無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 多摩市聖ヶ丘でチョーキングが出ているスレート屋根の下塗り材に.....

多摩市聖ヶ丘でチョーキングが出ているスレート屋根の下塗り材にベスコロフィラーを使用して屋根塗装工事

【施工前】
チョーキングが出ているスレート屋根

【施工後】
塗装工事で耐久性が上がりました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 多摩市聖ヶ丘で屋根の塗装工事をおこないました。スレート葺き屋根は塗装工事でのメンテナンスが必要な屋根材で、今回は2回目の塗装工事です。塗装をした部分は経年によって表面が劣化してしまい、チョーキングが出てしまいます。チョーキングとは塗料の顔料が劣化して粉状に現れたもので、チョークの粉のようなことからチョーキングといわれています。
 2回目の塗装工事では、古い塗膜の上に新しい塗料を塗布しますので、劣化の状態が大変重要になります。塗膜が浮いていたりした場合は、古い塗膜をはがさなければ新しい塗装をおこなっても耐久性を確保出来ません。
塗装工事をおこなう時には高圧洗浄をおこなって汚れや古い塗膜を除去しますが、しっかりと塗膜が食いついている活膜はそのまま残します。この様な劣化が進行し始めているスレート屋根の塗装工事をおこなう際には、下塗り材で傷んだスレートを保護します。今回使用したベスコロフィラーは厚塗りの下塗り材で、傷んだスレートの表面に厚膜を張る事で、スレートの表面を保護し、仕上げの塗料の付着性も増します。
前回の塗装工事は塗膜が劣化してチョーキングが出ていましたが、スレート自体には殆ど傷みが出ていませんので、ベスコロフィラーとファインパーフェクトベストの塗装工事で耐久性と撥水性が元の状態に戻り、見た目も綺麗になったと大変喜んでいただきました。
 多摩市聖ヶ丘で屋根の塗装工事をおこないました。スレート葺き屋根は塗装工事でのメンテナンスが必要な屋根材で、今回は2回目の塗装工事です。塗装をした部分は経年によって表面が劣化してしまい、チョーキングが出てしまいます。チョーキングとは塗料の顔料が劣化して粉状に現れたもので、チョークの粉のようなことからチョーキングといわれています。
 2回目の塗装工事では、古い塗膜の上に新しい塗料を塗布しますので、劣化の状態が大変重要になります。塗膜が浮いていたりした場合は、古い塗膜をはがさなければ新しい塗装をおこなっても耐久性を確保出来ません。
塗装工事をおこなう時には高圧洗浄をおこなって汚れや古い塗膜を除去しますが、しっかりと塗膜が食いついている活膜はそのまま残します。この様な劣化が進行し始めているスレート屋根の塗装工事をおこなう際には、下塗り材で傷んだスレートを保護します。今回使用したベスコロフィラーは厚塗りの下塗り材で、傷んだスレートの表面に厚膜を張る事で、スレートの表面を保護し、仕上げの塗料の付着性も増します。
前回の塗装工事は塗膜が劣化してチョーキングが出ていましたが、スレート自体には殆ど傷みが出ていませんので、ベスコロフィラーとファインパーフェクトベストの塗装工事で耐久性と撥水性が元の状態に戻り、見た目も綺麗になったと大変喜んでいただきました。


担当:富田


【工事内容】
屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
ベスコロフィラー,ファインパーフェクトベスト
施工期間
5日間
築年数
20年
平米数
68㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
7年間
【工事内容】
屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
ベスコロフィラー,ファインパーフェクトベスト
施工期間
5日間
築年数
20年
平米数
68㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
7年間
足場アイコン屋根塗装

2回目の塗装をおこなうスレート屋根

撥水性が落ちていて雨染みが出来ています チョーキングで表面がズルズルです

 1度塗装工事をおこなっているスレート葺き屋根です。

 傾斜地に建っているので屋根の状態が確認出来るのですが、色が褪せてしまい黒いシミも目立つので塗装工事をご希望のお客様です。スレートを縁取る様に黒くなっているのは雨染みで、撥水性が落ちて雨水を弾かなくなったために雨水を吸い込んでしまい染みが出来ています。

 塗装の目的は美観と撥水性を元に戻す事ですので、塗装工事をおこなえば雨水を弾くようになりスレートの劣化の進行を遅らせる事が可能です。

縁切りしていないと雨漏りに繋がります

縁切り未施工部分

 スレートは重ねて葺かれているので必ず隙間が空きます。この隙間はスレートにとっては重要な隙間で、雨水の逃げ道になっていますので塞いではいけません。塗装工事をおこなう時にはこの隙間をわざと開けて塗装をするのですが、この作業を『縁切り』といってスレート屋根の塗装工事では必須の作業です。

 今回工事をおこなう屋根は、縁切りしていない為にスレートの隙間が完全に埋まっていました。この点も雨染みが出来てしまう原因です。今の所雨漏りはしていませんでしたが、塗装の際には縁切りをする必要があります。

