無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区|瓦棒の棟板金を交換後に屋根塗装でメンテナンス!

葛飾区|瓦棒の棟板金を交換後に屋根塗装でメンテナンス!

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


葛飾区でのお問い合わせです。棟板金が飛散したことをきっかけに、補修工事と屋根全体のメンテナンスを行う事にしました。
金属屋根の場合、スレート屋根とは違う作業工程となります。今後錆の発生を抑えるために要所を押さえて補修を進めていきましょう。
葛飾区でのお問い合わせです。棟板金が飛散したことをきっかけに、補修工事と屋根全体のメンテナンスを行う事にしました。
金属屋根の場合、スレート屋根とは違う作業工程となります。今後錆の発生を抑えるために要所を押さえて補修を進めていきましょう。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根補修工事 金属屋根工事 金属屋根補修工事 棟板金交換 屋根塗装
【工事詳細】
お施主様
M様邸
【工事内容】
屋根補修工事 金属屋根工事 金属屋根補修工事 棟板金交換 屋根塗装
【工事詳細】
お施主様
M様邸
足場アイコン屋根塗装棟板金交換

【点検の様子】

瓦棒 棟板金剥がれ

葛飾区のM様邸です。いつからか棟板金が浮いているような印象があるとご相談を頂きました。早速調査にお伺いすると、棟板金はまだ外れてはいないものの、波打つように凸凹になってしまっています。

風によって煽られたり飛来物によって形が変形する事もありますが、変形することで雨水が入り込む隙間が出来てしまいます。

シーリング 釘浮き

よく見ると防水テープのようなもので補修した跡があり、板金に歪みがあることも認識はされていました。何度か補修を繰り返したそうですが、錆も発生し何かしらのメンテナンスが必要なのではないか?と思い立ったようです。

全体的な印象としては、ところどころ釘が抜け、錆の発生が進行していました。抜けた釘からももらい錆を受け、傷もついていない場所に錆が出ていました。

錆は金属の強度や耐久性を著しく低下させます。これは錆止め塗料を塗って補修を行ったとしても、回復する物ではありません。錆が発生しないように屋根材表面の保護をしっかりしておくことが非常に重要です。

凸凹に変形してしまった棟板金は取替を行い、屋根全体は錆の拡大防止に塗装メンテナンスを行っていきます。

 

【施工の様子】

ケレン ケレン

金属屋根はスレート屋根とは違い、塗装前の作業に違いがあります。スレート屋根の場合は、屋根表面に付着した苔を高圧洗浄で根絶ちをしていきますが、金属屋根材は水自体が弱点です。

また洗浄では錆を完全に落としきることはできません。そこで、金属屋根材はヘラでのケレンやマジックロン等の道具を用いて錆を落としていきます。

錆び 下地処理

こちらはケレン後の屋根材です。剥がれた塗膜に新規塗膜を重ねても、すぐに剥がれてしまいます。その為、劣化した旧塗膜をしっかりと剥がす必要があります。

ちなみに、屋根の表面が白くなっているのは塗膜のチョーキング(白亜化)です。チョーキングや埃の付着も塗膜の剥がれの原因になりやすい為、この場合に初めて水洗い等の作業を行います。

錆止め 錆止め

屋根の表面を綺麗にしてから錆の発生を抑える為、錆止め塗料を塗っていきます。錆止めと言えば赤茶色ですが、近年鉛を含まない錆止めの使用によって公害・健康被害も気にする必要がなくなりました。

塗り残しのないように満遍なく塗装することが、錆止め塗料の条件です。瓦棒は特に芯木の取り合い等細かな部分にまで塗膜を形成することが非常に大切です。

中塗り 中塗り

錆止め塗装後は中塗りです。まずは細かな芯木周辺からしっかりと塗っていきます。このような作業をダメこみと言います。ローラーで塗装する場所に関しては綺麗に仕上がりますが、細かな部分はそうはいきません。

先に塗装をしておくことで塗り残しもなく仕上がります。

中塗り 棟板金

ローラーで全体を塗装していきます。交換を行う棟板金ですが、釘を抜き取り外していきます。塗装を行う前に棟板金を交換をしておくのが理想的ですが、作業工程上の問題で順番が異なるときがあります。

その際には塗装をした場所を汚さないように作業を進めていきます。

棟板金 防水紙

既存の棟板金を剥がし、取替を行います。雨水が入り込まないように防水紙を敷き込み新たに板金を取りつけていきますが、先に塗装をしておくことで、刷毛の入りにくい場所を仕上げておくことが可能です。

棟板金 ビス留め

固定は錆びにくく抜けにくいSUS製(ステンレス)ビスで固定を行います。継ぎ目部分は雨水の浸入防止と固定の為、シーリングを充填しておきます。

瓦棒は縦葺きで排水能力にも優れている為、雨漏りを起こしにくい屋根材ではありますが、隙間が出来ていては全く意味がありません。

シーリング 上塗り

継ぎ目と芯木の取り合いにシーリングで防水処理を行っていきます。このひと手間を行う事で、雨漏りを起こすリスクを最小限に抑えることが出来ます。

棟板金交換後に、ようやく上塗りを行います。同色で塗ってはいますが、中塗りと上塗りの艶感は全く違います。

屋根塗装完了

中塗りと同じく、ダメこみをしてからローラー仕上げをすることで、刷毛のムラもなく綺麗に仕上がります。仕上げ塗料を塗ることで一見綺麗に仕上がりますが、錆止め塗料を塗ると塗らないでは、耐久性に大きな違いが出てきます。

下塗りをしっかりと行っているのか、錆止めを使用するか、見積もりの項目に入っているか、作業中写真に残っているか等確認する手段はあります。長期的に綺麗を維持できるかをしっかりと確認しておきましょう。

 

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら  前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。 断熱塗料・遮熱塗料夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      杉並区阿佐谷北で強風の被害を受けた波板をポリカーボネートで張り替えます

      【施工内容】

      屋根補修工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区平井で勾配の取れていないベランダに勾配を作成しウレタン塗膜防水工事にいたしました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区中央で雨漏りの発生から屋根の棟及び瓦の部分葺き直し工事で解消致しました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る