無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 練馬区大泉学園町で台風被害にあった雨樋を火災保険で交換工事し.....

練馬区大泉学園町で台風被害にあった雨樋を火災保険で交換工事しました

【施工前】
施工前の呼び樋

【施工後】
施工後の呼び樋

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 練馬区大泉学園町にお住まいのH様より、2019年の台風19号(令和元年東日本台風)の被害で雨樋が破損したので、確認に来てほしいとお問い合わせをいただいたのが今回の工事のキッカケでした。

 現地にお伺いしてみると、2階から1階の雨樋へ斜めに接続する雨樋がまるごと無くなっている状態でした。ちなみに、この斜めに接続する雨樋のことは呼び樋(よびどい)と言います。無くなった部分は台風の風に飛ばされてどこにいったかわからないとのことで、台風の風の強さを感じる一幕でした。H様はそのままお見積りをお願いするつもりだったようですが、この場合、火災保険に加入されていれば自然災害の「風災」として申請を出せる可能性が高くなってきます。そのため、一度H様にご加入の火災保険会社にご確認いただいたところ申請対象とのことでしたので、火災保険に申請して結果を待ってから修理する運びとなりました。

 火災保険会社の申請が立て込んでいたのか理由は定かではありませんが、申請から2ヶ月ほど経ってからようやく保険金が下りました。申請金の満額が折りたため、自己負担0円での嬉しい工事となりました。ある程度の出費は仕方ないと考えていたH様でしたが、火災保険が利用できてよかったと喜んでいただけました。
 練馬区大泉学園町にお住まいのH様より、2019年の台風19号(令和元年東日本台風)の被害で雨樋が破損したので、確認に来てほしいとお問い合わせをいただいたのが今回の工事のキッカケでした。

 現地にお伺いしてみると、2階から1階の雨樋へ斜めに接続する雨樋がまるごと無くなっている状態でした。ちなみに、この斜めに接続する雨樋のことは呼び樋(よびどい)と言います。無くなった部分は台風の風に飛ばされてどこにいったかわからないとのことで、台風の風の強さを感じる一幕でした。H様はそのままお見積りをお願いするつもりだったようですが、この場合、火災保険に加入されていれば自然災害の「風災」として申請を出せる可能性が高くなってきます。そのため、一度H様にご加入の火災保険会社にご確認いただいたところ申請対象とのことでしたので、火災保険に申請して結果を待ってから修理する運びとなりました。

 火災保険会社の申請が立て込んでいたのか理由は定かではありませんが、申請から2ヶ月ほど経ってからようやく保険金が下りました。申請金の満額が折りたため、自己負担0円での嬉しい工事となりました。ある程度の出費は仕方ないと考えていたH様でしたが、火災保険が利用できてよかったと喜んでいただけました。


担当:高田


【工事内容】
雨樋交換
【工事詳細】
使用材料
パナソニック S30
施工期間
1日
築年数
10年
平米数
長さ:1m
施工金額
お問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません
【工事内容】
雨樋交換
【工事詳細】
使用材料
パナソニック S30
施工期間
1日
築年数
10年
平米数
長さ:1m
施工金額
お問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません
台風アイコン雨樋交換

台風被害で外れた呼び樋

呼び樋が外れた箇所

 練馬区大泉学園町にお住まいのH様より、2019年の台風19号(令和元年東日本台風)の被害で雨樋が破損してしまったので、修理のために状況を確認しに来て欲しいとお問い合わせをいただいたことが、今回の工事のきっかけでした。現地にお伺いすると、写真のような状況となっており、2階から流れてきた雨水を1階の樋に流すための斜めの雨樋である呼び樋(よびどい)が外れてしまっています。外れた呼び樋の所在をお伺いすると、台風で飛ばされたあと、どこに行ってしまったのかわからない状況とのことでした。1m近くある樋がどこになったか分からなくなるほどの大きい台風であったことがわかります。

雨樋が無くなったことで外壁に汚れが付いてしまっていました

雨樋が外れたことによる汚れ 雨水による外壁の汚れ

 樋が外れたことによって、それ以降の雨水が全て外壁を伝ってしまい、汚れが目立つようになってしまっていました。集中的に雨水が流れたことによって外壁の防水性能の低下を招いたことも原因と考えられます。雨樋は外壁に雨水が伝うことを防止して美観を保つ役割もあるので、このような状況を見れば雨樋の重要性を感じていただきやすいかと思います。外壁は通常であれば防水性能がありますが、築年数の経過などによって劣化し、性能が衰えて来ます。外壁を触ったら手が白くなるチョーキング現象や、苔の付着などもその衰えを確認する目安となります。よく高圧洗浄で綺麗にすればそれで。と、ご意見をいただくこともありますが、防水性能の低下が汚れの原因となれば、直ぐに再発してあまり意味のない対策であるとご理解いただけるかと思います。もし外壁も綺麗にするのであれば外壁塗装がオススメです。

