無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区江戸川でFRP防水陸屋根からの雨漏りをウレタン密着工.....

江戸川区江戸川でFRP防水陸屋根からの雨漏りをウレタン密着工法で防水工事しました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 江戸川区江戸川のI様はご自宅の雨漏りにお困りで私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせを頂きました。I様の家は木造二階建てですが屋根の部分は屋上になっており陸屋根です。新型コロナの影響でテレワークでご在宅だという事で早速調査にお伺いさせていただく事になりました。
新型コロナウイルス対策でマスクを着用し手指のアルコール消毒をさせていただいてからI様邸に上がらせていただき調査をさせていただきました。拝見させていただくと雨漏りは主に建物の角や壁際で起きていることが分かりました。陸屋根になっている屋上の調査を進めていくと陸屋根の排水口周辺が建物の角になっていることが分かりました。床面や立ち上がり部分も含めFRP防水となっています。床面や壁面にも亀裂なども見られることからいずれにしても再防水の必要があるのはI様もご承知のようでしたので、排水口部分に改修用ドレンを設置して建物の動きにも追従しやすいウレタン防水塗料を使用したウレタン塗膜防水工事をご提案させていただき工事を承らせていただくことになりました。工事内容もI様は基本的にベランダに出ることはないとのことでしたので床面、立ち上がり共に密着工法で行っていくことになりました。
 江戸川区江戸川のI様はご自宅の雨漏りにお困りで私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせを頂きました。I様の家は木造二階建てですが屋根の部分は屋上になっており陸屋根です。新型コロナの影響でテレワークでご在宅だという事で早速調査にお伺いさせていただく事になりました。
新型コロナウイルス対策でマスクを着用し手指のアルコール消毒をさせていただいてからI様邸に上がらせていただき調査をさせていただきました。拝見させていただくと雨漏りは主に建物の角や壁際で起きていることが分かりました。陸屋根になっている屋上の調査を進めていくと陸屋根の排水口周辺が建物の角になっていることが分かりました。床面や立ち上がり部分も含めFRP防水となっています。床面や壁面にも亀裂なども見られることからいずれにしても再防水の必要があるのはI様もご承知のようでしたので、排水口部分に改修用ドレンを設置して建物の動きにも追従しやすいウレタン防水塗料を使用したウレタン塗膜防水工事をご提案させていただき工事を承らせていただくことになりました。工事内容もI様は基本的にベランダに出ることはないとのことでしたので床面、立ち上がり共に密着工法で行っていくことになりました。


担当:渡辺


【工事内容】
陸屋根工事  雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス DSカラー
施工期間
5日間(下準備含む)
築年数
30年
平米数
56.4㎡(立ち上がり含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
I様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
【工事内容】
陸屋根工事  雨漏り修理 防水工事
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス DSカラー
施工期間
5日間(下準備含む)
築年数
30年
平米数
56.4㎡(立ち上がり含む)
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
I様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
雨漏り修防水工事

点検

トイレ天井雨漏り

 建物二階の角にあるトイレの天井が雨漏りで落ちそう、とのことで私たち「街の屋根やさん」に雨漏りの調査依頼をくださいました。事前にグーグルアースで建物の形状は見て確認しておりましたので屋上が陸屋根になっていることは確認済みです。

反対側のドレン付近雨漏り 壁際の雨漏り

 他の場所にも雨漏りがあるとのことで案内いただきながら確認を進めていくとすべての雨漏りが屋根の中心に近いところではなく、壁際に近い部分で発生していることが分かりました。

塔屋 全景

 事前に陸屋根ということはわかっておりましたが、実際に屋上に上がらせていただき雨漏りをしていた場所と対比をしていきます。既存の防水はFRP防水です。一番ひどい雨漏りを起こしていた建物の角の部分には間に塔屋を挟んでいます。お客様も何とか雨漏りを軽減させようとブルーシートを敷いたりしたそうですが変わりはなかったそうです。

トイレ上のドレーン 排水ドレーンがある位置

 雨漏りの酷かった側は水下になっている為、当然、雨水が集まりやすくなっています。そして排水口から樋に排出されています。どうやらその排水口あたりに今回の雨漏りの原因があると考えられます。

笠木の接合部 手すりの付け根

 壁際に広がっていた雨漏りは、床面の可能性もありますが、笠木の継ぎ目、手すりの根元も否めません。また陸屋根になっていることもあり立上り部の高さがあります。一部パカパカと浮いてしまっている所もありましたので、そのような部分も処理をしていきたいと思いました。調査の報告をお客様に行い、漏水の可能性が排水口にある事、床面にもヒビが複数ある事、立ち上がり壁面の浮きがある事からウレタン塗膜防水工事を提案させていただき工事を承る事になりました。ウレタン塗膜防水工事でも通気緩衝工法と密着工法があります。今回は密着工法を選択します。理由は、屋上にはほとんど立ち入らないという事から、万が一、防水面に浮きが発生しても歩行によるダメージを与える可能性が少ないからです。

