無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 杉並区下高井戸で台風で飛ばされた板金は、木下地を直してガルバ.....

杉並区下高井戸で台風で飛ばされた板金は、木下地を直してガルバリウム鋼板を貼ります

【施工前】
飛ばされた軒先のトタン

【施工後】
ガルバリウム鋼板で葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】
杉並区下高井戸で屋根の修理工事をおこないました。鉄筋コンクリート造(RC造)の住宅で、屋根の一部にトタンが葺いてあり、軒先が外から雨樋が見えない様に箱樋(はこどい)になっていました。台風の強風によって箱樋の外側のトタンが下地と一緒に飛ばされてしまったので、新しく直す事になりました。台風の被害は非常に多くて、屋根のトタンやバルコニーの波板などが飛ばされた建物が多かったのですが、鉄板の様な薄くて硬い材料が飛ばされると非常に危険です。下地も飛ばされていますので新しく作り直すのですが、風の影響を受け難くするために真っ直ぐではなく斜めに傾斜をつけて、風がぶつからずに抜ける様に下地を作りました。木下地の上にかぶせる板金は、トタンではなく耐久性の高いガルバリウム鋼板ですので、サビにくく劣化もしにくいのでメンテナンスが殆ど要らない板金です。剥がれたままの状態ですと屋根の下に風が吹き込んで、屋根ごと飛ばされる危険もありましたので、スッキリと納まったお客様にも安心して頂けました。

【工事内容】
屋根補修工事 金属屋根工事
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
3日間
築年数
30年
平米数
12㎡
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
足場アイコン台風アイコン

杉並区下高井戸で屋根の修理工事をおこないました。鉄筋コンクリート造(RC造)の住宅で、屋根に葺いてあるトタン部分が台風の強風で飛ばされていました。屋根の軒先には通常雨樋が吊られていますが、飛ばされたのは箱樋(はこどい)という外から見た時に雨樋が見えない作りの納め方になっています。その箱樋の外側部分に貼ってあるトタンが下地ごと飛ばされてしまいました。風当たりが強い立地なので直す時には風の影響を受け難くしなければなりません。

 

被害の状況を確認します

下が無いので強度が殆どありません 箱樋の外側に新しく下地を作ります

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物の屋根はトタンの瓦棒葺きになっていました。軒先の雨樋が、外側から見えない様な造りの箱樋(はこどい)になっていて、その外側のトタンが剥がれてしまいました。

壁際の納め方も考える必要があります 箱樋が崩れない様に木で支えていました

箱樋とは、板金を箱状に造ったものを軒先に取り付けて、屋根と一体化したものです。外側から見た時に雨樋自体が見えずスッキリとした印象になる為に、一時期流行った納め方です。見た目がすっきりとするのは良いのですが、雨樋が詰まってしまうと雨水が屋根の裏側に回り込んで雨漏りしてしまう事もあります。今回は台風の強風で外側のトタンと一緒に下地まで飛ばされてしまいました。下地が無くなったので木を差して支えていました。

屋根の軒先は仮で養生していあります

下から見たところです。軒先の箱樋にあったトタンが剥がれていて、外側に広がらない様に木で仮の固定がしてあります。風当たりが非常に強い立地なので、屋根の下に風が吹き込んでしまうと屋根自体が飛ばされてしまう危険があります。このままの状態に出来ませんので、早急に直さなければなりません。

 

風の影響を受け難い様に下地を作ります

下地を斜めにして風の影響を受け難くします

台風で飛ばされる前の箱樋の外側は、真っ直ぐにトタンが立ち上がっていました。風が吹いた時に真っ直ぐにぶつかる為に非常に風の影響を受けやすい造りになっていました。元と同じ様に造っても、また飛ばされてしまう可能性が高いので、風の影響を受け難くします。

木下地を組んで補強します ガルバリウム鋼板を張って箱樋と一体化

風がまともにぶつからずに逃げる様に斜めに下地を作りました。木製の下地を作って板金を張って箱樋と一体化して固定します。

ガルバリウム鋼板を張って完成

トタンの替りにサビにくくて耐久性の高いガルバリウム鋼板を使用しましたので、外側がガッチリと固定されて、これで飛ばされる心配も無くなり安心です。

 

飛ばされた笠木も一緒に新しく

飛ばされた笠木も一緒に施工します 笠木部分からも雨水は入ります

袖壁の上にかぶせたあった笠木も台風の強風で飛ばされていました。ここから雨水が入り込む可能性がありますので、軒先と一緒に笠木もガルバリウム鋼板で造って被せました。昨年の台風24号の様な被害は滅多に起こる訳ではありませんが、屋根の状態を確認して対策はしっかりとおこないましょう。もし台風などの強風で被害を受けた場合は、ご加入の火災保険を使って直す事も出来ますので、ご加入の保険内容を確認してみましょう。今回被害を受けた杉並区下高井戸の屋根修理工事は、下地から直してガルバリウム鋼板で塞ぎましたので、これで安心出来るとお客様にも喜んでいただけました。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根を目指してスーパーガルテクトフッ素を使用した屋根カバー工事を一部火災保険を使用して行いました

      【施工内容】

      屋根補修工事、屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

      足立区東和で金属屋根から雨漏り、稲垣商事の縦葺きの屋根材スタンビー455(セピア)で屋根葺き替え

      【施工内容】

      金属屋根工事、金属屋根葺き替え工事

      文京区本駒込で屋根の定期点検に伺ったお客様からのご相談、屋上FRPベランダ床にトップコートを施工

      【施工内容】

      屋根補修工事、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      杉並区と近隣地区の施工事例のご紹介

      中野区新井でセメント瓦屋根への強風被害を火災保険で修理、葺き替えと軒天補修

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      杉並区成田西で屋根の棟瓦の漆喰を耐久性が高いシルガードで詰め直し工事

      【施工内容】

      漆喰詰め直し

      杉並区堀ノ内で屋根の平板瓦に後付け雪止めを設置して落雪対策しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風10号への備え、できていますか

      台風10号への備え、できていますか

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る