無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 町田市金井にて台風で棟板金が飛散した屋根をスーパーガルテクト.....

町田市金井にて台風で棟板金が飛散した屋根をスーパーガルテクトで葺き替え工事

【施工前】
葺き替え工事前の屋根

【施工後】
スーパーガルテクトでの葺き替え工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


町田市金井で屋根の葺き替え工事をおこないました。お問合せのきっかけは台風によって棟板金が外れてしまったという内容です。
棟板金の下地になっている貫板ごと棟板金が持ち上げられていて、固定する釘がスレートに刺さった状態でした。釘がそのままになっていて貫板が持ち上がってしまったので、相当な風が吹いたことが分かります。棟板金を固定する釘は効いている部分と効いておらず抜けているところもありましたので、劣化が進んでいたことは間違いありません。
台風による被害を受けていますので、火災保険の自然災害が適用になりますので、元の状態に直すために掛かる費用を保険会社が負担してくれます。外れた棟板金を元に戻す工事で保険申請をおこないましたが、実際の工事は屋根全体に傷みが出ていますので葺き替え工事をおこなう事になりました。火災保険で降りた費用を実際の工事費に充てる事が出来ますので、何もない状態で葺き替え工事をおこなうよりも、費用を安く抑える事が出来ました。
スレート葺き屋根から葺き替えたのは、ガルバリウム鋼板製のスーパーガルテクトです。軽くて耐久性が非常に高い屋根材で屋根材自体にもメーカーの保証が付きますので、工事後も安心してお住まいになることが出来ます。
町田市金井で屋根の葺き替え工事をおこないました。お問合せのきっかけは台風によって棟板金が外れてしまったという内容です。
棟板金の下地になっている貫板ごと棟板金が持ち上げられていて、固定する釘がスレートに刺さった状態でした。釘がそのままになっていて貫板が持ち上がってしまったので、相当な風が吹いたことが分かります。棟板金を固定する釘は効いている部分と効いておらず抜けているところもありましたので、劣化が進んでいたことは間違いありません。
台風による被害を受けていますので、火災保険の自然災害が適用になりますので、元の状態に直すために掛かる費用を保険会社が負担してくれます。外れた棟板金を元に戻す工事で保険申請をおこないましたが、実際の工事は屋根全体に傷みが出ていますので葺き替え工事をおこなう事になりました。火災保険で降りた費用を実際の工事費に充てる事が出来ますので、何もない状態で葺き替え工事をおこなうよりも、費用を安く抑える事が出来ました。
スレート葺き屋根から葺き替えたのは、ガルバリウム鋼板製のスーパーガルテクトです。軽くて耐久性が非常に高い屋根材で屋根材自体にもメーカーの保証が付きますので、工事後も安心してお住まいになることが出来ます。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
9日間
築年数
25年
平米数
80㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
9日間
築年数
25年
平米数
80㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え

台風の被害を受けた屋根の状態

お問合せのきっかけは棟板金の飛散 貫板と一緒に棟板金が剥がれています

昨年の台風によって建物の屋根が被害を受けました。強風で煽られたことで屋根に設置されている棟板金が剥がれてしまいました。

スレート葺き屋根の面と面がぶつかる部分にかぶせてあるのが棟板金で、屋根の上に貫板という木を固定してから棟板金を被せて釘で固定していきます。何年か前に塗装工事をおこなっているので、棟板金が剥がれた部分は元のスレートの色が残っていました。

塗装工事をおこなった跡がありますが棟板金の下は塗装されていません 飛ばされていない棟板金も浮いています

貫板を固定している釘がスレートに刺さった状態で棟板金と貫板が剥がされていました。経年劣化によって貫板が腐食してしまい釘が効いていない場合、風で煽られて板金が浮くことがありますが、今回は板金と一緒に貫板も剥がれています。

飛ばされたのは屋根の一部ですが、他の部分も浮いていて飛ばされる危険がある棟板金がありますので、一緒に直す必要があります。今回の直接的な被害の原因になったのは台風の強風によるものですが、棟板金を良く見る斑点の様に色が変わっているところがあります。これは、雹がぶつかった跡で台風だけでなく昨年の5月に降った雹の被害も受けていたようです。

工事までの間に雨水が入り込まない様に養生しておきます

スレートの隙間から入る雨水を養生しておきます

工事までの間に雨水が入り込まない様に防水テープを張って養生しておきます。

お問合せのきっかけになった棟板金の剥がれは台風の強風によるものですので、火災保険の風災が適用になります。元の状態に戻す為にかかる費用を保険会社が負担してくれますので、保険申請も同時におこないます。実際には屋根全体に傷みが出ていますので棟板金だけではなく葺き替え工事をおこなう事になりましたので、保険で降りた費用を実際の工事費に充てて工事をおこないます。

