無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしま.....

調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

【施工前】
施工前のボロボロの軒天

【施工後】
施工後のきれいな軒天

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 調布市西つつじケ丘にお住まいのT様より、2階の軒天が剥がれて来ているので調査をお願いしたいとお問い合わせをいただいたことが、今回の工事のきっかけでした。
 地上から2階の屋根を見上げると軒天が僅かに見えている状態で、目視できる部分の軒天が剥がれていました。奥行きがある構造でしたが、地上からでは手前の軒天しか確認できず、梯子で屋根に登って調査させていただいたところ、奥の軒天も総じて剥がれており、中には穴が空いている部分もありました。
 軒天に穴が空くと、強風が屋根の内部に吹き込んで雨を伴えば雨漏りの原因となったり、屋根そのものが飛んでしまう恐れもあります。また、野鳥やハクビシンなどの動物が潜むにはとても良い環境なので巣を作られてしまうこともあります。いずれにせよ、早め早めの対処が大事になってきます。
 T様のご要望をお伺いすると、築30年以上が経ち、家そのものの存続も考えている状態なのでなるべく安い補修プランで工事できないかとご相談がございました。軒天補修工事は壊れた軒天部分に湿気に強いケイカル版を貼って再度塗装する補修工事や、既に色の付いたベニヤ板を張り合わせて補修する工事などがありますが、今回のご要望に合わせてより安価な後者の工事で進めることになりました。また、2m以上の高所作業は基本的に足場を必要としますが、今回の軒天はすぐ下に屋根があり足場を確保できる状態であったため、足場の仮設はせずにより安く工事を行いました。
 工事後はきれいな軒天となり、T様にもご満足いただけました。
 調布市西つつじケ丘にお住まいのT様より、2階の軒天が剥がれて来ているので調査をお願いしたいとお問い合わせをいただいたことが、今回の工事のきっかけでした。
 地上から2階の屋根を見上げると軒天が僅かに見えている状態で、目視できる部分の軒天が剥がれていました。奥行きがある構造でしたが、地上からでは手前の軒天しか確認できず、梯子で屋根に登って調査させていただいたところ、奥の軒天も総じて剥がれており、中には穴が空いている部分もありました。
 軒天に穴が空くと、強風が屋根の内部に吹き込んで雨を伴えば雨漏りの原因となったり、屋根そのものが飛んでしまう恐れもあります。また、野鳥やハクビシンなどの動物が潜むにはとても良い環境なので巣を作られてしまうこともあります。いずれにせよ、早め早めの対処が大事になってきます。
 T様のご要望をお伺いすると、築30年以上が経ち、家そのものの存続も考えている状態なのでなるべく安い補修プランで工事できないかとご相談がございました。軒天補修工事は壊れた軒天部分に湿気に強いケイカル版を貼って再度塗装する補修工事や、既に色の付いたベニヤ板を張り合わせて補修する工事などがありますが、今回のご要望に合わせてより安価な後者の工事で進めることになりました。また、2m以上の高所作業は基本的に足場を必要としますが、今回の軒天はすぐ下に屋根があり足場を確保できる状態であったため、足場の仮設はせずにより安く工事を行いました。
 工事後はきれいな軒天となり、T様にもご満足いただけました。


担当:高田


【工事内容】
破風板・軒天部分補修
【工事詳細】
使用材料
カラーベニヤ(ホワイト)
施工期間
1日
築年数
30年
平米数
2.1㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません
【工事内容】
破風板・軒天部分補修
【工事詳細】
使用材料
カラーベニヤ(ホワイト)
施工期間
1日
築年数
30年
平米数
2.1㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません
破風板・軒天部分補修

軒天が剥がれて地上からも傷み具合が確認できた

ベニヤが剥がれた軒天 穴が空いた軒天

 調布市西つつじケ丘にお住まいのT様より、2階の軒天が剥がれて来ているので調査をお願いしたいとお問い合わせをいただいたことが、今回の工事のきっかけでした。
地上から2階の屋根を見上げると軒天が僅かに見えている状態で、目視できる部分の軒天が写真のように剥がれていました。奥行きがある構造でしたが、地上からでは手前の軒天しか確認できず奥の軒天がどうなっているかわかりません。そのため、梯子を屋根にかけて登らせていただき、奥の軒天も確認しました。すると、目視できていた軒天と同様に表面が剥がれており、中には穴が空いている部分もございました。

ぼろぼろになった軒天 1階の軒天もボロボロ

 軒天に穴が空いてしまうと、強風の際に雨水が吹き込んで雨漏りの原因となったり、最悪の場合屋根そのものが飛びやすくなってしまったりと心配事の種になってしまいます。また、鳥やハクビシンと行った動物に取っては雨を凌げて身を隠せる絶好の場所となるため、巣を作られてしまうこともあります。巣を作る程度であればと思うかもしれませんが、巣ができてしまうと動物の糞尿が溜まり、悪臭や天井へのシミの発生、駆除・撤去費用など様々な問題が起こるため、なんとしても阻止したいところです。早く修理するに越したことはありません。1階の屋根の軒天でも同様に剥がれている部分があったため、同時に工事を行う方向性でお話しが進みました。

