無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 練馬区大泉学園町で瓦屋根からリッジウェイへの葺き替え工事を行.....

練馬区大泉学園町で瓦屋根からリッジウェイへの葺き替え工事を行いました

【施工前】
瓦屋根の状態

【施工後】
アスファルトシングルへの葺替え後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 練馬区大泉学園町にご実家があるS様より、実家を賃貸に出すに当たって屋根の点検をしてほしいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のキッカケでした。

 もともとはご両親がお住いになっていたそうですが、ご高齢のため2階にはほとんど上がられていなかったとのこと。様子を拝見すると2階の部屋は雨漏りを起こしているようでした。押入れの点検口から屋根裏を覗いてみると、外の光がちらほらと見えている状態で、間違いなく屋根に穴が空いてしまっている状況でした。

 スレートの屋根も瓦の屋根もどちらも、屋根の下には防水紙と呼ばれる雨漏りを防ぐ最後の砦があるのですが、ここに穴が空いてしまうと雨漏りを起こしてしまいます。今回の屋根は瓦屋根だったので、瓦を一度全て降ろして、防水紙を交換して瓦をもとに戻す葺き直し工事という選択肢もありますが、建物が古くなってきていることも考慮し、より軽い屋根材であるアスファルトシングルの「リッジウェイ」に葺き替えることにいたしました。

 瓦棒葺きの屋根も合わさっている構造でしたが、こちらの屋根も葺き替えとし、稲垣商事の「スタンビー」に葺き替えました。この部分は勾配が2寸ほどしかない緩勾配となっており、アスファルトシングルなどを葺いた場合水はけが悪く雨漏りの原因になってしまいます。緩勾配の屋根には金属屋根を葺かなければならないと思っていただければわかりやすいかと思います。

 工事も無事に終わり、オシャレな屋根に生まれ変わりました。屋根の全体的な工事をしたことで、雨漏りの心配もなくなりました。
 練馬区大泉学園町にご実家があるS様より、実家を賃貸に出すに当たって屋根の点検をしてほしいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のキッカケでした。

 もともとはご両親がお住いになっていたそうですが、ご高齢のため2階にはほとんど上がられていなかったとのこと。様子を拝見すると2階の部屋は雨漏りを起こしているようでした。押入れの点検口から屋根裏を覗いてみると、外の光がちらほらと見えている状態で、間違いなく屋根に穴が空いてしまっている状況でした。

 スレートの屋根も瓦の屋根もどちらも、屋根の下には防水紙と呼ばれる雨漏りを防ぐ最後の砦があるのですが、ここに穴が空いてしまうと雨漏りを起こしてしまいます。今回の屋根は瓦屋根だったので、瓦を一度全て降ろして、防水紙を交換して瓦をもとに戻す葺き直し工事という選択肢もありますが、建物が古くなってきていることも考慮し、より軽い屋根材であるアスファルトシングルの「リッジウェイ」に葺き替えることにいたしました。

 瓦棒葺きの屋根も合わさっている構造でしたが、こちらの屋根も葺き替えとし、稲垣商事の「スタンビー」に葺き替えました。この部分は勾配が2寸ほどしかない緩勾配となっており、アスファルトシングルなどを葺いた場合水はけが悪く雨漏りの原因になってしまいます。緩勾配の屋根には金属屋根を葺かなければならないと思っていただければわかりやすいかと思います。

 工事も無事に終わり、オシャレな屋根に生まれ変わりました。屋根の全体的な工事をしたことで、雨漏りの心配もなくなりました。


担当:高田


【工事内容】
瓦屋根工事 アスファルトシングル屋根工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
旭ファイバーグラス リッジウェイ
施工期間
5日間
築年数
40年
平米数
61.1㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
【工事内容】
瓦屋根工事 アスファルトシングル屋根工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
旭ファイバーグラス リッジウェイ
施工期間
5日間
築年数
40年
平米数
61.1㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
足場アイコン屋根葺き替え

室内側からの雨漏りを確認

天井の雨染み 雨漏り跡

 練馬区大泉学園町で、ご実家の雨漏りにお困りのS様よりお問い合わせをいただいたことが今回の工事のキッカケです。もともとはご両親がお住まいになられていたとのことですが、ご高齢のためほとんど2階に上がる機会がなかったとのこと。お部屋を拝見すると、2回の天井にいくつか雨染みが確認できました。間違いなく雨漏りを起こしている様子でした。

 雨漏りは自然に直ることは決してなく、一度起こってしまえば被害が拡大していく一方となってしまいます。被害が拡大すればその分だけ補修にかかる費用もかさんでいくため、早め早めの対応が重要になってきます。

 押入れの天井が開いて中の屋根裏の様子が確認できたので、内部を点検させていただくと、外からの光が漏れていました。屋根は瓦屋根でしたが、屋根裏から外の光が見えることは明らかに屋根に穴が空いている証拠です。詳しく状況を確認するため、屋根の上にも登らせていただきました。