工事(下地調整)

残地物撤去

 新型コロナウイルス拡散防止対策をしっかり行い、防水工事を始めます。防水工事は一日に進められる工程が少なく、その分日数がかかってしまいます。毎日が微風の快晴である事はまずありえません。この時期は特に天候が安定しなく外工事の私たち「街の屋根やさん」でも悩みの種です。屋上陸屋根に置かれていて移動できるものは事前に移動をお願いしたり、廃棄するものは廃棄して作業がしやすい環境にしておく必要があります。発泡スチロールのケースで作られた植栽がありましたが使用しないとのことで撤去を行いました。

水拭き平場 水拭き立上り

 塗装工事や防水工事では下地を洗浄する工程があります。ただし、雨漏りをしている所がある場合に高圧洗浄を行っては、さらに雨漏りを広げてしまう事になります。そのため、地味な作業ではありますが、人の手を使って丹念に汚れを水拭きでふき取っていきます。

アセトン洗浄 アセトンで洗浄

 ふき取るのは汚れだけではありません。水拭きで取れるのはあくまでも「汚れ」です。FRP防水面に残っている「油分」をしっかりふき取らないといくらプライマーをこれから塗布するにしても密着に不安が残ります。そこで水拭きの後、アセトンを使ってさらに拭き上げを行っていきます。

不具合部のサンダーカット 不具合部の撤去

 調査の際に気になっていた立上り壁部分ですが、ただ単に浮いていたのではなく水が入っているのが確認されました。浮きを確認していた職人が違和感を感じてネジを刺してみたところ水が出てきたのです。どうやらお客様は把握されていらっしゃらなかったですが、以前に修復を行っていたようです。その修復方法が悪かったのか下地のベニヤがグズグズになってしまっておりました。壁際の雨漏りはここが原因と思われます。浮いている立上り壁のFRP層は切除して処理を行っていきます。

工事(改修用ドレーン設置)

既存排水口 改修用ドレン取付

 今回の工事の要でもある、改修用ドレンの設置を行いました。建物の両角からの雨漏りはドレン部と推測されましたので改修用ドレンを入れて排水口部分からの漏水をシャットアウトします。改修用ドレンの先にはジャバラのホースが付けられており、そのホースを直接外部の雨樋に差し込むため新しいドレンから漏水することはあり得ません。

改修用ドレン設置 改修用ドレン設置終了

 改修用ドレンは鉛製です。鉛は非常に柔らかい金属の為下地になじみやすいです。接着剤を改修用ドレンにつけて既存排水口に設置し小槌でたたいて密着させます。密着させた周囲にはメッシュテープを貼り補強します。

工事(防水層の作成)

プライマー平場 プライマー立上り

 既存FRP防水面に新しくウレタン塗膜防水を作成するにあたり、プライマーを塗布します。平場、立ち上がりにローラーを使って塗布していきます。この後、平場立上り共にメッシュシートを敷き詰め下地の補強を行っています。

一層目平場 一層目立上り

 ウレタン塗膜防水層を作っていきます。ダイフレックス社のDSカラーというウレタン防水塗材です。二層+トップコートで仕上げますのでまずは1層目の施工となります。ここまでで2日間となります。

二層目平場 2層目立上り

 二層目の作成まで数日の雨の期間を挟みました。漏水の様子はどうなのかお客様に確認すると、止まっているみたい、とのことでした。まずは一安心といったところです。

工事(漏水可能性箇所をつぶす)

笠木プライマー 笠木シール充填

 壁際の雨漏りの可能性を考慮して、笠木の継ぎ目のシーリングの劣化もあったため、打ち替えを行いました。手すりの付け根も同様にシーリングしております。

完成

トップコート完了

 二層目のウレタン塗膜防水層を作成したあと、仕上げのトップコートを行い完成いたしました。基本的に立ち入ることが無いとのことで、防滑処理はしておりません。工事終了後も激しい雨が降る日がありましたが、雨漏りは完全に止まったと、お客様も喜んでいらっしゃいました。

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区鹿骨で雨漏りを起こしている天窓を下地を補強しながら新しい天窓に交換しました

      【施工内容】

      金属屋根補修工事、雨漏り修理、天窓工事、ガルバリウム鋼板

      足立区西新井でずっとお悩みだった病院廊下庇屋根の雨漏りを改修して解決しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、金属屋根補修工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、屋根新設

      世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区東立石で令和元年東日本台風による玄関庇屋根の損壊に伴い、火災保険を活用し交換施工を行いました

      【施工内容】

      庇工事

      葛飾区水元で雨漏りを起こした鉄板波板屋根を葺き替え工事しました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事、ガルバリウム鋼板

      葛飾区西新小岩で強風被害で破損したポリカ波板の交換工事、強風対策も施して取り付けを行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る