無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区松江で令和元年房総半島台風で棟板金を破損したコロニア.....

江戸川区松江で令和元年房総半島台風で棟板金を破損したコロニアル屋根を火災保険で復旧、屋根塗装も実施

【施工前】
工事前

【施工後】
工事後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 江戸川区松江のH様は令和元年房総半島台風で三階建てツーバイフォー住宅の屋根に被害を受けたことで私たち街の屋根やさんにお問い合わせをくださいました。コロニアル屋根の棟板金に被害を受けたそうです。火災保険にご加入とのことで火災保険を使用しての復旧工事をご希望でした。調査に伺い屋根以外にも被害が無いかの確認を行ったところ雨樋の一部にも破損が見られたため合わせて火災保険に申請を行いました。火災保険はこちらの申請内容を認めてもらうことが出来、工事を承る事になりました。足場を必須とする工事の為、今まで一度も塗装されていないというコロニアル屋根も合わせて塗装工事を行わせていただくことになりました。
 江戸川区松江のH様は令和元年房総半島台風で三階建てツーバイフォー住宅の屋根に被害を受けたことで私たち街の屋根やさんにお問い合わせをくださいました。コロニアル屋根の棟板金に被害を受けたそうです。火災保険にご加入とのことで火災保険を使用しての復旧工事をご希望でした。調査に伺い屋根以外にも被害が無いかの確認を行ったところ雨樋の一部にも破損が見られたため合わせて火災保険に申請を行いました。火災保険はこちらの申請内容を認めてもらうことが出来、工事を承る事になりました。足場を必須とする工事の為、今まで一度も塗装されていないというコロニアル屋根も合わせて塗装工事を行わせていただくことになりました。


担当:渡辺


【工事内容】
棟板金交換 雨樋交換 屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板製棟板金、樹脂製貫板、ステンレスビス、ニッペファインパーフェクトベスト
施工期間
仮設から解体まで含め10日間
築年数
20年
平米数
棟板金15m、屋根51㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカーその他
イトーピアホーム
保証年数
8年
【工事内容】
棟板金交換 雨樋交換 屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板製棟板金、樹脂製貫板、ステンレスビス、ニッペファインパーフェクトベスト
施工期間
仮設から解体まで含め10日間
築年数
20年
平米数
棟板金15m、屋根51㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカーその他
イトーピアホーム
保証年数
8年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン3階建て屋根塗装棟板金交換雨樋交換

点検

建物外観

 江戸川区松江のH様邸は三階建てのツーバイフォー住宅とのことです。レンガを使った外壁が特徴的な素敵な建物でした。令和元年の房総半島台風の影響で棟板金の部分が浮いているように見えるという事でわたしたち「街の屋根やさん」にお問い合わせをくださったそうです。左右の建物に挟まれておりますが、まずはH様の気が付いていない部分にも被害が無いか確認していきます。

雨樋の破損 廃版雨樋

 三階建てゆえ、地上からでは屋根の表面は確認できませんが、グルっと建物を確認しているときに雨樋の破損を発見いたしました。三階の軒周りの雨樋です。一部が欠けてしまっておりました。通常は破損する部分ではないためこちらも台風による飛来物による破損が考えられます。使用している雨樋はエスロンのE70という角型雨樋です。この雨樋は現在廃版となっている為、部分修理はできません。つながっている部分はすべて代替品にて交換となってしまいます。

屋根反対側の様子 屋根の様子

 三階部分にあるベランダから屋根に登ることが出来たため、H様の一番気にされている「棟板金」の調査を行っていきます。H様邸の屋根は化粧スレート材で葺かれています。この屋根材の場合、台風被害では棟板金の損傷のほかにも屋根材自体が破損することも多いので、破損が無いかを確認して参りました。

強風で隙間の空いた棟板金 棟板金の浮き

 幸い、屋根材の化粧スレート材には被害はありませんでした。棟板金の部分を見て行くとH様のおっしゃっていた通り板金の浮きが見られました。屋根の形状は切妻と寄棟が合わさっているものでしたが、主に切妻形状の屋根の棟部分に被害を受けておりました。南北で明らかに隙間が違っている状態でしたので、間違いなく風災と考えられます。点検の結果から、風災被害として、雨樋の復旧交換工事と棟板金交換工事、それら工事に必要な足場仮設の工事見積を保険会社に提出し、問題なく認めてもらえましたので、工事契約、工事と進んで参ります。屋根工事、雨樋工事となるため、当然足場が必要となります。せっかく足場を掛けるなら、という事で屋根塗装も行う事になりました。

工事着工

 足場仮設、工事の際の騒音、埃の問題等、お互いさまとはいいながらもやはり少なからずご近隣の皆様にはご迷惑が掛かってしまうものです。工事の前には周囲のご近隣様にはご挨拶をして回っております。ただし、新型コロナウイルス拡散防止の観点から、インターホン越しのご挨拶かソーシャルディスタンスを保って対応させていただいております。