屋根に登って瓦屋根を点検

瓦をどかして点検 防水紙のめくれを確認

 屋根は瓦屋根なので、防水紙の点検が直ぐにできます。スレート屋根などの屋根材を屋根に直接打ち付けるタイプの屋根になると、屋根材を剥がさない限りは中を見ることができず、剥がせば穴が空いてしまうのでそもそも屋根がだめになってしまいます。このように屋根を傷めることなく点検ができる点は瓦屋根のメリットだといえます。

 先程の中からの点検で外の光が漏れていた付近の河原を外してみました。すると、写真のように防水紙が捲れて中の野地板が直接見えてしまっている状態でした。この板の下は直ぐに屋根裏となるため、ここに水を垂らせばあっという間に部屋の中に水が侵入してしまいます。ほとんど屋根としての機能を果たしてないと言っても過言ではないでしょう。この状態を修理するとなれば、一時的に穴を塞いだとしてもその他の場所も等しく劣化をしているので、また直ぐに雨漏りを起こす可能性があり根本的な解決にはなりません。となると、全体的なメンテナンスを行うしか選択肢がない状況です。瓦そのものが傷んでいるわけではないので、防水紙のみを全て交換する選択肢もありますが、瓦を一度全て撤去して、施工完了後に再度吹き直す必要があるため、葺き替え工事とあまり差のない金額での工事となります。

 「瓦屋根」にこだわりがあれば葺き直し、そうでないのであれば葺き替え工事がおすすめとなります。この点をS様とご相談させていただいたところ、建物の老朽化もあるので重い瓦屋根よりも新しくて軽い屋根材にしたいとのことでしたので、デザイン性が良く価格もリーズナブルなアスファルトシングルの屋根材である「リッジウェイ」での葺き替えを行うことになりました。

瓦からアスファルトシングル(リッジウェイ)への葺き替え開始

工事前の屋根 瓦撤去中の屋根

 瓦からアスファルトシングル屋根への葺き替え工事が着工となりました。まずは全面に足場を組ませていただきます。廃材や荷物の上げ下げに使うのはもちろんですが、荷物置き場になったり、万が一屋根から滑り落ちたの場合の命綱になるなど、屋根工事では必須のものです。

 着工とともに既存の瓦屋根を撤去していきます。屈強な職人たちが作業しているので軽いようにも見えますが、実は瓦は1枚約3キロの重量がありズシッとした重みを感じます。風などで簡単に飛ばされないことを思えば納得の重さですが、これを全て剥がして足場から下に降ろして行くのですから相当な労力であることがおわかりいただけることでしょう。

掃除もしながら不要となる部分を撤去していきます

清掃しながら作業 防水紙がめくれていた

 瓦をすべて剥がすと、瓦がズレ落ちないために取り付けられていた瓦桟(かわらざん)や防水紙を見ることができます。長年掃除をするわけでもないので、隙間などから侵入した土などの堆積も多く確認できます。このまま作業を続けると土埃が舞い、近隣の方々へのご迷惑にもなってしまうので、掃除をはさみながらの作業となります。細かい点にもしっかりと気を配って作業いたします。

 右の写真では防水紙の状態がよくわかりますが、最初に点検でみた捲れはほんの一部で、ずっと横に続いているものでした。この状態では雨漏りを起こしてしまうのも納得と言わざるを得ません。瓦桟や既存の防水紙は今回の工事では不要となるため、併せて撤去していきます。

防水紙も撤去して、野地のバラ板が出てきました

ばら板の屋根 バラ板の屋根のアップ

 瓦桟と防水紙を撤去すると、野地が出てきました。この野地の下は直ぐに屋根裏となっております。最近の家の野地は野地板と言われる大きな板を貼って造られていますが、今回のお住いは古いお住いということもあって、昔の家でよく見かけるバラ板と言われる野地が使われていました。バラ板は文字通りバラバラの細い板を張り合わせて造る野地です。スカスカに感じるかも知れませんが、バラ板は敢えてこのような造りをしています。というのも、屋根の中に溜まった湿気などを排出できるようになっているからです。野地板のお住まいで雨漏りを起こすと湿気が抜けずに被害が大きくなることがよくありますが、このバラ板の場合は雨漏りが乾きやすく、被害が大きくなりにくいメリットがあります。

野地板を張り合わせて強度を増していきます

野地板貼り合わせ作業中

 バラ板のままでは通気性はいいのですが強度に不安が残ります。また、バラ板に新しい屋根材を施工しようとしても、釘が隙間に入ってしまえば効かなくなってしまいます。そこで、補強と施工の安全性・効率を考慮して葺き替え工事では基本的に野地板を増し貼りして下地を整えます。屋根の強度も上がり、より丈夫な屋根になります。このように見ると新築のような気持ちになりますね。

防水の要であるルーフィング(防水紙)を貼っていきます

防水紙施工 防水紙取り付け作業

 野地板の施工が終わったら、屋根の防水の要である防水紙を取り付けていきます。防水「紙」と書きますが、素材は紙ではなくアスファルトやフェルトを使ったものが使われ、ルーフィングとも呼びます。先述したように、屋根は表に見えている屋根材で雨を完全に防ぐことは前提としておらず、この防水紙が最終的に屋根の中に入る水を防ぐことによって雨漏りを防いでいます。正に防水の要といえる存在です。逆を言えば、この防水紙の施工に問題があれば雨漏りを起こすことになります。正しい施工方法でしっかりと仕上げていきます。

