無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区北小岩でニチハのパミール製の屋根をスーパーガルテクト.....

江戸川区北小岩でニチハのパミール製の屋根をスーパーガルテクトを使用しての屋根カバー工事

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区北小岩で築年数18年のお住まいの屋根カバー工事を施工させて頂きました。そもそもの始まりは屋根材の落下による修繕のご相談がきっかけとなります。先ずはその修繕について部分的な施工の方法のお問い合わせと共に、更に年数的にも全体施工の頃合いとご認識されておりましたので、全体施工の方も同時に考えたいとのご相談内容となりました。

 やはり部分的な修繕も一つの方法では有りますが、当然屋根工事ともなると足場仮設が前提での施工となります。特に年数的な面で考えると、そう遠くない将来に全体施工のタイミングはやってくるとも言えます。足場をその都度で建てる事ともなると、費用面とご近隣様へのご協力要請も増える事に繋がり、全体施工で一時に済ませてしまう事がベストである事をご説明させて頂きました。

 ですので、今回屋根全体の工事を行う方向となり、使用している建材がニチハのパミールでしたので、屋根カバー工事のご提案をさせて頂きました。ご提案させて頂いた新規の屋根材はアイジー工業製のスーパーガルテクトとなります。こちらの屋根材は断熱材入りのガルバリム鋼板の屋根材です。今回はその施工の流れをご紹介致します。
 江戸川区北小岩で築年数18年のお住まいの屋根カバー工事を施工させて頂きました。そもそもの始まりは屋根材の落下による修繕のご相談がきっかけとなります。先ずはその修繕について部分的な施工の方法のお問い合わせと共に、更に年数的にも全体施工の頃合いとご認識されておりましたので、全体施工の方も同時に考えたいとのご相談内容となりました。

 やはり部分的な修繕も一つの方法では有りますが、当然屋根工事ともなると足場仮設が前提での施工となります。特に年数的な面で考えると、そう遠くない将来に全体施工のタイミングはやってくるとも言えます。足場をその都度で建てる事ともなると、費用面とご近隣様へのご協力要請も増える事に繋がり、全体施工で一時に済ませてしまう事がベストである事をご説明させて頂きました。

 ですので、今回屋根全体の工事を行う方向となり、使用している建材がニチハのパミールでしたので、屋根カバー工事のご提案をさせて頂きました。ご提案させて頂いた新規の屋根材はアイジー工業製のスーパーガルテクトとなります。こちらの屋根材は断熱材入りのガルバリム鋼板の屋根材です。今回はその施工の流れをご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
屋根カバー工法 天窓工事
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
足場設置から足場撤去まで10日間
築年数
18年
平米数
54㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
N様邸
保証年数
10年
【工事内容】
屋根カバー工法 天窓工事
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
足場設置から足場撤去まで10日間
築年数
18年
平米数
54㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
N様邸
保証年数
10年
足場アイコン屋根足場アイコン火災保険アイコン屋根カバー工事

現地調査の様子

パミール屋根の落下

 こちらが現地調査の様子です。ドローンによる空撮での確認となりました。丸で囲った部分の屋根材が落下している状況が判ります。その他の部分に関しては落下等は発生していない事を確認致しましたが、所々に白く変色している場所が見受けられます。この症状は屋根材の剥離の症状が発生していると想定されます。これはニチハのパミールならではの目に見える症状です。

屋根材が割れて落下

屋根材が割れて落下した模様 落下した屋根材

 落下した屋根材を保管されていましたのでそれも確認致しました。状況的には割れが発生し、強風の煽りで落下してしまったものと考えられます。実際にお客様より強風後に落下した事も仰っておりましたので、こちらの部分的な修繕については火災保険の申請を行い直していく方向でお話を進めて参りました。飽くまでも火災保険は被災を受けた箇所の修繕工事のみが対象です。但し部分工事とは言え屋根工事ともなると足場仮設は必須です。更にこちらのお住まいは屋根勾配がきつく急勾配となる為、屋根用足場も必要です。よってその足場費用と、被災箇所から上部の部分葺き替え工事が保険申請の対象と成ります。

表面剥離も見られます

築18年のパミール屋根 表面剥離が見られます

 お客様より部分的な修繕と併せて全体的な施工も視野に入れているとのお話を頂きました。年数的にも20年近く経過していることも有り、いずれはやらなければならないとの意向もお話されておりました。実際屋根全体的にもこのような表面剥離の症状も多数出ています。パミールの場合、この表面剥離が発生してしまう建材ですので塗装工事では無く屋根葺き替え工事屋根カバー工事がメンテナンスの方法となる事をお伝え致しました。

屋根カバー工法で施工致します

屋根カバー施工前のパミール屋根

 ご検討の結果、屋根のカバー工事を進めて行く事となりました。更に今回トップライトについても窓に割れも入っており、場合によってはこの先の雨漏りのリスクも懸念されておりましたので、トップライトを撤去しての施工もご依頼頂きました。これで工事の方向性も明確になり、施工に当たり使用していく材料もアイジー工業のスーパーガルテクトで決まりました。

工事の開始、今回は屋根足場も設置します

屋根足場の設置 急勾配屋根には屋根足場

 足場仮設から工事スタートです。急勾配屋根となりますので屋根用足場も設置致しました。この足場を使用しながら職人さんの安全対策を講じて作業を進めて参ります。

棟板金等の撤去

棟板金撤去作業 撤去した板金は廃材処分

 カバー工事おける屋根作業の方は、先ず棟板金や雪止めの撤去となります。既存屋根へのカバーとなる施工法ですので、突起となる部分の建材を撤去し屋根をフラットにしていく必要があります。撤去した棟板金や貫板はこの様に変色や劣化があるので、これらの建材についても新たな材料に交換となります。

