無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 杉並区堀ノ内で屋根の平板瓦に後付け雪止めを設置して落雪対策し.....

杉並区堀ノ内で屋根の平板瓦に後付け雪止めを設置して落雪対策しました

【施工前】
雪止め設置前

【施工後】
雪止め設置後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


杉並区堀ノ内で雪止め工事をおこないました。瓦葺き屋根の一面には瓦と雪止めが一体になった雪止め瓦が葺かれていましたが、反対の屋根面には雪止めがありませんでした。葺き上がりが平らになる平板瓦で、表面が滑りやすいので雪止めは必要です。塗装した後のスレート屋根が滑りやすいのと同じです。瓦屋根の後付け雪止めは瓦の隙間に差し込んで引っ掛けて固定します。通常は軒先だけですが、効果を上げる為に屋根の中断にも雪止めを取り付けて、二列で雪を引っ掛ける様にしました。まだ雪のシーズンではありませんが、事前の対策が肝心です。雪が落ちて雨樋を壊したり建物の回りに被害を与えるなどの雪害が起こる前に工事が完了しましたので、これで安心です。
杉並区堀ノ内で雪止め工事をおこないました。瓦葺き屋根の一面には瓦と雪止めが一体になった雪止め瓦が葺かれていましたが、反対の屋根面には雪止めがありませんでした。葺き上がりが平らになる平板瓦で、表面が滑りやすいので雪止めは必要です。塗装した後のスレート屋根が滑りやすいのと同じです。瓦屋根の後付け雪止めは瓦の隙間に差し込んで引っ掛けて固定します。通常は軒先だけですが、効果を上げる為に屋根の中断にも雪止めを取り付けて、二列で雪を引っ掛ける様にしました。まだ雪のシーズンではありませんが、事前の対策が肝心です。雪が落ちて雨樋を壊したり建物の回りに被害を与えるなどの雪害が起こる前に工事が完了しましたので、これで安心です。


担当:富田


【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
ステンレス製雪止め
施工期間
1日
築年数
10年
平米数
105㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカーその他
地元の工務店
保証年数
3年間
【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
ステンレス製雪止め
施工期間
1日
築年数
10年
平米数
105㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカーその他
地元の工務店
保証年数
3年間
雪害アイコン

杉並区堀ノ内で瓦屋根に雪止めの設置をおこないました。屋根の一面には瓦と一体になった雪止め瓦が葺かれていましたが、今回の工事は何も取り付けられていない面に後付けの雪止めを設置する工事です。瓦の表面はツルツルとしていますので、何もなければ降った雪が滑り落ちてしまい雪害が起こってしまいます。雪が落ちる時に雨樋を破損させたり、建物の回りに有るものを壊してしまう事もあります。葺き上がりが平らな平板瓦が葺かれているので、瓦用の後付け雪止めを設置していきます。

瓦の表面は滑りやすくなっています

雪止め瓦がついている面もあります

北面の屋根だけは軒先に雪止め瓦が葺かれていました。瓦の表面は滑りやすい仕上がりなので、雪止めが無ければ降った雪が屋根の上を滑って大量に落ちてしまいます。軒先の下は直ぐにお隣の敷地になっているので、新築の時に北面だけは雪止め瓦を使用していた様です。

後付け雪止めを取り付けます

工事前の状態 ステンレス製の後付け雪止め

今回雪止めを設置するのは南面の屋根です。雪止めが設置されていないので、降り積もった雪がドサッと落ちてしまいますが、その為に有効なのが雪止めです。屋根材によって様々な種類の物があり、平板瓦の場合は挟み込みタイプと引っ掛けるタイプがあります。今回は引っ掛けるタイプのステンレス製雪止めを取り付けていきます。

瓦を持ち上げて雪止めを差し込んで引っ掛けます 釉薬瓦の表面は滑りやすいので雪止めの効果が出ます

瓦を持ち上げて差し込んで、折れ曲がった部分を瓦に引っ掛けて固定します。このタイプの平板瓦には防災瓦といって地震などの時にズレない様に瓦同士がかみ合う様になっている物があります。そのタイプは持ち上げる事が難しいので、瓦の先に雪止めを挟み込むタイプを使う事になります。屋根材の形状によっては、後付けの雪止めが設置が難しい事もありますので、事前にしっかり調べる必要があります。

二段に取り付けて効果アップ

後付けの雪止めを二列に設置しました 屋根の中断にも設置しました

雪止め瓦はの妃だけでしたが、南面には軒先と屋根の中段の2列に取り付けます。雪止めは屋根の上の雪が滑らない様に引っ掛ける役割があるので、屋根の中段にも設置すれば止める雪の量も分散されますので効果が上がります。後付け雪止めは、比較的簡単に取り付けが出来て効果が高いので、冬になる前に対策をおこなう事が大切です。

2列の雪止めは効果が期待できます

軒先と中段に雪止めの設置が完了しました。今までは何も無くて雪が降ると屋根の上の雪が全て滑り落ちていましたが、二列の雪止めで屋根から滑り落ちるのを防ぐ事が可能になりました。これでも雪が止まらない場合やなどは、雪止め同士を金物で横に繋いだり、金網で造られた大型の雪止めもあります。雪の降り方によって完全に止める事は難しいですが、回りの状況なども考えて最適な御提案をさせていただきます。今はまだ夏ですが落雪対策をおこなうのに早すぎる事はありません。後付け雪止めの設置によって、被害が出てしまう前に雪を落ちにくくする事が出来ましたので、これで一安心です。

工事を行なったS様のご感想をご紹介いたします

S様のアンケート

【工事後】

工事後アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
信用がおけるかどうかの一点(みつかるかどうか)でした。
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
信用がおけそうかどうかでした。電話受付の方の対応と現場に見積りに来ていただいた方(富田さん)の対応が非常に良くここに任せることをすぐに決めました(従って他の業者には見積り等を依頼していません)
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに工事を依頼しました。
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
上記Q2と同じ
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
非常にしっかりしているという印象です。これならもし雪止め具が外れた場合等アフターフォローも安心だと思います。また他の工事でもお願いするようなことがあれば御社にお声かけさせていただきたいと思います。

S様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

「雪止め」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ 【動画で確認「落雪防止の雪止め設置」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧くださ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区立石で急勾配コロニアル屋根にIG工業スーパーガルテクトを使って屋根カバー工事を行いました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雪止め設置、ガルバリウム鋼板

      練馬区下石神井でテラスへ雪止めを設置しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      その他の施工事例一覧→

      杉並区と近隣地区の施工事例のご紹介

      三鷹市新井で水槽内の劣化した防水部分をウレタン防水工事で直します

      【施工内容】

      防水工事

      渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      練馬区豊玉上にてウレタン塗膜防水で雨漏りを改善、今後の雨漏り防止として外壁タイルの目地シーリング補修も実施

      【施工内容】

      防水工事、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る