無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区上篠崎で令和元年東日本台風で引きちぎられたアパートの.....

江戸川区上篠崎で令和元年東日本台風で引きちぎられたアパートの鉄板屋根の葺き替え工事を行いました

【施工前】
めくれた鉄板屋根

【施工後】
スタンビーに葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 江戸川区上篠崎のU様は昨年に発生した令和元年東日本台風(台風19号)でご所有のアパートの屋根に被害を受けたとのことで「街の屋根やさん」にお問い合わせを頂きました。お話を伺うと、アパートの鉄板屋根が捲れて一部は剥がれてしまっているとのことでした。
 実際に調査に伺うとアパートの屋根は切妻形状の屋根で芯木なし瓦棒屋根で葺かれておりました。その屋根の2箇所約40㎡ほどが被害を受けていることが分かりました。台風被害での屋根損傷の為、お客様に火災保険加入の有無を確認したところ火災保険に加入されているとのことでしたので書類の取り寄せをお願いし火災保険を使用して被災した鉄板屋根部分を修理することになりました。被災状況から下地材も被害を受けていたのでガルバリウム鋼板製縦葺き屋根材スタンビーを使用して部分屋根葺き替え工事を実施する事でご契約を賜り、工事を行いました。全体的に経年劣化の進んでいる屋根ですが被災した部分以外にも補強が出来るところは補強を行いお客様にも喜んでいただくことが出来ました。
 江戸川区上篠崎のU様は昨年に発生した令和元年東日本台風(台風19号)でご所有のアパートの屋根に被害を受けたとのことで「街の屋根やさん」にお問い合わせを頂きました。お話を伺うと、アパートの鉄板屋根が捲れて一部は剥がれてしまっているとのことでした。
 実際に調査に伺うとアパートの屋根は切妻形状の屋根で芯木なし瓦棒屋根で葺かれておりました。その屋根の2箇所約40㎡ほどが被害を受けていることが分かりました。台風被害での屋根損傷の為、お客様に火災保険加入の有無を確認したところ火災保険に加入されているとのことでしたので書類の取り寄せをお願いし火災保険を使用して被災した鉄板屋根部分を修理することになりました。被災状況から下地材も被害を受けていたのでガルバリウム鋼板製縦葺き屋根材スタンビーを使用して部分屋根葺き替え工事を実施する事でご契約を賜り、工事を行いました。全体的に経年劣化の進んでいる屋根ですが被災した部分以外にも補強が出来るところは補強を行いお客様にも喜んでいただくことが出来ました。


担当:渡辺


【工事内容】
金属屋根工事 金属屋根葺き替え工事 棟板金交換 雨漏り修理 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
稲垣商事 スタンビー
施工期間
仮設から解体含め1週間
築年数
40年
平米数
約40㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
U様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
部分工事の為お付けしておりません
【工事内容】
金属屋根工事 金属屋根葺き替え工事 棟板金交換 雨漏り修理 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
稲垣商事 スタンビー
施工期間
仮設から解体含め1週間
築年数
40年
平米数
約40㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
U様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
部分工事の為お付けしておりません
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコンアパートアイコン屋根葺き替え棟板金交換雨漏り修

点検

引きちぎられた屋根

 江戸川区上篠崎のU様ご所有のアパートの屋根が令和元年東日本台風(台風19号)の強風により被害を受けました。芯木なし瓦棒葺き屋根の軒先側が大きく捲れ一部は引きちぎられるように剥がれてしまっていました。

アパート全景 拡大

 現場に到着して、まず目に入ったのは通りに面した側の屋根が大きく捲れてしまっていることでした。飛ばされてしまった屋根材が二次被害を生まなかったかどうか心配です。

軒先の様子 下地材

 梯子を軒先にかけさせていただき、被害を受けた部分を調査していきます。写真を見てもお分かりになる通り、鉄板性屋根材は真っ赤っかにサビてしまっています。雨樋の中には細長い鉄板片があるのがわかりますでしょうか?これはおそらく屋根材の軒先部分か唐草といわれる板金部分です。サビが進行して破断してしまったことで強風により屋根が捲れあがったものと推測されます。修理の方法として下地の野地板に当たる部分や軒先の広小舞もこのままでは再利用はできないので被害を受けた屋根部分を「葺き替え工事」していくことになります。当然この状況だと雨漏りも発生してしまっておりますが、今回は外装側の工事のみをご希望とのことで、ご加入の火災保険会社に連絡を入れていただき、保険申請用紙と修理見積、被災状況写真を添付して申請しすべて認めてもらうことが出来ましたので、被災した部分の葺き替え工事を承る事になりました。

逆側の屋根 逆側も捲れてる屋根

 念の為、ほかの部分も確認をして行くと大きく剥がれた屋根の対角線に当たる部分も軒先側が剥がれているのがわかりました。こちら側も原因は同一ですので合わせて申請、工事を行って参ります。

