無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区本所で新たに換気棟を取り付けた屋根カバー工事を施工

墨田区本所で新たに換気棟を取り付けた屋根カバー工事を施工

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 墨田区本所で屋根材にニチハのパミールを使用したお住まいのお客様より、屋根のメンテナンスについてご相談を頂いた事が始まりでした。いくつか既に改修業者から提案を受けていた様ですが、弊社の方の提案の方も聴いてみたいとの意向で、点検調査から工事のご提案をさせて頂く事となりました。
 当社のご提案はアイジー工業社製のスーパーガルテクトによるカバー工事となります。耐久性は勿論の事、断熱材入りの快適性にも優れたガルバリウム鋼板製の金属屋根材となります。更にお客様の方から夏の暑さ対策等の面から換気棟を取り付けたいとのご要望も承り、スーパーガルテクトの純正品による換気棟の取り付けが可能である事や換気棟の構造、施工の流れをご説明しご検討頂く事となりました。
 結果、当社の方に施工を任せたいとのご判断を頂き、換気棟を新設した屋根カバー工事の方を施工させて頂く事となりました。今回はその一連の工事の流れをご紹介致します。
 墨田区本所で屋根材にニチハのパミールを使用したお住まいのお客様より、屋根のメンテナンスについてご相談を頂いた事が始まりでした。いくつか既に改修業者から提案を受けていた様ですが、弊社の方の提案の方も聴いてみたいとの意向で、点検調査から工事のご提案をさせて頂く事となりました。
 当社のご提案はアイジー工業社製のスーパーガルテクトによるカバー工事となります。耐久性は勿論の事、断熱材入りの快適性にも優れたガルバリウム鋼板製の金属屋根材となります。更にお客様の方から夏の暑さ対策等の面から換気棟を取り付けたいとのご要望も承り、スーパーガルテクトの純正品による換気棟の取り付けが可能である事や換気棟の構造、施工の流れをご説明しご検討頂く事となりました。
 結果、当社の方に施工を任せたいとのご判断を頂き、換気棟を新設した屋根カバー工事の方を施工させて頂く事となりました。今回はその一連の工事の流れをご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
1週間
築年数
18年
平米数
67.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
S様邸
保証年数
10年
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
1週間
築年数
18年
平米数
67.5㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
S様邸
保証年数
10年
足場アイコン屋根カバー工事

現地調査

パミール屋根の空撮

 施工前の点検調査時におけるパミール屋根の状態となります。写真上側が北面、下側が南面です。南面の方は隣地に背の高いビルがあるこ事から日照時間が限定され、傷みの方も北側に比べると著しくない状況でした。反面北側は南側より陽射しや風の影響を受ける事も多く、症状がかなり進行している状況が視認出来ました。

北面の方が症状が顕著です

屋根北面のパミールの症状 パミール表面の型崩れ

 こちらが北側の状態となります。パミール特有の剥離症状がかなり進んでいる様子が窺えます。パミールはこの症状から、塗装工事が出来ないと言われる所以となります。要はこの表面に仮に塗装を掛けたところで、屋根材表面ごと剥離してしまうと言う論理です。ですのでこの屋根材の場合、屋根カバー工法葺き替え工事がメンテナンスの方法となります。

屋根カバー施工を行います

ニチハのパミールの屋根

 北側メインに考えるとやはり早い段階でのメンテナンスは必要と言う事で、未だ下地がしっかりとしている内にカバー工法での屋根工事をされる事でお話を頂きました。更に当社の施工提案として断熱材の入ったガルバリウム鋼板製の屋根材スーパーガルテクトをお勧めさせて頂くと共に、お客様から暑さ対策の面でご相談を頂いた事に関しては、換気棟設置のご提案とご説明もさせて頂いて、当社へ施工を任せて頂く事となりました。

朝焼けと共に屋根工事がスタート

朝焼けと共に屋根工事がスタート

 事前に足場仮設を行い、いよいよ朝焼けと共に施工スタートです。切妻形態の屋根ですので、大屋根の施工面は南北の2面となります。

棟板金や雪止めを撤去

棟板金を撤去 雪止めを撤去中

 先ずは既存の突起となるところの撤去作業となります。丸の部分のてっぺんの棟板金、軒先上の雪止めが撤去対象です。これらの突起を撤去し屋根をフラットにする事で全体がカバー出来る状態になります。

軒先唐草、ケラバ板金の取り付け

軒先唐草板金の取り付け ケラバ板金の取り付け

 撤去作業の後は、役物板金の取り付け作業となります。軒先唐草やケラバ板金の取り付けとなりますが、所謂屋根の縁廻りの部分を指します。屋根の最下部を軒先唐草、屋根の側辺の部分をケラバと呼び、それぞれに入る部材が役物と呼ばれています。

粘着式の改質アスファルトルーフィングの敷設

防水シートの敷設 唐草、ケラバの上に防水シートが来ます

 その役物を取り付けた上で改質アスファルトルーフィングの設置となります。これは防水シートの事で下葺き材とも呼ばれます。この防水シートが既存屋根から下の部分を水の侵入から守ってくれる事となり、非常に重要な役割を担う事となります。スレート系屋根へのカバー工法の場合、粘着式タイプの物を使用し敷設して参ります。

