無題ドキュメント

HOME > ブログ > 練馬区大泉町にて瓦屋根からアスファルトシングルへの屋根の葺き.....

練馬区大泉町にて瓦屋根からアスファルトシングルへの屋根の葺き替え工事が進んでおります

更新日:2020年12月26日

 練馬区大泉町にてアスファルトシングルへの屋根の葺き替え工事中の様子です。

 今回ご紹介いたしますのは、防水紙(ルーフィング)を敷いていく工程についてです。この工程が家に屋根を葺いていく工程の中で最も重要なものになりますので詳しく見ていきたいと思います。まず初めに、防水紙とは、屋根材の中に侵入した雨水が下地に浸透しないように防いでくれる役割を持ったもので、極端な話、屋根材が劣化し、雨水の侵入を許しても、その下の防水紙さえ無事ならすぐに雨漏りが起きることはありません。逆に、いくら屋根材を新しくしても、その下の防水紙が劣化していると雨漏りが起きる可能性が高くなります。いかに防水紙をきっちり敷いていくかで、この先何十年の安心が左右されてしまうのです。

防水紙は軒先から葺いていきます!

新しい野地板の上に防水紙を貼っていきます 防水紙を貼っていきます

 防水紙だけではないのですが、屋根を葺いていく際は軒先から葺いていきます。と言いますのも、屋根は構造上、上から下に雨水が流れていきますので、屋根材や防水紙を棟から葺いてしまうと、防水紙と防水紙の隙間から雨水が侵入してしまいます。防水紙は内側からは防水できる作りにはなっていないので、施工方法を間違えてしまいますと劣化も早まりますし、そもそも雨水を防ぐことができなくなってしまいます。軒先から棟に向かって葺いて、雨水が防水紙の上を通る形を作ってあげることが重要なのです。

防水紙は下から貼っていきます 防水紙はカッターで加工できるのでサイズを合わせていきます

 また、防水紙は薄いシートのようなものなので、加工する際にはカッターナイフなどで簡単に加工することができます。屋根の形が複雑になっている場合などは、その場で加工してしっかりと葺いてあげます。先述の通りこの工程を疎かにしてしまうと大変なことになってしまいますので、職人さんたちもいつも以上に慎重に作業を行ってくれています。

タッカーで防水紙を止めていきます 防水紙がタッカーでしっかりと止められています

 防水紙を葺き終わりましたら、固定をしていきます。今回はタッカーと呼ばれる大きなホッチキスのような道具でしっかりと止めていきます。防水紙の種類によっては、裏面が粘着性があり野地板にくっつくものがあり、こちらの場合は穴が開かないのでより防水性が高くなります。

防水紙を葺き終わりました!

防水紙が貼られた屋根です

 屋根全体にしっかりと防水紙を葺き終わりました!基本的に屋根の葺き替え工事やカバー工事を行う際は、この工程まで一日で行うようにしています。ここまでやってあげれば工事途中で雨が降ってしまっても防水紙がしっかり雨を防いでくれますので屋根の下地が痛んでしまう恐れがなくなります。今回は防水紙の役割にスポットライトを当てていきましたが、少しでも重要性をお伝え出来たのなら幸いです。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、マスクの着用、アルコールでの手指の消毒を徹底しております。何かお困りの際は安心してご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 皆さんは「屋根材」というとどのような屋根を思い浮かべるでしょう?多くの方は瓦やスレートではないでしょうか?新築を検討されている方や最近リフォームをされた方であれば金属屋根材も注目しているかと思います。これらはすべて日本国内の住宅で上記3種類の屋根材を使用しており毎日意識せずとも見ているか…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

杉並区浜田山で強風で捲れてしまった急勾配の屋根を火災保険で葺き替え工事しました

【施工内容】

屋根葺き替え

江戸川区西瑞江でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事を施工致しました

【施工内容】

屋根葺き替え

狛江市東和泉でセキスイかわらUを撤去した後、スーパーガルテクトで葺き替え工事いたしました

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根葺き替え、屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

板橋区大谷口で築36年になる化粧スレート屋根にディプロマットスターで屋根カバー工事しました

【施工内容】

屋根カバー工法

板橋区高島平で屋上ハッチとドーム型天窓カバーの交換工事を行いました

【施工内容】

天窓工事

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る