無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区保木間で令和元年東日本台風のご被害で瓦屋根が損壊、火災.....

足立区保木間で令和元年東日本台風のご被害で瓦屋根が損壊、火災保険を使用して棟取り直し工事を施工致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 足立区保木間で、昨年発生した令和元年東日本台風のご被害で、瓦屋根のお住まいの棟の冠瓦が損壊し落下してしまった為、当社へご相談を頂きご対応させて頂きました。屋根が急勾配で遠目の確認となりましたが、工事としては火災保険をご使用されて施工していきたいとの意向から、先ずは火災保険の申請を行うべく被災状況写真の提出、工事お見積書の作成を行いこちらも併せて提出し、無事保険会社の承認を経て工事着手となりました。工事としては落下した棟の損壊部分は勿論ですが、瓦にも風害によるズレが若干発生していると共に、漆喰についても剥がれ等が見受けられたので、今回屋根棟部分の取り直し工事と瓦のズレの修正を含めたメンテナンスとして施工させて頂く事となりました。
 足立区保木間で、昨年発生した令和元年東日本台風のご被害で、瓦屋根のお住まいの棟の冠瓦が損壊し落下してしまった為、当社へご相談を頂きご対応させて頂きました。屋根が急勾配で遠目の確認となりましたが、工事としては火災保険をご使用されて施工していきたいとの意向から、先ずは火災保険の申請を行うべく被災状況写真の提出、工事お見積書の作成を行いこちらも併せて提出し、無事保険会社の承認を経て工事着手となりました。工事としては落下した棟の損壊部分は勿論ですが、瓦にも風害によるズレが若干発生していると共に、漆喰についても剥がれ等が見受けられたので、今回屋根棟部分の取り直し工事と瓦のズレの修正を含めたメンテナンスとして施工させて頂く事となりました。


担当:藤崎


【工事内容】
屋根補修工事 棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
足場設置から解体まで5日間
築年数
30年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
Y様邸
【工事内容】
屋根補修工事 棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
足場設置から解体まで5日間
築年数
30年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
Y様邸
足場アイコン屋根足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟瓦取り直し

現地調査において

てっぺんの棟瓦が落下

 先ずは現地調査から開始です。昨年発生した令和元年東日本台風で、てっぺんの棟の冠瓦が約3メートルに渡って完全に外れてしまいました。ご覧の通り屋根勾配も急で敷地内に落下して割れてしまい、再利用は不能となります。これはもう明らかに火災保険の自然災害による損壊として適用になる案件です。お客様もその辺りは気にかけておられてましたので、丁寧にご説明させて頂き、提出書類の準備と手順についてご理解を賜り手続きを進めて参りました。

瓦のずれも発生

瓦のズレが発生 ケラバ瓦の浮き

 こちらもご被害になります。鳩小屋部分のてっぺんの棟のすぐ下の桟瓦と呼ばれる部分がズレてしまっています。更にケラバの部分も若干瓦の浮きの発生もしており、これらも調整、並べ替えが必要となりますので、火災保険の申請を行います。

漆喰の剥がれ

漆喰の剥がれ 完全に漆喰が無くなり土がむき出しに

 冠瓦の離脱落下箇所以外の漆喰についても症状が見られました。漆喰の割れや剥がれ、所によっては完全に無くなって、内側の葺き土が顕になってしまっている場所も見受けられました。

 今回火災保険で、台風被害の可能性の考えられる場所は全て申請を行いました。その後については保険会社の判断で認められたところ、認められないところはそれぞれ有りましたが、棟全体の取り直し工事と瓦の並べ調整工事として、保険の承認を経て施工させて頂く事となりました。

足場の設置

これから足場を立てます 足場を組み工事準備完了

 屋根工事ですので足場が必要となります。足場の組み立てを行い、屋根工事は飛散落下の心配も有りますので、メッシュシートもしっかりと張って、いつでも工事に入れる様設置致しました。

屋根用足場も設置

 今回屋根勾配が7寸勾配でしたので、屋根用足場が必要なお宅でした。やはり作業員の安全第一ですので、こう言った急勾配の屋根の場合は屋根にもこのような足場を組み立てて参ります。

作業準備です

交換用瓦を準備 棟部分の心木

 いよいよ屋根の工事に入ります。冠瓦が損壊してしまったので、幸いこの瓦材は同様の瓦材が調達出来ましたので、色、形状とも変わる事は有りませんでした。場合によって同様の物が既に廃番となっている場合には、色や形状が変わってしまう事も有ると共に、更に形状において周りとの連動性が取れず、うまく収まらない場合は屋根全体の交換工事が必要となるケースも有り得ます。

 尚右手の写真は新しい棟の土台となる心木です。従来木材が使用されておりましたが、昨今は耐久性の面からもこのプラスティック樹脂製の物が多く使用されます。こちらのお宅でもこの心木を使用して棟取り直し工事を行って参ります。

