無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区尾山台にて台風の強風で捲れたアパートの屋根をガルバリ.....

世田谷区尾山台にて台風の強風で捲れたアパートの屋根をガルバリウム鋼板で葺き替えました

【施工前】
台風被害を受けた瓦棒葺き屋根

【施工後】
葺き替え工事が完成しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


世田谷区尾山台でアパート屋根の葺き替え工事をおこないました。昨年の台風24号でも被害を受けて部分的に直したのですが、今年の台風15号の強風によって屋根の半面がめくれあがってしまいました。下地剥き出しになっていて大量雨水が室内へ入っている状態でした。下地が腐食してしまたので釘が全く聞いておらず、風に煽られて捲れてしまった様です。軒先から棟までが一枚の板金で作られている瓦棒葺き屋根のため、軒先が台風の強風で持ち上がってしまうと、周りを巻き込んで一気に棟まで捲れてしまいます。下は板張りの野地板になっていて隙間の下は室内の天井が見えている状態ですので、トタンが捲れてしまうと下地が剥き出しで降った雨がそのまま天井裏へ入り込み、大量の雨漏りに繋がっていました。捲れたトタンを元の状態に戻してから工事までの間に雨漏りしない様にブルーシートで養生しました。元々の屋根は塗装してあるトタンの瓦棒葺きでしたが、新しく葺くのは耐久性の高いガルバリウム鋼板です。同じように瓦棒葺きにしますが、サビに強く耐久性が高いので下地への影響も少なくて済みます。葺き替え工事で雨漏りが完全に止まりましたのでお客様にも大変喜んでいただけました。
世田谷区尾山台でアパート屋根の葺き替え工事をおこないました。昨年の台風24号でも被害を受けて部分的に直したのですが、今年の台風15号の強風によって屋根の半面がめくれあがってしまいました。下地剥き出しになっていて大量雨水が室内へ入っている状態でした。下地が腐食してしまたので釘が全く聞いておらず、風に煽られて捲れてしまった様です。軒先から棟までが一枚の板金で作られている瓦棒葺き屋根のため、軒先が台風の強風で持ち上がってしまうと、周りを巻き込んで一気に棟まで捲れてしまいます。下は板張りの野地板になっていて隙間の下は室内の天井が見えている状態ですので、トタンが捲れてしまうと下地が剥き出しで降った雨がそのまま天井裏へ入り込み、大量の雨漏りに繋がっていました。捲れたトタンを元の状態に戻してから工事までの間に雨漏りしない様にブルーシートで養生しました。元々の屋根は塗装してあるトタンの瓦棒葺きでしたが、新しく葺くのは耐久性の高いガルバリウム鋼板です。同じように瓦棒葺きにしますが、サビに強く耐久性が高いので下地への影響も少なくて済みます。葺き替え工事で雨漏りが完全に止まりましたのでお客様にも大変喜んでいただけました。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
7日間
築年数
25年
平米数
100㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコンアパートアイコン屋根葺き替え

台風被害の状況を確認します

下地が剥き出しで雨漏りしています めくれ上がったトタン葺き屋根

9月に上陸した台風15号の強風によってアパートの屋根が被害を受けました。世田谷区付近は北風が強く吹いていたのですが、北面の屋根が殆ど捲れてしまいました。昨年の台風24号の時には一部屋根の一部が剥がれてしまったので部分的に葺き替え工事で直したのですが、今年に入り北側に建っていた建物が解体されて更地になってしまったので、台風15号の北風がまともに建物に吹いてしまった様です。

折れ曲がって捲れたトタンをある程度元の状態に戻します とりあえず下地が剥き出しな状態を回避します

トタンの瓦棒葺き屋根は、軒先から棟までが一枚の板金で出来ていますので、軒先が捲れてしまうと棟まで一気に剥がれてしまう事になります。下地が剥き出しになっていると雨が降るたびに大量の雨漏りに繋がりますので、工事までの間養生しておきます。捲れた瓦棒葺き屋根をある程度の位置まで戻していきます。

