様にはなり難くなりました。貫板の上にガルバリウム鋼板製の新しい棟板金を被せて固定します。

棟板金交換工事が完成しました

古い棟板金は釘で固定されていましたので緩んだり抜けたりしてしまいましたが、新しい棟板金の固定にはビス(ネジ)を使いますので、抜け難くしっかりと固定できるようになります。

今までの状態よりも風の影響を受けにくくなりましたので、これで一安心です。

歪んだ雨樋も一緒に交換します

古い雨樋を撤去して新しく交換します 歪んでしまった雨樋も交換します

今回の台風の強風では、棟板金のほかに雨樋も被害を受けています。雨樋は強風によってズレたり歪んだりしてしまったので、足場を架けて交換工事をおこないました。

元々の屋根が急勾配なので雨水が勢いよく流れてきます。流れてきた雨水をしっかりと受けられる様に、少し高めの位置で雨水が飛び越えない様に取り付けていきます。

今回棟板金交換工事雨樋交換工事をおこなった建物では台風の強風によって被害を受けていますので、建物に掛けられている火災保険を使って直す事が出来ました。風・雪・雹(ひょう)などの自然災害によって被害を受けた場合、元に戻す為の費用を保険会社が負担しますので、ご加入の保険内容によっては自己負担なく直す事が可能です。

火災保険を有効に活用できて雨漏りの心配もなくなったとお客様に安心していただけました。

街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区東金町で台風により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板には耐久性に優れた樹脂製のタフモックを使用

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、スレート屋根補修工事、棟板金交換

      目黒区下目黒にて台風の強風で飛ばされた片流れの屋根の棟板金を火災保険で直します

      【施工内容】

      棟板金交換

      墨田区東向島にて台風19号により棟板金が落下、屋根の全ての棟板金の交換工事を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区野毛にて雨漏りの原因だったドーマーを解体、屋根葺き替えで雨漏り解消

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      大田区下丸子にて台風の強風で割れたバルコニーの波板を火災保険でポリカーボネート製に張り替えました

      【施工内容】

      屋根補修工事

      世田谷区尾山台にて台風の強風で捲れたアパートの屋根をガルバリウム鋼板で葺き替えました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      令和元年台風15号・19号で被災され、
      現在、屋根工事をお待ちいただいている方へ

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る