古いスレート材にはアスベストが含まれています

古い防水紙はスレートに張り付いてしまうので剥がすと破れます

今回おこなう工事は葺き替え工事で、古い屋根材を剥がすところから工事が始まります。

スレート材の下には防水紙(ルーフィング)が葺いてありますが、経年劣化と熱によってスレート材に張り付いてしまうので、剥がす時にビリビリに敗れてしまいます。雨漏りしていませんでしたの古い野地板の状態はそれほど悪くありません。

古いスレート材にはアスベストが含まれています 増築した屋根には耐久性の高い防水紙が使用されています

アスベストが含まれた屋根材に規制がかかったのが2006年9月です。築25年ですと1995年ころの建物ですので、屋根のスレートにはアスベストが含まれています。アスベストを含んだ材料の処分は他の物と一緒に捨てる事が出来ませんので、積み上げておきます。

1階に増築部分が有りトップライトが取り付けてあるのですが、屋根に穴を開けて取り付けますので、他の部分と比べて雨水が入り込まない様に対策をしっかりとする必要があります。

野地板を貼って新しい屋根の下地にします

新しい野地板を貼っていきます 12ミリの合板を屋根に張っていきます

古いスレートを剥がした後は、12ミリの合板を屋根全面にはっていきます。これは野地板といって新しく葺く屋根材の下地として使用していきます。野地板を垂木(たるき)といって45センチ間隔に縦に取り付けてある部分に固定します。

新しい合板が屋根材の下地になります 増築した部分も新しい野地板を貼ります

鉄砲釘で止めていくので、タンタンとリズミカルな音が聞こえてきます。一階のトップライト回りにも野地板を貼って下地を作っていきます。

屋根は屋根材と防水紙で雨から建物を守っています

防水紙で野地板を覆います

野地板を全面に貼った後は防水紙(ルーフィング)を葺いていきます。屋根は屋根材と下に葺いた防水紙によって雨から建物を守っていきますので、上から流れてきた雨水がスムーズに軒先に流れる様に重なりを設けて屋根を覆っていきます。

冬場の朝は屋根材に霜が降ります

冬場の屋根工事で気にしておかなければならないのは、屋根に霜が降りてしまう事です。画像の白く見えるところは新しい屋根材に霜が降りてしまったもので、明け方の気温が低くなると表面が霜で覆われてしまいます。新しい屋根材はガルバリウム鋼板製のスーパーガルテクトですので、霜が乾いて無くなるまで滑ってしまうので屋根上っての作業が出来ない事があります。

スーパーガルテクトを使った屋根葺き替え工事が完成しました

作業の後は清掃して完了します 軒先には雪止めを設置します

スーパーガルテクト葺きの屋根は、古いスレートと比べても表面がツルツルになっていますので、スレート屋根の時に雪止めが付いていなかったとしても、必ず雪止めは取り付けておきましょう。屋根塗装工事の時もそうですが、雪が屋根の上を滑りやすくなりますので、雪対策はしっかりとおこないます。

棟板金はビスで固定するので頑丈になります 玄関上の庇も葺き替え完了

棟板金の釘ではなくビス(ネジ)で固定しますので、今までの様に抜けてしまう事も無く台風の時でも被害を受けにくくなりました。

玄関の上に設置してある庇の上も同じスーパーガルテクトで葺いて仕上げています。

トップライト回りの処理も完了しています

1階の屋根のトップライト回りも専用の板金を納めて雨仕舞をしっかっりとおこないましたので、雨漏りの心配も無くなり安心です。

今回の工事のきかっけは台風で被害を受けた事で、火災保険の風災の対象になりました。被害を受けたのは棟板金ですので屋根全面の葺き替え工事は対象になりませんが、足場を含めて工事費の一部に入れる事が出来ますので、通常の工事費よりも自己負担を抑える事が出来ました。

自然災害によって被害を受けない事が一番良いのですが、もし被害を受けてしまった場合は火災保険を有効に使いましょう。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      豊島区長崎にて台風で飛散した急斜面のコロニアル屋根の一部を葺き替えて部分補修

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

      世田谷区野毛にて雨漏りの原因だったドーマーを解体、屋根葺き替えで雨漏り解消

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      調布市国領町で台風被害を受けたスレート屋根を火災保険で部分的に葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      町田市と近隣地区の施工事例のご紹介

      多摩市桜ケ丘で表面が劣化したニチハのパミールをスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工事、屋根カバー工法

      八王子市高尾町で落ち葉で雨樋が詰まらない様に落ち葉除けネットを設置します

      【施工内容】

      落葉除けネット設置 

      多摩市和田で雨漏りしている工場の大波スレートを部分補修で低価格で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      令和元年台風15号・19号で被災され、
      現在、屋根工事をお待ちいただいている方へ

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      質問してね!