無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根.....

墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根を目指してスーパーガルテクトフッ素を使用した屋根カバー工事を一部火災保険を使用して行いました

【施工前】
施工前コロニアル

【施工後】
ガルテクト

【お問い合わせのきっかけ】
墨田区東向島のK様邸は、昨年10月の台風24号で棟板金を飛ばされてしまっていたのをご近所の方から教えてもらって息子さんに仮復旧をしてもらっている状態でした。仮復旧では不安があるので、本格的に修理をしたい、とのことで何社か屋根工事会社にお問い合わせをしながら、「街の屋根やさん」にもご相談を頂きました。台風被害ということで火災保険を使用することを検討されていらっしゃいましたが、他社様のお見積りでは何故か雨樋の交換なども含まれて非常に金額も高くお困りになっているとのことでした。また、台風などで屋根に被害が及ぶのも嫌というご要望もおありでしたので、火災保険で負担してもらえる棟板金の補修費をベースに屋根全体を長期省メンテナンスにするIG工業スーパーガルテクトフッ素を使用して屋根カバー工事を行うご契約を頂き工事を行う運びとなりました。

【工事内容】
屋根補修工事 屋根カバー工事 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
IG工業スーパーガルテクト Fブラウン
施工期間
仮設工事含め1週間
築年数
18年
平米数
約40㎡
施工金額

詳しくは
お問い合わせください

詳しくはお問い合わせください

お施主様
K様邸
ハウスメーカーその他
奥下工務店
保証年数
施工保証15年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン3階建て

棟板金飛散の点検

棟板金仮補修跡

墨田区東向島のK様邸の切妻屋根の一番端にある棟板金が飛んでいって行方不明になっているとのことでした。K様のお孫さんが建築関係の心得があるとのことで、棟板金を購入されて仮止めしてある状態です。

外観屋根見えない 棟板金を自分で補修

東向島のK様邸は地上から見ると屋根の妻側部分しか見ることが出来ません。これでは棟板金が飛んでしまっていても全くご自身で気が付くことはできませんね。お孫さんもさすがに板金の取り合いまではうまくつなぐことが出来なかったので今回の復旧調査となりました。

棟板金の浮き 棟の浮き

棟の長さは板金4枚分でおおよそ7メートルほどですが、そのうちの2枚分が主に被害を受けたと思われます。棟板金は重ねる部分でジョイントをさせていることもあり、全体的に南側面が浮いてしまっていますので、火災保険申請ではすべての棟板金の復旧をする内容のお見積りにて申請をいたしました。

工事のご契約

ご契約記念

保険も全額ではありませんでしたが7割がた認めてもらうことが出来ました。点検の際も、K様ご家族がご心配されていたのは、屋根はほとんど見ることが出来ない場所の為また同じようなことが起きない工事をしたいという事と今後の屋根メンテナンスを考えるとこのタイミングで大掛かりにメンテナンスをしておけば当面の間安心できるのではないか、という事でした。そのようなご要望から、保険で認めてもらった足場代、棟復旧作業費をもとに、台風でも安心な屋根にするのと、今後長期間屋根メンテナンスをしなくて済む、フッ素樹脂塗装されているIG工業製のスーパーガルテクトフッ素を使用して屋根カバー工事を行う事をご提案し、工事のご契約を頂きました。

 

屋根カバー工事(足場施工)

東向島ガルフッ素足場001 東向島ガルフッ素足場002

ご契約を頂いた後は、工事の段取りになります。K様邸までの動線も大通りから少し内側に入るため作業車両の通行なども考えていかなくてはなりません。そうしないと作業に外すことのできない「足場」を組むことすらままなりません。なるべく曲がらないルートを探し、足場仮設の車両が入ることを確認し足場の調査を行っていきます。足場の仮設日程がきまったらご近隣様へのご挨拶も行っていきます。突然、工事が始まったら皆様ビックリされてしまいますからね。狭い通りも車両の通行で絡むので比較的広範囲の近隣様にご挨拶をさせていただきました。

足場仮設 東向島ガルフッ素足場003

狭小の地域では、ご近隣様も「お互い様」と言って下さることが多く、とても助かっております。

屋根カバー工事(既存棟・雪止め金具の撤去から粘着式防水シートの敷設)

東向島ガルフッ素工事大001

屋根カバー工事は既存屋根を生かして行う工事です。既存屋根で必要のないものである雪止め金具、棟を解体しフラットな状態にしていきます。

東向島ガルフッ素工事001 東向島ガルフッ素工事002

屋根の防水の要、防水シートを貼る前に軒先唐草という板金を設置していきます。「街の屋根やさん」ではコロニアル屋根へのカバー工事には粘着性ルーフィングを使用しています。極力既存の屋根を傷めないようにするためです。

東向島ガルフッ素工事003 

遅延粘着型ルーフィング、タディスセルフを軒先側から貼っていき、10センチほど重ねて棟側も貼っていきます。重ねの部分にはわかりやすいようにラインが入っています。

 台風でも飛ばないのは屋根の中の「タルキ」にしっかりビス固定しているからです

粘着式ルーフィングを敷き詰めたら、屋根の中にある「タルキ」の位置を割り出して印をつけていきます。この部分には比較的太い木材が組まれています。その木材にしっかりと長いビスで屋根材のスーパーガルテクトフッ素を固定していくので暴風雨でも安心してお過ごしいただけます。

 

屋根での下準備が終わったら、いよいよ屋根材の荷揚げを行っていきます。

東向島ガルフッ素墨本体003 東向島ガルフッ素墨本体004

軒先側からスーパーガルテクトを葺きあげていきます。棟の内部に使用する貫板は樹脂製です。木材は内部結露の影響などを受けてやはり10年程度しか持ちません。そこで腐食に強い樹脂製貫板を使用しています。棟板金をこの樹脂製貫板に固定するのもサビに強いステンレス製のビスを使用しています。屋根はもちろんですが棟板金がまた台風で飛ばされてしまう心配は皆無といえるでしょう。

屋根カバー工事完了

東向島ガルフッ素墨完成003

おおよそ40㎡ほどの切妻屋根でしたので工事は実質2日間ほどで終了したしました。

東向島ガルフッ素墨完成001

スーパーガルテクト フッ素のFブラウンは、通常塗装のシェイドブラウンに比べるとややマットなイメージの茶色で落ち着いた雰囲気です。

東向島ガルフッ素墨完成002

フッ素樹脂塗装のスーパーガルテクトは表面塗装の補償が20年と長期で安心できる素材ですね。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      多摩市桜ケ丘で表面が劣化したニチハのパミールをスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工事

      葛飾区東水元で下屋根の雨押えからの雨漏りが発生した為、特殊形状加工した板金カバーにて解決致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      文京区本駒込で屋根の定期点検に伺ったお客様からのご相談、屋上FRPベランダ床にトップコートを施工

      【施工内容】

      屋根補修工事、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区東和で金属屋根から雨漏り、稲垣商事の縦葺きの屋根材スタンビー455(セピア)で屋根葺き替え

      【施工内容】

      金属屋根工事、金属屋根葺き替え工事

      江戸川区本一色で築45年瓦屋根のお住まいをスーパーガルテクトで屋根葺き替え工事を施工致しました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え、雨樋交換、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事、その他の工事

      葛飾区小菅にて築28年のお住まいのお客様、強風で剥がれてしまい棟板金を交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風10号への備え、できていますか

      台風10号への備え、できていますか

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る