 軒天の補修工事は2m以上の高所作業となることがほとんどなので、基本的に足場が必要な作業となります。足場を架けるとなると足場だけでも10万~20万近い費用がかかってきます。T様のご要望としては、築年数も30年を超えており、家を存続させるかどうかもゆくゆくは考えている状態なので、できる限り安く済ませたいというお気持ちがありました。幸いなことに今回の軒天は屋根に登ってしまえばその下の屋根を足場として使える構造であったため、足場を組まずに作業させていただきました。また、軒天補修の方法も高価なケイカル版ではなく安価なベニヤ板を用いた工法とすることで、全体的に安価で工事を行うプランとさせていただきました。

これらの材料で工事を行います

コーキング材 ビス

カラーベニヤ板 下地用木材

 古くなった軒天を剥がして新しいベニヤ板を軒天として貼っていく工事となるため、使う材料は主にこの写真のものとなります。変成シリコンシールはコーキング材ともいい、貼ったベニヤ板の縁から水が侵入しないようにするための防水素材です。軽天ビスはベニヤ板を固定するためのネジで、白い大きな木の板がカラーベニヤです。予め色が塗られているため、塗装を後から行う必要もなく、安価に施工できる素材です。現地でサイズを合わせながら張り合わせて行きます。ベニヤを貼るためには下地の木材が腐食していないことが前提となりますが、剥がしてみないと状態がわからないため、腐食していたときのことも考えて下地用の木材も準備して作業に臨みます。

既存の軒天を剥がして新しい軒天を貼っていきます

サイズ合わせとカット 既存の軒天を剥がす

 既存の軒天を剥がし、サイズを合わせてカラーベニヤをカットして新しい軒天としていきます。サイズを間違えると取り返しが付かないので、注意しながらサイズ合わせをしていきます。カラーベニヤは比較的薄く加工のしやすい素材ですが、軒天のサイズに合わせてカットするにはたくさんパーツを作る必要があるため、少々骨の折れる作業です。

カラーベニヤを貼って完成 カラーベニヤを軒天に貼った

 サイズ合わせが終われば後は軒天を貼っていく作業となります。ピッタリと納まって見ていて気持ちがいいです。張り合わせた際にできる隙間には、先程の変成シリコンシールを打ち込んでいきます。綺麗に加工するために、養生も欠かせません。全ての場所をシッカリと仕上げていきます。

1階の軒天も同様に仕上げていきます

軒天の表面を剥がした後 コーキング作業

コーキングが完了した軒天

 1階部分の剥がれていた軒天も、2階と同様に仕上げていきます。コーキングをしっかりと打って、隙間なくきれいな仕上がりにします。

軒天補修工事が完了いたしました

2階軒天の補修完了 1階の軒天の補修完了

 軒天が剥がれてしまっていた部分の補修工事が完了いたしました。補修前の状態から比べると、とても綺麗になったことを実感いただけるかと思います。ご依頼主のT様にも、工事前と比べてきれいになってよかったと、仕上がりに満足していただけました。

 私たち街の屋根やさんでは、流行の続く新型コロナウィルスへの感染対策として、マスクの着用や手指の消毒を徹底して実施いたしております。お問い合わせの際はご安心していただければ幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法

屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法

 一般的な戸建て住宅だけでなく、ビルなどの建物においてもさまざまな箇所に使われているのがコーキング剤やシーリング材と呼ばれる充填剤です。容器に入っている時は半固体状の粘弾性を持ち、乾燥して固まるとゴムのような弾性を持つ物質になります。主に建築資材と資材の隙間に充填され、それらの接触による破損を防ぐ緩…続きを読む
軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

 お家を維持する上でかなり重要なお家の各部位の名前というと「破風板」や「鼻隠し」、「ケラバ」など聞きなじみのないものも多く、漢字も難しいものが多いのですが、「軒天」という字面を見るとどの場所かは何となく想像がつくのではないでしょうか。 そうです、「屋根の軒」の「天井」だから軒天で…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      小平市小川町で強風で飛ばされたベニヤ製の軒天の張り替え

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修

      西東京市住吉町で軒天の剥がれの原因だった雨漏りを瓦から金属屋根の葺き替えで解消

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修、屋根葺き替え

      小金井市中町で雨漏りしているマンションベランダの軒天張り替え工事

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

      三鷹市深大寺で漆喰が剥がれて棟が崩れ始めたので棟瓦取り直し工事で元通りにします

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      世田谷区成城で外れかけた天井のボードを張替え工事で修復しました

      【施工内容】

      その他の工事

      稲城市長峰で強風で破損した雨樋を火災保険を使って復旧工事をおこないます

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る