コーナー役物の取り付け

ケラバ板金の長さ調整 ケラバ、唐草の取付

 屋根をフラットにしたところで新たな建材の取り付けです。屋根の縁廻りとなる屋根側面際のケラバや軒先の唐草の設置となります。これらは総称して役物と呼ばれますサイズに合わせてカットし、このように既存屋根の縁廻りに取り付けて参ります。

屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトを使用

スーパーガルテクトを使用

 本体の屋根材はこのスーパーガルテクトです。アイジー工業社製の断熱材入りの耐久性と共に快適性にも優れた材料です。こちらのお宅ではグレー系の色となるシェイドチャコールの色を選ばれました。スーパーガルテクトにはこのチャコールと共にブラック、ブラウン、ブルー、モスグリーンの5色があります。

防水シートは粘着式の改質アスファルトルーフィング

粘着式の改質アスファルトルーフィング 防水シートの敷設

 防水シートについては粘着タイプの物を使用致します。カバー工事の場合、葺き替え工事とは異なりタッカーによる取り付けが出来ませんので、この粘着式の物を使用致します。更に改質アスファルトルーフィングの使用となり、こちらについても耐久性が見込める材料となります。

唐草、ケラバに重ねる様に敷設していきます

防水シートの敷設

 唐草やケラバの取り付け部分に重ねる様に防水シートの敷設を行います。こう言った施工についてもしっかりと手順通りに実施する事が重要です。

急勾配の為、防水シートと屋根材を同時に取り付けて行きます

スターターからガルテクトを取り付け開始 ガルテクトをビス止め

 いよいよスーパーガルテクトによる重ね葺きとなります。下から順に葺いていきます。取り付けとしてはスターターと呼ばれる改修用唐草に屋根材の下部を咬ませて、上部をビス止めしていく形となります。これを下から順に葺いていく事で強度のある屋根の取り付けとなっていきます。

屋根葺き作業

スーパーガルテクトのカバー葺き作業 もう一段で屋根葺き完了です

 今回勾配が強い屋根でしたので、防水シートを敷設し同時に屋根材を取り付けて行く方法となりました。作業も順調に進み屋根葺き作業ももう一息となります。

屋根葺きが一区切りしました

屋根葺き作業から棟の取り付けへ

 急勾配で所々で職人さんも苦労しておりましたが各面の屋根葺きもあらかた終わり、残すは天窓周りのエリアの施工へと進んで行きます。

天窓撤去の施工

天窓の撤去 垂木を入れます

 既存天窓を撤去します。撤去に当たりこの周りの既存の屋根材は撤去を伴います。更に天窓周りの水切り板金も剥がした上、このように天窓を閉鎖する部分に垂木を入れて、下地を作って参ります。

新規野地板による天窓の封鎖

野地板で天窓を封鎖 ベニヤを貼り既存屋根との高さ調整

 その下地に新たな野地板を取り付けてこれで天窓を塞ぎました。更に屋根材を剥がしている部分に付いては周りと段差が生じますので、その高さに合わせたベニヤを貼り段差が生じない様に処置して行きました。

天窓の面のカバー施工

天窓封鎖後の防水紙の敷設 屋根カバー施工で天窓閉鎖

 あとは同じ施工となります。防水シートを敷設しスーパーガルテクトを下から順に葺いて参ります。ここまで施工が終われば後は仕上げ処理で完成です。

棟板金取付で仕上げ処理

樹脂製貫板の取り付け 棟板金を被せて完成

 棟板金の取り付けが最終の仕上げ工程となります。従来の木製の貫板では無くプラスティック樹脂製の貫板を使用していきます。木製の貫板は最初にご覧頂いた通り、年数の経過と共にどうしても腐食して弱ってしまいます。その点この樹脂製貫板は腐食の心配はありません。新設した樹脂製貫板に新しい棟板金を被せて作業は終了となります。

工事の完了です

カバー工事の完成

 無事棟も納まりこれで施工の完了となります。屋根材の色はグレー系のシェイドチャコールカラーとなり、落ち着きのあるいい色合いに仕上がりました。

シェイドチャコールのスーパーガルテクト

 屋根足場が有るので少々見えづらいですが、対面側の方もしっかりと納まり工事の方は問題なく終えられました。

光に反射するスーパーガルテクト

 急勾配で屋根足場を活用しながらの施工で職人さんも悪戦苦闘した部分も有りましたが、無事工事の方も終了です。光に反射してスーパーガルテクトが輝いている様に見えます。

屋根カバー工事の終了

 私たち街の屋根やさんではこのような全体的なカバー施工や葺き替え工事を始め、部分的な修繕工事も施工させて頂いております。新型コロナウィルス対策も採りながら万全を期して取り組ませて頂いております。皆様も屋根工事、修繕のご相談がございましたらお気軽にお声掛け下さい

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      板橋区赤塚のスレート屋根の住宅をIGスーパーガルテクトを使用しカバー工事を行いました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      狛江市東和泉でセキスイかわらUを撤去した後、スーパーガルテクトで葺き替え工事いたしました

      【施工内容】

      スレート屋根工事、屋根葺き替え、屋根カバー工法

      葛飾区立石で急勾配コロニアル屋根にIG工業スーパーガルテクトを使って屋根カバー工事を行いました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雪止め設置、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区西瑞江でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      葛飾区堀切で台風被害で破損したコロニアル屋根の棟板金を修理交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る