無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区南篠崎町でパミール屋根のカバー工事、スーパーガルテク.....

江戸川区南篠崎町でパミール屋根のカバー工事、スーパーガルテクトを使用致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区南篠崎町で屋根材にニチハのパミールを使用したお客様の屋根メンテナンスのご相談をお受けした事が始まりになります。こちらのお宅は築20年で太陽光パネルをご検討されていたとの事で、そのソーラーの業者さんに屋根をメンテナンスしてからの施工をお勧めされたとのお話を受けたそうで、当社へのご相談に至りました。

 現地確認にお伺いするとニチハのパミールを使用していらっしゃったので、事情をご説明しメンテナンスの方法は屋根の重ね葺き、所謂屋根カバー工法での施工がベストであるとのご提案をさせて頂いた次第です。年数的にも経過している事と状態がかなり進行している事からも、工事は早い段階で着手される事もお勧め致しました。

 太陽光の業者さんとも連携し、新たに設置するパネルとの互換性の有るスーパーガルテクトでの屋根カバー工事をご提案しての施工となります。今回はその工事の流れについてご紹介致します。
 江戸川区南篠崎町で屋根材にニチハのパミールを使用したお客様の屋根メンテナンスのご相談をお受けした事が始まりになります。こちらのお宅は築20年で太陽光パネルをご検討されていたとの事で、そのソーラーの業者さんに屋根をメンテナンスしてからの施工をお勧めされたとのお話を受けたそうで、当社へのご相談に至りました。

 現地確認にお伺いするとニチハのパミールを使用していらっしゃったので、事情をご説明しメンテナンスの方法は屋根の重ね葺き、所謂屋根カバー工法での施工がベストであるとのご提案をさせて頂いた次第です。年数的にも経過している事と状態がかなり進行している事からも、工事は早い段階で着手される事もお勧め致しました。

 太陽光の業者さんとも連携し、新たに設置するパネルとの互換性の有るスーパーガルテクトでの屋根カバー工事をご提案しての施工となります。今回はその工事の流れについてご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
足場設置から足場撤去まで10日間
築年数
20年
平米数
90㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
M様邸
保証年数
10年
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
足場設置から足場撤去まで10日間
築年数
20年
平米数
90㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
M様邸
保証年数
10年
足場アイコン屋根カバー工事

現地調査になります

パミールの傷み

 先ずは現地調査になります。梯子を掛けて登った途端にこのような状況が目に入って参りました。やはり20年を経過するとかなり傷みの症状が進行してしまいます。ニチハのパミールの特性で表面が剥離していくと言う典型的な症状です。尚且つ年数が経過しているので、1層2層のみでは無く、内側の方まで捲れてきてしまっておりました。更に進行していくと屋根材自体が機能しなくなり、防水シートの方まで劣化が進む事も懸念されます。そうなると屋根カバー施工も困難となり、ひいては葺き替え工事を余儀なくされてしまう事にも繋がります。

表面剥離と屋根材の弱体化

表面剥離の発生 屋根材の強度の低下

 表面は御覧の通り完全に剥離しており、風が吹くと徐々に徐々に剥がれて行く状況です。屋根材の中身も剥き出しになっている状況で、ここまで来ると屋根材としての機能も低下し弱体化してしまう事になります。屋根材は2枚重ねになっているとは言え、そうなると場合によっては下の防水シートが常に濡れてしまう事にもなり、下地の劣化が生じると屋根の葺き替え工事となる訳です。

パミールのメンテナンスは屋根カバー工事

ニチハのパミールの劣化

 しかし全体的に下地まで弱っている状況は見られませんでした。但しお客様には状況をお伝えし、早い段階でカバー工事によるメンテナンスで済む内に着手された方が宜しい旨をご報告致しました。パミールの屋根材はカバー工事での施工がコスト的にも理想となります。その件も含めご判断頂き当社の方で施工する事となりました。

屋根工事のスタート

棟板金の撤去

 屋根工事のスタートとなります。先ずは突起となる棟板金や雪止め金具などの撤去から始まります。既存の屋根を出来る限りフラットにして、その上に重ねて屋根材を葺いていく、これが屋根カバー工事となります。

