無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工.....

江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工、併せて塗装仕上げを行いました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区西瑞江で今回塗装工事と併せて軒天が落下しているので修繕を考えているとのご相談を頂き、現地調査にお伺いさせて頂いた事が始まりです。
 こちらお宅は外装全体の改修工事を13年前に施工されて、それ以来の再度のお手入れのご相談となります。その際は屋根材と外壁材の交換施工と言う形で施工されている様でしたが、軒天や破風板等は既存の建材のまま部分塗装としてご対応されていました。
 今回軒天の落下については、その上部に当たる破風板の劣化が原因である可能性が高く、工事のご提案としては、軒天の修繕と共にその原因となる破風板についてもガルバリウム鋼板による破風板板金カバー施工を行う事で対策を採らせて頂く事をご提案致しました。
 軒天、破風板の修繕を行った上で塗装工事を行う事で、より意味のある耐久性を保有した改修メンテナンスとなります。今回はその修繕工事の流れをご紹介させて頂きます。
 江戸川区西瑞江で今回塗装工事と併せて軒天が落下しているので修繕を考えているとのご相談を頂き、現地調査にお伺いさせて頂いた事が始まりです。
 こちらお宅は外装全体の改修工事を13年前に施工されて、それ以来の再度のお手入れのご相談となります。その際は屋根材と外壁材の交換施工と言う形で施工されている様でしたが、軒天や破風板等は既存の建材のまま部分塗装としてご対応されていました。
 今回軒天の落下については、その上部に当たる破風板の劣化が原因である可能性が高く、工事のご提案としては、軒天の修繕と共にその原因となる破風板についてもガルバリウム鋼板による破風板板金カバー施工を行う事で対策を採らせて頂く事をご提案致しました。
 軒天、破風板の修繕を行った上で塗装工事を行う事で、より意味のある耐久性を保有した改修メンテナンスとなります。今回はその修繕工事の流れをご紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
その他の工事 破風板板金カバー工事、軒天増し貼り工事
【工事詳細】
使用材料
破風板板金カバー:ガルバリウム鋼板 軒天増し貼り:ケイカル板
施工期間
足場設置から足場撤去まで3週間
築年数
40年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
H様邸
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
その他の工事 破風板板金カバー工事、軒天増し貼り工事
【工事詳細】
使用材料
破風板板金カバー:ガルバリウム鋼板 軒天増し貼り:ケイカル板
施工期間
足場設置から足場撤去まで3週間
築年数
40年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
H様邸
保証年数
お付けしておりません
足場アイコン

現地調査

破風板頂上に開口箇所が見られます

 こちらが現地調査において確認した破風板軒天の劣化症状です。軒天が劣化している場合、本来雨当たりが少ない場所ですのでその上部に原因箇所が有ります。良くお見受けするのが破風板の老朽化と劣化です。特にこちらのお宅の様に木製の場合は、表面塗装の防水効果が失われる事で、木が水を吸い込んでしまう様になり、割れや形の変形を来たして軒天に症状を拡大させてしまうと言った事に繋がります。

軒天が落下しています

軒天の腐蝕症状 

 軒天の一番下の部分に落下症状が発生しております。対面側の方もここまで腐蝕してはいないですが、同じ様な症状が出ておりました。要は頂上の破風板表面部分から水が入り込む事によって、一番下部の軒天に水が溜まり、こう言った落下症状を来たしてしまうと言った図式です。

破風板板金カバー施工と軒天修繕をご提案

軒天と破風板の劣化

 ですので今回軒天の増し貼り修繕工事と共に、原因となる破風板の板金カバー施工をご提案し、その上で屋根外壁の塗装工事を施工される事でご提案を致しました。お客様にもその辺りをご理解頂き、当社にて工事を施工させて頂く運びとなりました。

修繕工事の始まり

軒天増し貼り施工を始めます

 いよいよ工事の始まりです。先ずは軒天の増し貼り施工からスタートします。現在ベニヤ製の軒天ですが、傷みの出ている部分だけでなくその面全体の軒天修繕工事として、増し貼り施工を致します。使用する材料はケイカル板となり、現在軒天においては殆どがこのケイ酸カルシウム板、所謂ケイカル板が使用されています。従来のベニヤと比べ耐久性と更に不燃性もある建材となります。

軒天増し貼りで施工

軒天を増し貼り 軒天を増し貼り

 既存の軒天に接着剤を塗布し軒天を増し貼りしていきます。サイズ規格に合わせて現場で加工しこの様に取り付けて行きます。但し接着剤のみであると強度としては弱いので、増し貼り後は釘等で固定する必要があります。