工事着手

荷揚げ荷下ろし

 いよいよ工事が始まりました。新型コロナ対策の下、実施していきます。葺き替え工事という事で剥がした屋根材、野地板、これから使用する野地板、防水紙、新規屋根材など重量物の荷揚げ荷下ろしが発生するのでユニック車を使用していきます。勾配が緩やかな瓦棒葺き屋根ですが既存屋根状態が不安定なこともあり足場を配置しての作業となります。

下した屋根材 ユニック車

 ユニック車を使用できるかできないかは、工事地の立地条件で変わってきます。今回の工事では敷地も広かったため助かりました。ユニック車が使えないような場合は、荷揚げ機を使用して荷揚げ荷下ろしすることになります。それもできないような場合は手揚げ手降ろしになる事もあります。作業の効率が良いという事は作業費の低減にもなるので工事金額にも影響してくる問題です。

工事(下地作成)

木毛板 下地鉄骨

 葺き替え工事という事で、既存の芯木無し瓦棒葺き屋根の屋根材を撤去していきます。防水紙は敷設されておりませんでした。下地の野地板は木毛板と呼ばれる材料を使用しておりました。木毛板も被害の大きかった軒先側は破損してしまっています。木毛板の野地も撤去していくと屋根の骨組みが現れました。このアパートは鉄骨造の建物の為、タルキは棟と平行に組まれています。屋根材をしっかり固定するためには、このタルキに止めていきたいので、横葺きの屋根材よりも縦葺きの屋根材の方が理にかなっているのです。

野地板 野地板貼り替え

 今までの野地板の木毛板に代わり、針葉樹構造用合板12mmを野地板として施工していきます。鉄骨のタルキにビスで固定し、安定して作業ができる状態になりました。

防水紙 防水紙を貼った屋根

 野地板の設置が終了したら、防水紙を軒先から敷設していきます。今回使用する防水紙はアスファルトルーフィングと呼ばれるもので、最も一般的な防水紙です。

工事(新規屋根材敷設)

スタンビー スタンビー棟際

 メインの屋根材の設置作業に移ります。屋根材は今までは芯木無し瓦棒葺きでしたが、新しい屋根材は同じ縦葺き屋根材でも嵌合式屋根材を使用します。稲垣商事のスタンビーという屋根材でもちろんガルバリウム鋼板製です。事前に棟から軒先までの長さを計ってありましたので、その長さで工場で加工してもらっています。ただし、軒先と棟側は現場で唐草にひっかけるためと棟部分での雨水浸入を防ぐための立ち上げ処理を行います。「街の屋根やさん」の職人はこのような作業も手慣れたもので分担しながらスピーディーに進めていきます。

スタンビー固定 スタンビー固定

 軒先の唐草板金にひっかけてから、防水紙の上に墨だしをしてあるタルキの位置でビス固定していきます。建物は必ずしも水平・垂直が出ているわけではないため、たまにビスを打ってもタルキに当たらないこともありますがその場合はタルキのある場所に打ち直しを行います。

施工の様子 スタンビー嵌合

 一枚貼り終えたら、次の一枚と流れ作業で屋根ふき工事は進んでいきます。嵌合式なので固定が終わった屋根の重なり部分を嵌合させながら工事は行われます。この嵌合する部分がしっかりとはまったときは気持ちの良い感触がします。

古い屋根との境おさめ カッパおさめ

 古い屋根との境界はカッパというコの字型をした板金で被せて処理をします。瓦棒葺き屋根の凸部の所です。対して瓦棒葺き屋根の凹部はドブという言い方をします。

棟際面戸処理 軒先の様子

 棟の部分のおさまりは、スタンビーを立ち上げておりますが、さらに面戸を棟の貫板部分に釘止めしてから棟板金を設置いたします。軒先の唐草もしっかりおさまりました。

完成

完成1

 台風の影響ではがれてしまった瓦棒葺き屋根の半面の半分葺き替え終了いたしました。

完成2

 対角線上にある剥がれた部分は反面の1/3程葺き替えを行いました。できることなら屋根すべてを葺き替えた方が安心ですがいろいろな事情が皆さんおありです。その中でベストな工事を私たち「街の屋根やさん」ではご提案させていただきます。既存の屋根部分も可能な限り鉄骨タルキにビス止め補強を行っております。

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      江戸川区鹿骨で雨漏りを起こしている天窓を下地を補強しながら新しい天窓に交換しました

      【施工内容】

      金属屋根補修工事、雨漏り修理、天窓工事、ガルバリウム鋼板

      葛飾区水元で雨漏りを起こした鉄板波板屋根を葺き替え工事しました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区東立石で令和元年東日本台風による玄関庇屋根の損壊に伴い、火災保険を活用し交換施工を行いました

      【施工内容】

      庇工事

      葛飾区西新小岩で強風被害で破損したポリカ波板の交換工事、強風対策も施して取り付けを行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      江戸川区一之江で箱樋の破風板が腐食してしまうのを防止するために箱樋をふさいで雨樋を外吊りで新設しました

      【施工内容】

      破風板板金巻き工事、雨樋交換、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る