アイジー工業のスーパーガルテクト

屋根材はスーパーガルテクト スーパーガルテクトの部材

 今回使用する材料はこのアイジー工業社製のスーパーガルテクトです。屋根材は勿論、棟板金等の役物と呼ばれる部材についても純正品の仕様となります。冒頭にもお話しました通り、この屋根工事の後、お客様の方で太陽子パネルを乗せられる予定です。その太陽光の業者さんともコンタクトを取り、スーパーガルテクトで有れば、取り付けも可能で施工保証の対象にもなるとの確認をとりました。太陽光を取り付ける前提でのメンテナンスとなる場合、こう言った屋根材との互換性があるかどうかという点は必ず事前確認が必要となります。

アスファルトルーフィングは粘着式のタディスセルフ

タジマのタディスセルフ

 尚、防水シートの方はこのタジマのタディスセルフと言う材料です。改質アスファルトルーフィングで耐久性の有る材料であると共に、カバー施工の場合、打ち込んでの取り付けとならないので、粘着式である必要性があります。このタディスセルフは粘着式でもある防水シートとなります。

ケラバ取り付けからルーフィングシートの敷設

ケラバの取り付け 改質アスファルトルーフィング

 取り付けは縁廻りとなるケラバ、唐草と言った役物から取り付けて行きます。その役物の取り付け後、防水シートの敷設となります。粘着式となるのでタッカー等の取り付け跡は残りません。これからこの防水シートが既存の屋根を始めとするお住まいをしっかりと守っていく事となります。

屋根材を葺いていきます

屋根材の取り付け スーパーガルテクトの重ね葺き

 防水シートの敷設後、いよいよ屋根本体のスーパーガルテクトの取り付けとなります。下から順に葺いていきビス止めによる固定で万全に取り付けを行って参ります。同時に雪止め金具の方もスーパーガルテクトの純正品で取り付けを行っていきました。

棟の部分まで到達

雪止めの取り付け てっぺんまで取り付けが完了

 雪止めも規定の約45センチ間隔で取り付けを行い、屋根の両面とも頂上まで到達して屋根葺き作業は完了です。どうしても頂上の部分は屋根材がピッタリにはならないので、このようにガルテクトを切り込んで大きさの調整をしていきます。

棟板金の取り付け、樹脂製の貫板を使用します

樹脂製貫板と棟板金 棟板金の取り付け

 棟板金の取り付けを行い、取り合い部の仕上げ処理で工事は完了となります。棟板金の下地となる貫板にはこのプラスティック樹脂製の貫板を使用します。この貫板であれば、従来の木製貫板とは異なり、雨水による腐食が防げ棟板金の取り付け強度も長く維持出来る様になります。私たち街の屋根やさんでは棟板金の施工の場合、基本的にこの樹脂製貫板を使用させて頂いております。

最後に取り合い箇所にシーリング処理を行い仕上げ

継ぎ目にシーリング処理 取り合い箇所にシーリング

 最後に棟板金やケラバなどの取り合い箇所にシーリング処理を行い、雨仕舞を施して工事の完了となります。

工事の完了

カバー工事の完成

 シーリングによる仕上げ処理も終え工事が無事完了致しました。棟板金の取り付けも含め問題は有りません。スーパーガルテクトは断熱材も有している屋根材ですので耐久性は勿論、快適性も含めて向上していくメンテナンスとなります。

屋根カバー工事の完成

重ね葺き工事の完了

 パミールの症状から考えると見違えるような屋根の状態に生まれ変わりました。しかしこの施工が完了した後は太陽光の取り付けとなり、屋根が下に隠れてしまう事になります。若干寂しい様な気持ちも芽生えてしまいました。

色はシェイドブラックで鮮やかに仕上がりました

スーパーガルテクトでのカバー工法

 色はシェイドブラックです。晴れた日の太陽光線を浴びると鮮やかに非常にスタイリッシュな印象となります。私たち街の屋根やさんではご相談からの現状調査、工事提案や施工までお客様のご要望にお応えし工事を進めさせて頂いております。新型コロナウィルス対策も引き続き行っております。皆様もお気軽にご相談下さい。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      板橋区赤塚のスレート屋根の住宅をIGスーパーガルテクトを使用しカバー工事を行いました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      狛江市東和泉でセキスイかわらUを撤去した後、スーパーガルテクトで葺き替え工事いたしました

      【施工内容】

      スレート屋根工事、屋根葺き替え、屋根カバー工法

      葛飾区立石で急勾配コロニアル屋根にIG工業スーパーガルテクトを使って屋根カバー工事を行いました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雪止め設置、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区西瑞江でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      葛飾区堀切で台風被害で破損したコロニアル屋根の棟板金を修理交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る