無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 稲城市矢野口で平屋のセメント瓦葺き屋根をガルバリウム鋼板へ葺.....

稲城市矢野口で平屋のセメント瓦葺き屋根をガルバリウム鋼板へ葺き替え

【施工前】
雨漏りしているセメント瓦屋根

【施工後】
ガルバリウム鋼板への葺き替え工事

【お問い合わせのきっかけ】
稲城市矢野口で屋根の葺き替え工事を行いました。築45年の平屋建ての屋根にはセメント瓦が葺かれているのですが、大分前から雨漏りしているそうです。セメント瓦の下には防水紙が葺かれていますが、寿命は20年~25年程度です。雨漏りしているというのがお問合せのきっかけで、瓦をどかすと防水紙がボロボロになっていました。これでは雨漏りするのは当然です。また、セメント瓦は重い屋根材の為に、経年によって劣化した下地がそれに耐えきれず、重さで沈んでいる部分もありました。骨組みの劣化は有りませんでしたので、下地から新しくするように葺き替え工事を行っていきます。合板を張る事で新しい屋根の下地を作ると共に、屋根の強度も高められます。防水紙(ルーフィング)を葺いてから新しい屋根材を葺きますが、使用したのはガルバリウム鋼板です。軽くて耐久性が高い屋根材ですので、建物への負担も軽くなり工事後のメンテナンスも殆ど必要無くなります。雨漏りも完全に止まり、お客様に大変喜んでいただけました。

【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
2日間
築年数
45年
平米数
50㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
ハウスメーカーその他
地元の工務店
保証年数
10年間
平屋アイコン屋根葺き替え雨漏り修

雨漏りしているセメント瓦葺き屋根

雨漏りで下地が傷み屋根が沈んでいます 踏み抜かない様にセメント瓦を剥がしていきます

平屋建てのセメント瓦葺き屋根は雨漏りしています。築45年の建物で、一度セメント瓦の塗装工事をおこなった事があるそうですが、それ以外は何もしたことが無いそうです。屋根は、屋根材と屋根の下に葺かれている防水紙(ルーフィング)によって雨漏りしない様にしていますが、雨漏りの原因はその防水紙の劣化に原因がありました。下地が傷んでいる為に瓦の重さによって屋根の真ん中あたりが沈んでしまいましたので、下地から新しくする葺き替え工事をおこない事になりました。

葺き替え工事を開始します

古い防水紙はボロボロになっています 足場を作りながらセメント瓦を剥がしていきます

葺き替え工事で古いセメント瓦を撤去していくと下に葺いてある防水紙(ルーフィング)が見えてきます。アスファルトを染み込ませた紙が葺かれていますが、あちこちで硬くなって切れていましたので、この状態では雨水が下地に回って雨漏りしてしまいます。

古い杉板の下地は傷んでいます

古い屋根の下地には杉板が横向きに並べられています。45cm間隔の垂木(たるき)という骨組みに対して横に並べていますが、隙間も空いているので、腐食していなくても踏み抜いてしまいそうです。一部腐食している所もありますので、このままでは新しい屋根材の下地として使う事が出来ません。

新しい野地板を張り新しい防水紙(ルーフィング)を葺きます

合板を貼って新しい屋根の下地にします 野地板の上に防水紙を葺いていきます

コンパネという厚さ12mmの合板を張って下地を作ります。一枚が畳1枚分の大きさのものを張っていくので、屋根の補強にもなります。野地板を張った後は軒先から防水紙(ルーフィング)を葺いて雨水が回っても大丈夫な状態にします。

軽くて耐久性が高いガルバリウム鋼板製の屋根材です

全面に防水紙を葺いた後屋根材を葺き始めます 軒先から葺いていき上の段を重ねていきます

今までの屋根が重いセメント瓦で下地も傷んで雨漏りしていました。葺き替え工事で下地の野地板も防水紙(ルーフィング)も新しくしましたので、後は屋根材です。新しい屋根材には軽くて耐久性が高いガルバリウム鋼板を使用しますので、葺き替え工事後のメンテナンスが殆ど必要無くなります。ガルバリウム鋼板の1次防水と防水紙(ルーフィング)の2次防水で雨から建物をしっかり守れるようになっています。

ガルバリウム鋼板で耐久性アップ

軒先から葺き上げていき、屋根の一番高い部分まで到達したら棟板金を被せて完成します。元々屋根に葺いてあったセメント瓦と比べて、新しい野地板を入れても約4分の1の軽さになりましたので、建物への負担も軽減されて地震に対しても有利になりました。

屋根葺き替え工事が完成しました

葺き替え工事が完成しました 

セメント瓦からガルバリウム鋼板への葺き替え工事が完成しました。雨漏りしていた原因の下地も新しくなりましたので、今後は雨漏りの心配も無くなりました。屋根自体も軽くなりましたので、建物への負担も軽くなって地震にも強くなっています。症状が改善されてお客様にも大変喜んでいただけました。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区京島で耐震性アップのため、重い瓦屋根から軽い石葺き屋根材エコグラーニに屋根葺き替え

      【施工内容】

      屋根葺き替え、瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      葛飾区東水元で下屋根の雨押えからの雨漏りが発生した為、特殊形状加工した板金カバーにて解決致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      中野区新井でセメント瓦屋根への強風被害を火災保険で修理、葺き替えと軒天補修

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      稲城市と近隣地区の施工事例のご紹介

      多摩市桜ケ丘で表面が劣化したニチハのパミールをスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工事

      多摩市和田で雨漏りしている工場の大波スレートを部分補修で低価格で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      調布市染地で雨漏りの原因だったパラペットを板金カバー工事で改修

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      重要なお知らせ

      台風15号と台風19号の影響で電話が大変混み合っており、通じにくくご迷惑をおかけしております。メールであれば確実にご返信できますので、お手数だとは思いますができるだけメールでのお問い合わせ・ご相談をお願い申し上げます。

      メールでのお問い合わせはこちら

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      ページトップへ戻る