捲れた部分にブルーシートをかぶせて雨水の浸入を防ぎます 工事までの間に雨漏りしない様にブルーシートで養生します

厚手のブルーシートをかけて養生完了です。早く屋根を直さなければ雨漏りが止まらず、入居者の方も安心してお住まいになれませんので、屋根を葺き替え工事で新しくすることになりました。

葺き替え工事を開始します

ブルーシートの養生で工事までの間雨漏りしませんでした 捲れたトタンを戻して養生していました

捲れたトタンを戻してブルーシートを掛けていましたので、工事開始までの間は雨漏りしなくて済みました。一度折れ曲がったトタンは使用できませんので、全て剥がして新しい屋根材で葺き替え工事をおこないます。

傷んだ下地も一緒に直します 古い防水紙はボロボロです

古いトタンを剥がすと下に葺いてある防水紙が見えます。一部新し目の防水紙(ルーフィング)が葺いてありましたので、以前にこの部分だけ直したことがあるようです。ルーフィングは経年劣化によってボロボロになっていましたので、これでは雨水が回り込んだ時に雨漏りしてしまいます。

野地板には杉板が張ってあります

屋根の下地になる野地板には杉板を並べたものが使用されていました。古い建物の野地板に良く使われていた材料です。このままの状態ですと新しい屋根の下地としては弱いので、厚さが12ミリの合板(コンパネ)を張って下地を補強します。

下地から新しくしてガルバリウム鋼板の屋根を葺きます

新しいルーフィングで雨水を防ぎます ルーフィングを葺いた後は垂木の位置に瓦棒を固定します

野地板の上には防水紙(ルーフィング)を葺きます。屋根材だけで防ぐ事が出来なかった雨水を、防水紙(ルーフィング)は葺いてあると雨漏りすることなく軒先まで流す事が出来ます。柱や梁などの構造材ではなく、垂木という羽柄材の上に瓦棒を打って固定していきます。

瓦棒の間にガルバリウム鋼板の屋根材をはめ込んでいきます 今までと同じ瓦棒葺き屋根ですが板金の材質が違います

瓦棒と瓦棒の間に折り曲げた屋根材をはめていきます。この葺き方を『瓦棒葺き』といいます。元々葺いてあり今回の台風で飛ばされてしまった屋根材はトタンが使われていました。塗装をおこなった跡もあり、定期的にメンテナンスをおこなわないとサビが広がって穴が開いてしまう事もあります。今回使用したのはガルバリウム鋼板で、トタンと同じメッキ鋼板ですが、耐久性が非常に高いので現在建築材料として使われている板金のほとんどはこのガルバリウム鋼板です。

台風で被害を受けた屋根の葺き替え工事が完成しました

葺き替え工事が完成しました

葺き替え工事が完成しました。台風15号の強風によって捲れてボロボロになっていたトタン葺き屋根が、下地を直してガルバリウム鋼板の瓦棒葺きで納めた事で、工事後の雨漏りの心配が無くなりました。台風による被害ですので、火災保険の風災が適用になる被害です。工事とあわせて保険申請のお手伝いもさせていただいて、無事に保険が下りる事になりました。今回被害を受けた建物はアパートで入居者のかたもお住まいですので、早く屋根を直す事が出来て安心出来るとお客様に大変喜んでいただけました。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      町田市金井にて台風で棟板金が飛散した屋根をスーパーガルテクトで葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      豊島区長崎にて台風で飛散した急斜面のコロニアル屋根の一部を葺き替えて部分補修

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

      世田谷区野毛にて雨漏りの原因だったドーマーを解体、屋根葺き替えで雨漏り解消

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      大田区西六郷にて台風19号の強風で飛ばされた棟板金を火災保険の風災を適用して直します

      【施工内容】

      棟板金交換

      大田区久が原で台風の強風で飛ばされた急勾配屋根の棟板金と一緒に歪んだ雨樋を交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      目黒区下目黒にて台風の強風で飛ばされた片流れの屋根の棟板金を火災保険で直します

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      令和元年台風15号・19号で被災され、
      現在、屋根工事をお待ちいただいている方へ

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る