換気用の通気開口部を設けています

下葺き材の敷設 換気用の開口部

 下から順に防水シートを敷設していくと共に、今回は換気棟の新規取り付けがありますので、予め頂上の中心部分に換気用の通気口も空けております。

一旦防水シートで覆います

アスファルトルーフィングで覆います

 開口箇所を作った場所も含めて一旦全体を防水シートで覆い屋根材本体葺き作業の準備を行います。

スーパーガルテクトを葺いていきます

スーパーガルテクトをビス止め ビス止めしたスーパーガルテクト

 そしてスーパーガルテクトの取り付け工程です。スターターとも呼ばれる軒先唐草板金から始まり、下から1段ずつ順に一つ一つビス止めで固定し葺いていきます。

屋根葺き作業も順調に進みました

屋根葺きも半分まで進みました ケラバ部の屋根材の納まり

 徐々に屋根本体のスーパーガルテクト葺き作業も頂上に差し掛かり、取り付けの方も滞りなく順調に進んで参りました。

換気棟の内側部材の取り付け

換気部分に開口を作ります 換気棟の内側の水切り処置

 頂上の部分まで到達すると、防水シートにも切り込みを入れて通気用の開口部を作ります。更にその開口部に換気棟用の内側の水切り板金設置が必要となります。捨て水切りとも呼ばれる板金で開口となった場所を囲むように取り付けて水の侵入を防ぐ措置を施して参ります。

棟板金と換気棟の取り付け

換気棟の捨て水切り 樹脂製貫板を設置

 両面とも屋根本体の取り付けを終えて仕上げ工程として棟板金、及び換気棟板金の取り付けを行います。下地となる貫板を取り付けますが、従来の木製貫板では無く、腐蝕に強いプラスティック樹脂製の貫板を使用して取り付けていきました。

換気棟の仕上げ

換気棟の内側の水切り部材 棟板金と換気棟の取り付け

 換気棟用の内側部材となる水切り板金を設置し、先程の最内側の捨て水切りと共に決して水が入り込む事の無い様処置し、棟板金を被せて仕上げとなります。この様に手順と仕様に沿った施工が不具合を生じさせない為には何よりも重要となります。取り合い部や継ぎ目にシーリング処理をすれば完成となります。

下屋根の施工

下屋根のケラバ板金処理 下屋根の屋根カバー

 こちらのお客様は正面から見て裏面に当たる東側に下屋根が有りました。当然下屋根の方もカバー施工の対象箇所となります。工法としては同様に役物板金の取り付け、アスファルトルーフィングを敷設し、屋根材を葺いていく工程は同じとなります。

下地貫板は同様に樹脂製

雨抑えの貫板も樹脂製を使用 継ぎ目シーリング処理

 下屋根は外壁に取り付いておりますので、その部分は雨押え板金が入ります。雨押え板金の下地も木材では無くプラスティック樹脂製の貫板を使用致します。貫板取付から板金設置、取り合いとなる壁際や継ぎ目部分にもシーリングを入れ仕上げて参りました。

下屋根も完成で工事終了

下屋根カバー終了

 下屋根のカバー工事も終了でこれですべての施工スケジュールが完了致しました。

屋根カバー工事の完成

シェイドブルーの屋根カバー

 足場を取り払い工事の完了となります。隣地がビルで許可を頂き非常階段の部分から屋根を撮影させて頂きました。しっかりと仕上げられた事も確認出来、ようやく肩の荷が下りた印象です。

換気棟の方も問題有りません

換気棟の取付完了

 中央部分には換気棟を設置してあります。通気もしっかりと保たれ、快適性の向上も見込めると共に、施工手順に沿ってきちんと構築してありますので、雨漏りの心配も有りません。

スーパーガルテクト、色はシェイドブルーです

シェイドブルーのスーパーガルテクト

 隣地が大きな建物となるのでなかなか陽が当たる時間が限られますが、陽に当たるとスーパーガルテクトのシェイドブルーが鮮やかに輝いている様に映ります。

無事お客様へお引渡し

屋根カバー工法の完成、上空写真

 最後に上空からの写真になります。お客様にも仕上がりの方をご覧頂き、大変喜んで頂いてお引渡しの方も無事終えられました。私たち街の屋根やさんでは、手順と仕様に沿った作業と、新型コロナウィルス対策の方もしっかりと採りながら施工に携わらせて頂いております。是非皆様もお気軽にお声掛けご相談下さい。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む
夏の暑さにお困りの方、屋根塗装・換気棟設置で室内の暑さ対策が可能です!

夏の暑さにお困りの方、屋根塗装・換気棟設置で室内の暑さ対策が可能です!

 屋根などのリフォームというと、「劣化にしてきて不具合が生じてきた」という理由が多いのはご存知だと思います。事実、雨風を凌ぐための機能を回復させるために行うことがほとんどです。しかし、ちょっとの工夫とコツでこれまで以上の快適な暮らしを手に入れることをご存知ですか。暑さや寒さを緩和し、光熱費を削減する…続きを読む
窓の結露でお悩みの方におすすめ、快適生活をサポートする屋根の換気棟

窓の結露でお悩みの方におすすめ、快適生活をサポートする屋根の換気棟

 屋根の一番高い部分にある棟、ここに通気機能を持たせ、湿気や熱気を排出できるようにしたものが換気棟です。暖かい空気は上昇するという自然現象を利用したものですので、電気代などのランニングコストをかけずに快適生活を実現できます。棟板金交換や屋根塗装などのメンテナンス、屋根葺き替えや屋根カバー工法など屋根…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      板橋区大谷口で築36年になる化粧スレート屋根にディプロマットスターで屋根カバー工事しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区松江で屋根カバー工事、スーパーガルテクトを使用致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      板橋区赤塚のスレート屋根の住宅をIGスーパーガルテクトを使用しカバー工事を行いました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工、併せて塗装仕上げを行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る