型式を確認して、廃盤品ではないことを確認

ナショナルの樋 型式はS30

 話が少しそれましたが、雨樋の確認に戻ります。部分交換を行う際は、既存の雨樋のメーカーや型番の情報が重要になります。同じ型番か同じ大きさの後継品でなければサイズが合わずに部分交換ができないからです。もし既存の雨樋が廃盤品であれば、部分交換不可で壊れた雨樋とつながっている部分は全交換となってしまいます。今回の雨樋はナショナルのS30という雨樋でした。ナショナルは現在ではパナソニックという社名に変更されていますが、幸い、S30という型の雨樋は現在でも取り扱っています。これなら部分交換も問題なく可能です。

火災保険を使って修理しました

呼び樋修理完了

 H様はそのまま修理するおつもりだったようですが、お伺いすると火災保険に加入されているとのことでした。火災保険はその名前から、火災による被害に限定した保険と勘違いされている方が多いのですが、ほとんどの会社で積雪による雪害や強風による風害など自然災害も広くカバーしている内容が多くなっています。詳しい保証内容についてはご加入の保険会社に確認いただく必要がありますが、H様の加入されていた火災保険も風災に対応していたため、保険を申請して申請結果を待ってから工事に進む方向性といたしました。

 一般的には二週間ほどで結果が出ることが多いのですが、今回は保険会社さんの方で申請が立て込んでいたのか、結果が出るまで2ヶ月近くかかってしまいました。珍しいケースですが、そのような場合もあると念頭においていただければ幸いです。何はともあれ、申請した工事金額の全額が保険で下りることが確定したため工事に進み、無事に補修工事が完了しました。綺麗に直っていることが写真からもおわかりかと思います。

状況から判断し、足場の設置もせずに修理いたしました

呼び樋のエルボ 呼び樋から竪樋への接続

 今回の呼び樋は2階から1階への接続部分のみの破損で、高さは3m程の位置でした。基本的に安全基準に沿えば2m以上の高さでの作業には足場が必要となります。しかしながら今回のケースでは脚立を広げる十分なスペースがあることと、高さが脚立でも届く範囲で小規模の工事という条件が揃っていたため、足場を組まずに脚立のみでの工事とさせていただきました。条件が揃うことは稀ではございますが、足場を組めば片面だけでも10万円前後の足場代がかかることを考えると費用が安くなるに越したことはありません。なるべくご希望に沿った工事になるよう頑張らせていただきますが、足場が必要な場合がほとんどですので何卒ご理解をいただければ幸いです。

 当初、工事費用がかかってしまうことを心配されていたH様ですが、火災保険で全額の工事費が下りて手出し0円での工事ができたとあって、とても喜んでいただけました。火災保険の申請を交えた工事も多数承っておりますので、同じような状況の方がいらっしゃればお気軽にご相談いただければと思います。

 私たち街の屋根やさんでは、感染拡大が続く新型コロナウィルスへの感染対策としてマスクの着用や手指の消毒を徹底して実施しております。お問い合わせの際はご安心していただければと思います。

工事を行なったH様のご感想をご紹介いたします

H様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風により雨どいがはずれてしまいかべが黒ずんでしまったので
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネットです
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
見積もり後で出る金額など
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
評判が良さそうだったから
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
とても感じがよくて、ていねいに説明してもらえてよかった。

H様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!

街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!

 日頃、意識することは殆どありませんが、屋根は毎日、私たちの生活を守るという大役を繰り返しています。 風に曝され、砂埃を叩きつけられ、紫外線を照らされ続け、雨を浴び、夏は暑さ、冬は寒さ... 屋根がとれだけ頑張っているか分かるでしょうか。 実は毎日かなりの負担を強いられているのです。 ご近所のお住ま…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やお住まいに取り付けられているどの部分が雨樋なのかきっと知っていらっしゃいますよね。ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けら…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      目黒区柿の木坂で強風で破損した竪樋を火災保険の風災を適用して元通りに直します

      【施工内容】

      雨樋交換

      世田谷区東玉川で雪害にあった雨樋の交換工事が完了しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      狛江市岩戸南で強風で破損した3階建ての雨樋は火災保険で直します

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

      豊島区南長崎で強風で剥がれたALC外壁に貼られた金属サイデイングの貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      ガルバリウム鋼板、その他の工事

      豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にもなる7寸丸に積み替えました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金交換工事、台風被害により火災保険を使用しての施工となります

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る