無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 多摩市桜ケ丘で表面が劣化したニチハのパミールをスーパーガルテ.....

多摩市桜ケ丘で表面が劣化したニチハのパミールをスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工前】
ボロボロになったパミール葺き屋根

【施工後】
スーパーガルテクトで屋根カバーしました

【お問い合わせのきっかけ】
多摩市桜ケ丘で屋根カバー工事をおこないました。お問合せのきっかけは、5月に雹が降った後に屋根から屋根材の欠片が落ちてきた、というものでした。地域によって2cm程の大粒の雹が降り、屋根材に穴を開けていたところもありましたので、実際に屋根に上って傷みの状況を確認しました。スレート葺きの屋根は確かに雹によって表面にへこみが出たり破損させていました。屋根に葺かれたスレートは、ニチハのパミールです。ノンアスベストのスレート材で、製品に問題が有り剥離や割れが出る屋根材です。元々劣化していたところに雹による被害が出てしまったのですが、火災保険の雹災を適用して直す事になりました。下地に問題が有りませんので、おこなう工事は上から屋根材を被せる屋根カバー工事です。新しい屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトです。耐久性の高いガルバリウム鋼板製の屋根材で、製品自体にメーカーの保証が付く屋根材です。軽くて耐久性が高いので屋根カバー工事に最適な材料です。防水紙も新しくしていますので、雨漏りの心配も無くなり安心出来る屋根になりました。

【工事内容】
屋根カバー工事
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
7日間
築年数
13年
平米数
75㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
N様邸
ハウスメーカーその他
東栄住宅
保証年数
10年
足場アイコン火災保険アイコン雹災害

雹の被害を受けた屋根の状態を確認します

ニチハのパミールはボロボロになっています スレート屋根の状態

スレート葺き屋根には、ニチハのパミールが使用されていました。ノンアスベストのスレートで、製品に問題が有る為に剥離や割れが出てしまう屋根材です。ミルフィーユの様に何層にも剥離すると、雨水を吸い込んで更にボロボロになってしまいます。

雹による被害でスレートが削れます 大粒の雹によって穴が空いていました

製品の問題により屋根全体が大分劣化していましたが、確かに雹の被害を受けています。ペン先で刺したところが、大粒の雹が当たってエグレた部分です。剥離が出ていないところも画像の様な雹による被害が出ていましたので、火災保険の雹災を適用して直す事が出来ます。今回も工事費の一部を火災保険で対応して、屋根カバー工事をおこなう事になりました。

金属屋根で屋根カバー工事します

低粘着タイプのタディスセルフ タッカーを使用しないタディスセルフ

屋根カバー工事とは、既存の屋根をそのままにして上から新しい屋根材を被せる工事の事をいいます。今回はパミールの上に金属屋根を被せるのですが、出っ張った棟板金や雪止めを撤去する事から始めます。屋根が平らになったら新しい防水(ルーフィング)を屋根全面に葺いていきます。防水紙は大型のホッチキスで固定するのですが、屋根カバー工事の場合は既存のスレートに固定させる事になる為に刃が刺さらない事があります。今回使用したのは低粘着タイプのタディスセルフです。張り付けて固定するのでカバー工事には最適な防水紙(ルーフィング)です。

新しい屋根はアイジー工業のスーパーガルテクト

屋根材はスーパーガルテクト

屋根カバー工事に使用する屋根材は、アイジー工業のスーパーガルテクトです。軽くて耐久性が高い屋根材で、断熱性のも期待できます。屋根材自体にメーカーが保障を付けますので、工事後もメンテナンスの必要が殆ど必要ありません。

軒先からスーパーガルテクトを葺いていきます 元々のスレートの下地へビスで固定します

防水紙(ルーフィング)を屋根全面に葺いた後は、軒先からスーパーガルテクトを葺いていきます。固定にはビスを使用して、元々のスレートの下地に向かって固定します。軒先から一列葺いたら、下の段に引っ掛けて上の段を葺いていく事を繰り返します。

雪止めも屋根と一緒に取り付けます

横葺き専用の雪止め 折れ曲った部分がスーパーガルテクトに嵌ります

雪止めも屋根を葺く時に一緒に固定します。見た目はスレートに使用されるのと同じですが、真ん中が折れ曲がっているのが分かりますでしょうか。この曲がりにに屋根材がぴったりと嵌り固定していきます。

段差にピッタリ嵌り屋根に固定します

折れ曲った部分をスーパーガルテクトに差し込んでビスで固定します。上の段を葺く時に一緒に挟み込まれるので、ガッチリと固定されます。元々のスレート屋根よりも金属屋根の方が表面が滑りやすくなりますので、忘れずに取り付ける必要があります。

谷や棟などの役物部分を納めていきます

谷が絡む部分も板金で納めていきます

屋根は形状によって谷が出来ます。谷は雨水が集まりますので、ここから雨水が下地に回らに様に納める必要があります。水返しが付いている専用の谷板金を固定してから回りの屋根を被せていきます。

軒先とケラバの板金も屋根と一体になる様に加工します 水切りに屋根材が嵌り一体化します

屋根の側面、ケラバと軒先の役物がぶつかる部分も、切り欠きを入れて役物が一体化する様に加工します。ここに軒先の屋根材が嵌る事で、屋根と役物も一体になり強固になります。

屋根カバー工事が完成しました

屋根カバーが完成しました 棟板金を設置して屋根工事が完成です

棟板金や谷部分の見切りを取り付けて、屋根カバー工事が完成です。ボロボロになっていたパミールが、下地の防水紙も新しくなり耐久性の高いスーパーガルテクトで綺麗に納まりました。

屋根カバー工事が無事に完成しました

スーパーガルテクトは、メーカーで塗膜15年、赤さび20年、穴あき25年の製品保証が付く屋根材です。この期間に不具合が出た場合はメーカーが保証をしてくれます。製品保証とは別に弊社で施工保証をお付けしますので、工事後も安心してお住まいになる事が出来ます。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根を目指してスーパーガルテクトフッ素を使用した屋根カバー工事を一部火災保険を使用して行いました

      【施工内容】

      屋根補修工事、屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

      西東京市中町でヒビ割れが酷いスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工事

      板橋区弥生町にてセキスイかわらUを使用した屋根を屋根カバー工事でカバールーフ455にリフォーム!

      【施工内容】

      屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      多摩市と近隣地区の施工事例のご紹介

      稲城市矢野口で平屋のセメント瓦葺き屋根をガルバリウム鋼板へ葺き替え

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      八王子市高尾町で落ち葉で雨樋が詰まらない様に落ち葉除けネットを設置します

      【施工内容】

      落葉除けネット設置 

      多摩市和田で雨漏りしている工場の大波スレートを部分補修で低価格で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      ページトップへ戻る