無題ドキュメント

HOME > ブログ > 練馬区石神井でアパート屋根の改修工事調査に伺いました

練馬区石神井でアパート屋根の改修工事調査に伺いました

更新日:2020年4月24日

 練馬区石神井のアパートオーナー様からのご依頼で屋根の改修工事調査に伺いました。新型コロナウイルスの影響もあってお立合いなしでの調査となります。できればお立合いの元、調査をさせていただく方がより具体的なお困りごとやご希望をヒアリングしやすく適切なご提案をさせていただきやすいのですが今のご時世では致し方ない事です。
私たち街の屋根やさんではマスク着用でのご訪問、ソーシャルディスタンスの徹底、お見積書等は郵送にてご対応等、お客様の不安を少しでも払拭できるよう新型コロナウイルス対策を講じていますのでご安心ください。

 雨漏りが発生しているとのことで屋根に登らせていただき調査を開始いたします。

勾配の無い屋根

勾配の無い屋根

 屋根の周りには、グルっと化粧破風が巻かれているタイプの屋根で、ほぼ勾配の無い屋根です。屋根の中央から軒先にかけてほんのわずかに傾斜が付いている程度で棟と呼ばれるものもない形状です。
 勾配がない屋根は排水性が悪いため、使用できる屋根材が限られています。多くは耐久性に優れた金属屋根材、中でも縦葺きと呼ばれる屋根材を使用します。瓦棒と呼ばれる等間隔に凹凸がある屋根材が縦葺き屋根材にあたります。これらは棟から軒に向かって屋根の段差がないことから雨水が流れやすい仕様ですので、緩勾配屋根に適しています。もちろん急勾配屋根にも使用できますので目にする機会は多いかと思います。

勾配によって変わる注意点

緩勾配屋根の瓦棒 急勾配屋根のスレート

 住宅によってさまざまな屋根の傾斜(勾配)ですが、その傾斜によっては前述通り使用できる屋根材が異なります。通常屋根材は4寸と呼ばれる屋根勾配を基本に販売されています。そのため3.5寸~5寸程度までは屋根材の制限が特になく気にされなくても問題ありません。しかし緩勾配屋根は排水性が悪いことからそれに適した屋根材を使用しなければ雨漏りを起こすリスクが高まりますし、急勾配であれば固定を強固にしなければならないなどの対策が必要です。これらは主に新築時に決まります。もちろん大改修工事であれば変える手立てはありますが、屋根葺き替え工事、屋根カバー工法等現状の傾斜に合わせて施工する場合は、あらかじめ使用できる屋根材についても確認しておいたほうが後々安心です。勾配次第では屋根裏の活用等も検討できますので思いのほか、重要なポイントであることを覚えておきましょう。

屋根の塗膜がほぼ剥がれていました

塗装の剥がれた屋根 雨漏りしている軒天

 屋根の塗装はかつて行われた形跡はありますが、ほぼ塗膜は剥がれてしまっています。雨漏りの詳しい場所はお聞きしておりませんでしたが廊下の軒天に雨漏りの形跡がありました。軒下は真上に屋根やバルコニーがあるため雨水で濡れ、シミができるようなことはそうそうありません。シミができていた場合もっとも疑わしいのは真上からの雨漏りです。軒下にてシミを確認した際には必ずその真上の状態、屋根が破損していないか、バルコニーの防水層に亀裂がないかなどをしっかり確認しましょう。過去には「雨漏りしているかもしれない」ということでお問い合わせをいただき調査にお伺いしました。この時は軒天に溜まった埃でしたので清掃して綺麗になりましたが、疑わしいことはまず調査を行いましょう。不安を感じる、状況を知りたいといったことも被害が大きくなる前にお気軽にご相談ください。また軒下にシミができる原因としてはもう一つあります。

剥がれた塗膜が雨樋に詰まっています

詰まった集水器 詰まった雨樋

 このようなケースの場合、雨樋が悪さをしていることもあり得るので雨樋の確認をしたところ、剥がれた塗膜が雨樋にいっぱい詰まっておりました。雨樋は軒樋から竪樋に雨水を流してこそ正しい役割を果たします。ごみや土が溜まってしまうと雨樋がつまりオーバーフローを起こすことも十分考えられます。化粧破風があるため、軒先の状態までは確認しきれませんでしたが、影響はあると思われます。土や泥、ごみが蓄積されてしまえば雨樋が負荷に耐えきれず破損してしまうこともあります。自然災害で雨樋が破損してしまった際には火災保険を利用して補修することも可能なのですが、ごみ等は対処できたことと判断されるほか、経年劣化で火災保険の対象外となります。雨樋は少し補修しようにも足場が必要になるケースが多いため定期的な清掃・メンテナンスを心がけましょう。
 今後の改修方法は、塗装では同じことが起きるため、瓦棒屋根カバー工事をご提案していきたいと考えております。私たち「街の屋根屋さん」では調査・お見積りは無料にて承らせていただいております。

屋根カバー工法の流れ

 屋根カバー工法とは既存屋根材の上に新たな屋根材を葺く工法です。既存屋根材を剥がす等の手間がないことから撤去処分費が少なく、また工期短縮も可能です。生活をしながら工事ができるというのも大きなメリットです。
傷んだ芯木の取り付け 防水紙敷設
 瓦の場合屋根材を固定するために芯木と呼ばれる凹凸部分が重要です。傷んでしまっていれば新たな屋根材を葺いても固定ができないため、芯木を新たに取り付けていきます。その上に新たな防水紙を葺くことで雨水が内部に浸入しないような構造に仕上げることができます。
屋根カバー工法完了
 瓦棒専用の屋根材を使用することで、見た目も変わりなくリフォームを行うことができます。また従来の瓦棒というとトタンが使用されていることが多かったのですが、現在改修に使用するのは錆びにくいガルバリウム鋼板ですので、メンテナンス回数を大幅に減らすことが可能です。金属屋根材について詳しく知りたいという方もお気軽にご相談ください。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができ…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      荒川区町屋で令和元年東日本台風被害で雨漏りを起こした瓦棒屋根の部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

      西東京市中町でモニエル瓦葺き屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      杉並区阿佐谷南で傷んだ半月型の雨樋を水が溢れにくい角型のものに交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      杉並区高井戸西で廃盤のかわらU専用の棟をガルバリウム製のものへ交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る