 

 近隣様との間隔も土地柄狭いですが、十分注意しながら足場仮設工事は無事に終了いたしました。

コロニアル屋根棟交換工事

 貫板撤去

 屋根塗装を行う前に、台風被害に遭った棟板金を交換していきます。既存の棟板金を外し、貫板も交換していきます。外した貫板の状態を確認いたしましたが、腐食という程度までは傷んでおりませんでした。という事はかなりの強風が棟部分に当たり板金を浮かせたという事になります。

棟解体 樹脂製貫板設置

 棟板金、貫板を撤去した部分にはゴミなどが溜まっております。清掃を行うとともに棟板金内部の防水紙の状態も確認いたします。その後、貫板を固定していきます。今回の棟板金交換工事では貫板に腐食に強い樹脂製の貫板を使用していきます。

板金施工 棟板金施工終了

 樹脂製貫板を屋根に設置したら、新しい棟板金を被せて側面をステンレス製ビスで固定し棟板金工事は終了となります。通常、新築時の棟板金固定はスクリューネイルで固定されています。ビスに換えることで保持強度は飛躍的に高くなります。毎年脅威を増す台風には安心ですね。

コロニアル屋根塗装工事

 洗浄の準備水ため

 棟板金交換工事の後、屋根塗装工事に移ります。塗装に先立ちまして屋根の高圧洗浄を実施していきます。静音型の洗浄機を使用しますがそれでも音は響きます。洗浄の際はお客様に水道をお借りいたします。以前どのくらいの水を使用するのか調べたことがありますが、平均的な家の大きさで屋根から外壁、ガレージの洗浄を行って2㎥ほどでした。無駄な水を使用しないようにバケツにフロートのついたホースで給水しております。このフロートが浮き上がる事でホースについている弁が閉じ給水を止め、水位が下がると弁が開いて給水が始まる仕掛けです。

飛散防止対策 マスかー

 屋根には思った以上に砂や汚れが付着しています。洗浄は強い圧力をかけた水を噴射させてそれらの汚れを洗い流すのでメッシュシートを張ってある足場でも周囲への洗浄水の飛散があります。また建物にダイレクトに付着すると洗浄の範囲も手間も増えてしまうため、雨樋と足場の間にマスカーで養生を行います。

 

 急勾配の屋根という事もあって、あまりコケ類は付着しておりません。今回の塗装工事がH様の家では初めての塗装工事となります。汚れをしっかり落としていきます。

使用塗料 下塗りの色

 屋根塗装工事に使用する塗材は、日本ペイントのファインパーフェクトベストを使用します。ラジカル制御型ハイブリット塗料で人気の同社パーフェクトトップの屋根塗料版です。シリコン塗料以上の耐候性、汚れにくさで人気の塗料です。下塗りには今回が初めての屋根塗装という事もあり、日本ペイント指定の下塗り材ファイン浸透シーラーを使用します。どちらの塗料も「ファイン」という言葉が入っておりますが、これは日本ペイント社では弱溶剤系の塗料を表しております。

下塗り 屋根に吸い込まれる下塗り

 浸透シーラーといわれるだけに、屋根材に塗るとスーッと浸透していきます。初めての塗装という事もあり浸透も早く、しっかりと屋根材に密着します。

 タスペーサー

 下塗りが終わった後はニッペファインパーフェクトベストにて中塗り、タスペーサーの設置を行いました。屋根の色は既存色に近い色をご希望だったため、ディープグレー色を選択しています。

上塗り 上塗り完了

中塗りの乾燥を待って、上塗りを同じ塗料で行い、屋根塗装工事は終了となります。メーカーの指定する量、乾燥時間をしっかり守る事で期待耐候を維持できます。やみくもに塗るだけではないのが塗装の奥深いところでもあります。

完成

塗装終了後屋根写真

 屋根塗装工事が終了いたしました。足場を解体するまで、メッシュシートを下します。お客様もやっとお洗濯物が干せると喜んでくださいました。

塗装終了後写真

 新しく交換した棟板金にも屋根同色の同じ塗料を使用し塗装を行いました。新品のガルバリウム鋼板に塗装するのでしっかりと目荒らしを行い塗装しています。

足場解体後完成ドローン写真

 足場解体後、ドローンを使って撮影いたしました。次の台風でも安心だし屋根もキレイになってよかった!と喜んでいただけました。

 

 

江戸川区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。江戸川区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する江戸川区特設ページはこちら 屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディア…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。台風後や地震後の…続きを読む
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら  前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。 断熱塗料・遮熱塗料夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      相模原市東橋本で塗膜の劣化したトタン屋根を遮熱塗料による屋根塗装工事でメンテナンス

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根塗装、遮熱塗料

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る