縁切りしていないと雨漏りに繋がります チョーキングが出たスレート

 塗膜が劣化していてチョーキングが出ています。触ると緑色の粉が指先に付きますが、これは塗料の顔料が劣化して粉状になったもので、チョークの粉のような状態からチョーキングといわれています。

 チョーキングは撥水性が落ちている事の目安になりますので、チョーキングが出ているスレート屋根は塗装工事をおこなって撥水性を元の状態に戻してあげます。スレート自体の劣化は酷くありませんでしたので、今回は縁切りをおこなってからの屋根塗装工事でメンテナンスをおこなう事になりました。

傷んだスレートにはベスコロフィラー

下塗り材のベスコロフィラー

 今回の塗装工事では、スレートの傷みはそれ程酷くはありませんでしたが、二回目の塗装工事という事と雨水を吸っていてスレートの耐久性が落ち始めている事を考えて、ベスコロフィラーを下塗りに使用する事にしました。

 ベスコロフィラーの特徴は厚塗りの下塗り材で、傷んだスレートの表面に膜を張り仕上げの塗料の付着性を高めてくれます。

高圧洗浄で汚れを落とします 下塗り材が傷んだスレートに浸透します

 塗装工事の一番最初の工程は高圧洗浄です。チョーキングや汚れ、コケなどが付着したまま塗装をおこなっても、塗料が付着せずに剥がれてしまう事になりますので、とても重要な工程です。

下塗り材でスレートを保護します

 下塗りのベスコロフィラーを屋根全面に塗りました。傷んでいる部分は吸い込み方が違いますが、全体をベスコロフィラーで保護しましたので、これで仕上げの塗料もしっかりと塗布出来る様になります。高圧洗浄もそうですが、下塗り材の耐久性や性能によって仕上げの塗料が持つ性能を発揮出来るかが変わってきますので、塗装工事の工程の中でも高圧洗浄と下塗りがとても重要になります。

仕上げの塗料はラジカル制御型のパーフェクトシリーズを使用します

ファインパーフェクトベスト

 下塗りが完了しましたので、仕上げの塗装にとりかかります。仕上げの塗料を2回塗布して下塗りと合わせて3回塗装して仕上げていきます。

 仕上げの塗料に使用したのは日本ペイントのパーフェクトトップです。汚れの原因になるラジカルを制御する性能を持ち、汚れにくく耐久性が非常に高い塗料です。元々グリーン系の色でしたので塗り替えも同じ様な色をご希望でボローニャグリーンで仕上げる事になりました。

仕上げを2回塗ります 中塗りが仕上がりました

 塗装工事の1回目は中塗りといいます。塗装工事はそれぞれの工程で乾燥時間が有るために続けて塗装をおこなう事が出来ません。気温によって乾燥時間が違いますので、夏場と冬場では若干工事日程が違ってくる事があります。

上塗りで塗装工事を仕上げます

仕上げの2回目の中塗りです 綺麗に仕上がっています

 仕上げの塗装の2回目、上塗りです。仕上げの塗装は2回塗りで仕上げるのが基本で、塗料も2回塗る事で性能を発揮出来る様になります。

 良く『4回塗ります』などを謳い文句にするところを目にしますが基本は3回塗りです。4回塗ると逆に塗料の性能が発揮できない事になりますので、お勧めできません。

屋根塗装工事が完成しました

塗装で艶が戻りました

 塗装工事が仕上がりました。劣化していたスレートの表面がファインパーフェクトベストを塗装した事で美しい艶がよみがえりました。

 塗装によって美観が元に戻り撥水性も復活しましたので、これ以上のスレートの劣化を抑える事が出来ます。縁切りもしっかりとおこなって雨水が留まらない様になりましたのでこれで安心です。

 お客様にもとても綺麗に仕上がったと大変喜んでいただけました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので安心して工事をお任せください!

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら  前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。 断熱塗料・遮熱塗料夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
傷んだスレートを甦らせる下塗り材ベスコロフィラー

傷んだスレートを甦らせる下塗り材ベスコロフィラー

下地調整と下塗りが一度で可能厚膜を形成し、塗装面を良好に上塗り後、良質な艶を形成傷んだ屋根材を塗装できる状態にまで甦らせる下塗りに普通のシーラーを使った場合2016年本来であれば屋根カバー工事を行った方が良い屋根だが、予算の関係で塗装を実施。2019年塗装が剥がれてしまい屋根リフォームが必要な状態に…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      相模原市東橋本で塗膜の劣化したトタン屋根を遮熱塗料による屋根塗装工事でメンテナンス

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根塗装、遮熱塗料

      その他の施工事例一覧→

      多摩市と近隣地区の施工事例のご紹介

      府中市矢崎町で穴の空いた銅製雨樋を交換いたしました

      【施工内容】

      雨樋交換

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る