材料はシルガードを使用

漆喰材はシルガード

 漆喰材として使用する材料はこのシルガードです。軽量且つ耐久性の面でも従来品よりも優れており、工事としての取り扱いも非常に効率的に仕上げられます。要はこのシルガードの場合、葺き土をする必要が無く、シルガードで全て固めていく事が出来るのです。更に防水性も有しており、棟取り直しの際によく使用される材料です。

既存棟の撤去からスタート

既存棟瓦の撤去

 既存棟を撤去していきます。冠瓦を外し既存の心木と内側の葺き土を撤去していきます。心木もだいぶ年数による劣化症状も見られかなり弱体化していた事が予想されます。この心木を樹脂製に替える事はこう言った年数による弱体化を防ぐ為にも有効な方法となります。

心木の取り付け

心木の取り付け開始 棟の取り直し、新たな土台です

 撤去清掃を終え、その棟の部分にこの樹脂製心木を取り付け施工して参ります。取付金具を屋根の下地にしっかりと固定し、ここに新しい棟の中心線となる心木を設置していきます。この心木に冠瓦を取り付けて行く事で固定力の強化を図っていくのです。

心木取り付け完了です

 心木の取り付けが完了しました。あとはこの周りに漆喰を詰め隙間を埋めていくと共に、しっかりと固定して棟を構築していきます。

漆喰を詰めて行きます

漆喰を詰めて固めて行きます

 これがシルガードを使用した漆喰の構築となります。今回は黒を使用致しました。漆喰と言うと白イメージも有りますが、最近はこのシックな黒色を選ばれる方も多いです。

 心木を中心にその周りをシルガードで塗り固め、これに冠瓦を乗せて行く形となります。

瓦を被せて固定します

心木に瓦を釘止めし固定します 冠瓦を被せて完了

 冠瓦を下から被せて一つ一つ固定して参ります。当然先程取り付けた心木にパッキンの付いた防水用のビスを使用して固定していきます。あともう一息で工事も終了です。

棟の配列もしっかり確認

棟の配列もまっすぐです

 一通りの工事も終え、後は最終チェックです。棟もまっすぐにしっかりと設置されました。一つ一つの固定と屋根全体のズレの調整も行いようやく工事完成となります。

棟取り直し工事の完成です

棟を取り直した屋根

 損壊によるご被害が顕れていたてっぺんの棟もしっかりと新しい旨に生まれ変わりました。新しい屋根材を使用しておりますが、同じ色、型式ですので全く違和感は感じられません。黒の漆喰も非常に落ち着きが有って決まっています。

寄棟部分の棟取り直し

 黒色は光の加減で、陰になると見ずらいので、角度を少し変えるとしっかりと見える様になります。左側の下がった棟の部分が黒色で新しくなっているのがよく判ります。

棟もしっかり整いました

 鳩小屋部分の棟とズレていた桟瓦も直ししっかり完成出来ました。こちらも問題なしです。

工事完了後の空撮確認

棟取り直し工事、足場撤去後の空撮写真

 更にこちらは足場解体後の定期メンテナンスの際の空撮写真です。やはり足場が無いとスッキリ致しますね。
 私たち街の屋根やさんでは、このような台風によるご被害の火災保険を使用した修繕工事等についてご説明とアドバイスをさせて頂きながら進めさせて頂いております。期間中職人もマスクの着装等コロナ対策を行いながら施工に携わって参りました。皆様も是非ご参考にして下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、例えば台風や強風が吹いた際に、最も多くの補修や点検のご依頼をいただくのが実は瓦屋根のお住まいなのです。 こ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。 目次【非表示表示】 …続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。 現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店の各エリアの待ち状況と工事のお申し込みをいただいてから着工までの目安をお伝えします。 …続きを読む
【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディアで取り上げられることで屋根工事やお住まいの補修に火災保険が使えるということが以前にもまして認知されるようにな…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。7月から10月にかけてが最も多く、私たち屋根業者としても毎年この時期になると台風によって被害を受けたお客様と接するた…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。 自分の敷地内ならまだしも、お…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受けたみたいだ」というご相談をいただいております。 「こんなことなら台風前にメンテナンスしておけばよかった」、「来年…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 目次【非表示表示】 ●台風後や地震後の屋根にはその後の災害便乗商法を含めて危険がいっぱい ●台風…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

目次【非表示表示】 ・瓦工事の補修方法と概算費用  -瓦の割れやズレ  -漆喰の剥がれ  -棟のズレや破損  -雨漏りを起こした場合の屋根葺きなおし工事  -雨漏りの状態が酷い場合の屋根葺き替え工事 ・瓦屋根の耐震について ・坪単価と平米(㎡)単価と施工項目  -主な屋根材の費用 ・瓦屋根の構造について  -瓦の豆知識  …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

    お住いの台風対策はお済みですか?       台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!       ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!   問題があった方は要注意…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直し工事しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る