 防水紙は軒先から棟に向かって重ねて施工していくことが必要です。水は上から下に流れていくので、防水紙をこの手順で重ねていかなければ隙間に水が入る構造になってしまうからです。細かい点かもしれませんが、細かい点に気を配ることがより良い工事につながっていきます。

アスファルトシングル屋根材のリッジウェイを葺きます

アスファルトシングル葺き リッジウェイ葺き

 防水紙の施工が終われば、ケラバなどの端の板金施工を行い、いよいよ屋根を葺いていきます。今回使う屋根材は旭ファイバーグラスのアスファルトシングル屋根「リッジウェイ」です。スレートや瓦屋根の知名度は高くなっていますが、アスファルトシングルと聞くとなかなか耳にする機会はないかも知れません。日本人には馴染みがないですが、実はアメリカでは80%以上のシェアを誇る代表的な屋根材です。柔軟に曲がるので施工性が良く、表面に吹き付けられた石粒のおかげで雨音も小さく、瓦屋根に比べると1/4の重さで軽い屋根です。そしてなんと言っても西洋風な見た目がとてもオシャレなのが特徴です。最近の新築の家などではよく見かけるようになってきたので、これから日本でもメジャーな屋根材になっていくのかもしれません。

きれいでオシャレな屋根に生まれ変わりました

リッジウェイになりました リッジウェイ葺き

 施工が無事に完了し、瓦屋根からアスファルトシングル屋根への葺き替え工事が完了しました。瓦屋根よりも1/4以上軽くなり、建物への負担も少なくなりました。見た目もオシャレな仕上がりで、今風の家といった佇まいです。問題となっていた雨漏りについても、防水紙も全て新しく施行し直したので解決となりました。きれいに生まれ変わった屋根を、S様にもご満足いただけました。

屋根のことなら街の屋根やさんへお任せください

リッジウェイ完工

 私たち街の屋根やさんでは、点検からお見積りまでの対応は無料で実施しております。屋根のことで心配事や気になることがあれば、お気軽にご相談いただければと思います。屋根の上は大変危険なので、訓練を積んだスタッフたちにおまかせくださいませ。

 世界中で感染拡大の続く新型コロナウィルスへの感染対策として、手指の消毒やマスクの着用を徹底して実施中です。現地調査などではご自宅にお伺いすることもございますが、適切な距離を意識して感染対策にも力を入れておりますので、ご安心いただければ幸いです。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行なったS様のご感想をご紹介いたします

S様のアンケート

【工事前】

工事前お客様写真

工事前アンケート

Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
実家のリフォームをしようとしたら雨もりかしょがあり、屋根を塗装したり修理した上でリフォームするとのことだったので
Q2.街の屋根やさんをどのように探しましたか?
携帯で屋根の工事を検索したら出てきました。
Q3.街の屋根やさんを知りすぐにお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
屋根の状態を実際に見て頂きたかったので、すぐに問合せをしました。
Q4.何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせを頂きましたか?
携帯でさがし一番わかりやすくて見やすいホームページだったので。保証もあり信頼できると思いました。
Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
とても丁寧にわかりやすく説明して頂きました。費用の面も大体この位かかると教えて頂きました。

【工事後】

工事後アンケート

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
修繕箇所を調査して頂き、しっかりと直して頂きたい。
Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
携帯で検索し、一番わかりやすくて見やすいホームページでした。
Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
担当の方がとても丁寧に対応して下さりわかりやすく何度も説明して頂き信頼できたので。
Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
修繕箇所をすみずみまで指摘して頂きなおして頂きました。とてもきれいに屋根を葺き替えて頂き、また塗装までして頂き大変満足しております。ありがとうございました。
Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
信頼できる 親切、丁寧なところなのでおすすめです。

S様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
柔らかな陰影が魅力のアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」

柔らかな陰影が魅力のアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」

 アメリカの住宅の80%以上に使用されているというアスファルトシングル。表面の粒状彩色石による陰影とグラデーションは屋根をとても素敵に彩ります。お家が洋風で、オシャレな屋根にしたいという方にお勧めなのがアスファルトシングルの屋根材「リッジウェイ」です。 【動画で確認「リッジウェイ」】 長い文章のペ…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      中野区若宮で雨漏りで崩れた瓦屋根を下地を作り直して葺き直し工事をおこないました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      江戸川区北葛西で瓦屋根から金属屋根への葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

      豊島区駒込で台風被害で破損したドーム型天窓カバーの交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、天窓工事

      練馬区豊玉上にてウレタン塗膜防水で雨漏りを改善、今後の雨漏り防止として外壁タイルの目地シーリング補修も実施

      【施工内容】

      防水工事、屋根塗装

      練馬区大泉学園町で台風被害にあった雨樋を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る