強度重視でビス止め固定

軒天を固定します ビス止めして軒天を固定

 増し貼りした軒天を固定していきますが、今回強度重視でビス止め固定を行いました。目立たない様に釘で取り付けて行く事が多いですが、一度落下していることも有るので、強度の方を優先しての判断となります。内側の下地の垂木位置に合わせて止めて行きます。

体勢不十分な中、取り付け施工

軒天の増し貼り施工中

 軒天交換は狭い場所等も有り、職人さんサイドとしては中々やりづらい施工となります。体勢が不十分な中しっかりと取り付けを行ってくれました。

軒天施工から破風板板金カバー施工へ

軒天の増し貼り完了

 軒天の増し貼りの完了となります。ビス止めしてあるので、跡が若干気になりますがここに塗装を掛けて行くので、最終的にはここまで目立たなくはなります。

破風板板金の採寸と加工

破風板板金カバーの採寸 サイズに合わせて現場で加工

 続いて破風板板金カバー施工です。こちらも細かい採寸を再度取りながら現場加工で調整していきます。建材は端と端とで長さ、大きさが微妙に異なる事があるので、現場での職人さんの手際や臨機応変な判断が重要となっていきます。

破風板板金の取り付け

破風板板金の取り付け 板金カバー巻き施工

 既存破風板の規格に合わせて破風板をカバーして参ります。さすがは職人さん、各所ともピッタリに嵌っていきました。

板金の固定と重なり継ぎ目のシーリング処理

釘止めによる固定 板金の重なりにシーリング処理

 破風板板金は通常通り釘止めでの固定を行いました。更に重なりの内側にはシーリングを入れて水の侵入をしっかり防ぐ様、措置を講じてあります。

破風板板金カバー施工も完了

破風板板金カバー施工の完了

 無事破風板板金カバー施工の方も終わり、一連の修繕工事の完了となります。軒天、破風板共に問題なくしっかりと取り付ける事が出来たようです。

仕上げに塗装処理

屋根の上塗り作業 破風板、軒天も併せて塗装

 工事の最後に塗装仕上げを行いました。本来板金部分は新しい物なので塗装をしなくても問題ないですが、今回は屋根外壁を含めた全体の塗装工事も併せて施工しております。塗らない場合、塗った箇所と塗らない箇所の色が異なる事になりますので、色合いを統一すると言う意味で板金カバーをした箇所も含めて塗装仕上げを施していきました。

工事の完了

軒天塗装の完成

 軒天、破風板共に塗装も完了しこれで無事施工の方も終了となります。お客様にもこれで安心して過ごして頂ける事と思います。

破風板板金カバー後に塗装仕上げ

 やはり塗装仕上げで正解でした。屋根、外壁、その他が艶感のある仕上げとなっているので、色を塗った事で統一感のある鮮やかな仕上がりとなった印象です。

耐久性の有るメンテナンスとなります

全体塗装施工の完了

 塗装工事を施工される場合、お住まいを綺麗にしたいと言う事が優先され、傷みや劣化の原因をそのままにして塗装のみを行う事がしばしば聞かれます。やはり本来の意味合いとしては、耐久性を長く維持していくと言う意味が有りますので、こう言った劣化原因の追求から手当て、そして意味のある塗装工事を施工される事が重要です。私たち街の屋根やさんでは、劣化原因の調査から工事のご提案、耐久性の有る有効的な施工を心掛けて取り組んでおります。新型コロナウィルス対策も継続して業務を運営しておりますので、是非皆様もお気軽にお声掛けご相談下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ   前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れ…続きを読む
屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法

屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法

 屋根で傷みやすい部分は天を向いている上面ではなく、むしろ側面です。屋根材は基本的に日光に晒されること、雨に打たれること、霜が降りること、雪が降り積もること、暴風に煽られることを想定して設計されています。屋根の形状によっても違いますが、破風板や鼻隠し、ケラバと呼ばれる部分は雨にも打たれますし、風の影…続きを読む
軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

 お家を維持する上でかなり重要なお家の各部位の名前というと「破風板」や「鼻隠し」、「ケラバ」など聞きなじみのないものも多く、漢字も難しいものが多いのですが、「軒天」という字面を見るとどの場所かは何となく想像がつくのではないでしょうか。 そうです、「屋根の軒」の「天井」だから軒天で…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      杉並区上萩にて穴の開いてしまった塩ビ波板を火災保険を使用してポリカーボネート波板に交換いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      江戸川区南小岩でFRPベランダの陥没した排水口を改修用ドレンを使って補修、ウレタン塗膜防水で仕上げました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      墨田区本所で新たに換気棟を取り付けた屋根カバー工事を施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る