無題ドキュメント

HOME > ブログ > 足立区江北で台風被害を受けた木製下地の庇波板屋根の貼り換えを.....

足立区江北で台風被害を受けた木製下地の庇波板屋根の貼り換えを行いました

更新日:2018年12月27日

足立区江北のお客様は台風24号で木製下地庇波板屋根の波板が壊れてしまいました。ご加入の火災保険を使用して復旧工事を行いました。火災保険では被災箇所の修復分は問題なく認めてもらったのですが、他の被災していない波板もだいぶ古くなっているとの事ですべての波板を交換することになりました。

【台風による波板被災状況】

庇の中央付近が破損している波板

庇の丁度中央あたりの波板が引きちぎられるように破損しておりました。色などから見ても「ポリカ製」の波板の様に見えます。ポリカは衝撃に強く、曲げてもなかなか折れたりしないのですが自然の驚異を関いますね。

破損している波板 被災していない波板の状態

大きく破損しているのは一部分だけの様ですが、庇の中央付近と言うこともあり、復旧には波板の貼りはじめから被災部分までの波板を交換する必要が出てきます。保険申請でもそこまでは認めてもらえます。被災していない部分のポリカ波板も上から見るとかなり劣化が進んでいるのがわかります。下側から見ると汚れの様に見えていたのは、波板表面のコーティングが剥がれてしまっている物でした。

【既存波板の撤去・新規波板の設置】

既存波板撤去 波板の貼り付け

波板庇屋根には下地が「木製」の物、「アルミ製」の物、「鉄製」の物と大きく分けると三種類あります。今回は木製の下地でした。木製の下地の場合は「傘釘」と言われるパッキンの様な物が付いている釘で固定されていることが多いのですが、そのパッキンの様な部分は樹脂(ポリカではない)で作られていることが多く(まれにステンレスの釘とステンレスの傘の事も)パッキンはとうの昔になくなっていて釘も錆錆びと言うことが珍しくありません。今回のケースもパッキン部はほぼなくなっており釘のみで止まっているだけでした。釘抜きで釘を抜いていきますが折れてしまう場合も多く、その時は下地木部に打ち込んでしまいます。

幸い、下地の木部は大きな傷みもなく、作業には支障もなく木枠にのりながら作業が出来るほど頑丈でした。既存の波板を剥がしてから端から順に新しいポリカ波板を設置していきます。

波板を専用固定具で固定

傘釘では少し不安が残るため、波板の波に合わせた形の固定具の付いたビスを使用して新しいポリカ波板を下地木部に固定していきます。釘に比べて太くガッチリととまるビスは見た目にも安心感を与えてくれるだけでなく実際の強度もかなり高くなるため安心してお過ごしいただくことが可能です。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 【動画で確認「ベコ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

【施工内容】

江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

【施工内容】

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

【施工内容】

棟板金交換

葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理

墨田区本所で新たに換気棟を取り付けた屋根カバー工事を施工

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る