無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 板橋区若木で雨漏りしている築20年の化粧スレートを屋根カバー.....

板橋区若木で雨漏りしている築20年の化粧スレートを屋根カバー工事

【施工前】
屋根カバー工法前の化粧スレート

【施工後】
屋根カバー工法後のスーパーガルテクトの金属屋根

【お問い合わせのきっかけ】
「強風でスレート屋根が破損しているようなので一度、見てもらいたい」と板橋区若木のO様よりご相談がありました。詳しくお聞きしましたところ、雨漏りもしているようです。点検しましたところ、化粧スレートの屋根は全体的に塗膜が剥がれている他、谷樋にはかなりの錆が見られました。屋根全体に傷みが見られましたので、屋根カバー工法で屋根を刷新し、雨漏りを解消致します。

【工事内容】
屋根カバー工事 雨樋交換
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト(屋根材),タディスセルフ(防水紙)
施工期間
6日間
築年数
20年
平米数
32.8 ㎡(屋根)
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年(屋根カバー工事)
雨樋交換

【点検の様子】

谷板金の錆 塗膜が剥がれ基材が露出した化粧スレート

無料点検を行ったのは板橋区若木の築20年になるお住まいで、スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根を使用していました。棟板金の配置を見てみると、ちょっと複雑な形状をしていることが分かります。棟から3段目までの化粧スレートは塗膜が残っており、緑色をしていることが分かりますが、その下は何色だったか分からないくらい塗膜が剥がれています。屋根の面によっても色褪せと塗膜の剥がれ方は大きく異なるようです。

 

落下し、保管されていた剣先 塗膜が残っている面と基材が露出している部分

お庭の片隅には落下してきた剣先が保管されていました。この剣先は棟に使われる板金で、棟の下りの先端に使われているものです。その剣先が剥がれてしまった棟があります。こちらの屋根の面は緑色だったことが全く分からない面とかろうじて分かる面がありました。

 

雨漏りしている小屋裏 天井裏の雨漏り跡

雨漏りしているということで、小屋裏(天井裏)も拝見させていただきました。雨水が染みて変色している箇所が多数、見られます。小屋裏の中にはベニヤが渡されている部分があり、そこにも雨漏りの跡が見て取れます。カビなどが生えていないことから雨漏りが始まってから日は浅いようです。

 

【施工の様子~スーパーガルテクトによる化粧スレートへの屋根カバー工事】

スレート屋根、屋根カバー工法開始 棟板金と貫板の撤去

今回は化粧スレートなどで選ばれることの多い屋根リフォームの1つである屋根カバー工法を行います。これまでのスレート屋根をそのままに、その上に新しい屋根材を被せる工法です。文字通り、屋根を新しい屋根でカバーする工法です。屋根の重ね葺きをする上で、棟板金やそれを固定していた貫板などは不要となるので解体し、撤去いたします。

 

撤去された貫板と棟板金 屋根の上を清掃

解体し、撤去した棟板金と貫板です。屋根の角にしか存在しないものですが、こうして見てみると、結構な量があります。棟板金と貫板を撤去した棟は腐食した貫板の崩れた部分が残っていますので、それらはしっかりと清掃いたします。

 

防水紙タディスセルフ 軒先に水切り板金の取り付け

掃除が終わりましたら、防水紙をこれまでの化粧スレートの上に敷いて貼り付けていきます。まずは軒先に水切り板金を取り付けていきます。軒先の水切り板金はこの部分への雨水の滞留を防ぎ、素直に雨樋へと排出させるために取りけられるものです。

 

防水紙の敷設 スーパーガルテクト

防水紙を敷設していきます。使用した防水紙はタディスセルフです。釘穴が拡がりにくい改質アスファルトルーフィングで、粘着型です。設置し、屋根材を固定した後にずれることもないので、ずれによって釘を固定した部分が引っ張られ、余計な力がかかることによって裂けてしまうということも防止できます。

 

スーパーガルテクトを葺いていく 屋根材と雪止めを同時設置

防水紙を屋根の頂点まで設置し終わったら、スーパーガルテクトを設置していきます。スーパーガルテクトはマグネシウムが添加されたアルミ・亜鉛めっき鋼板です。ガルバリウム鋼板とめっきの組成とほぼ変わらないのですが、マグネシウムが添加されたことにより3倍超の耐久性を獲得しました。スーパーガルテクトを設置していく際には雪止めも同時に取り付けていきます。表面が滑りやすい金属屋根材には積雪地帯でなくても雪止めは必須です。

 

谷板金の周辺にも屋根材取り付け 谷周辺の施工完了

谷となっている部分にもスーパーガルテクトを葺いていきます。屋根材は基本的に広い部分から設置していきます。その方が無駄が出ないからです。大きな屋根材を加工して小さくすることは可能ですが、小さい屋根材を加工して大きくすると接合部分の多いつぎはぎだらけの屋根材にしかならず、雨水が浸入しやすくなってしまいます。

 

棟板金の取り付け 棟板金はビス止め

スーパーガルテクトの設置が終わりましたら、棟板金を取り付けていきます。もちろん、棟板金は釘ではなくビス止めです。ビスの方が緩みにくいからです。

 

屋根全体への棟板金取り付け完了 雨樋交換

棟板金の取り付けが完了しました。寄棟の大棟から続く下り棟の途中で折り曲がり、底に谷ができるというちょっと複雑な形状ですが、しっかりと収めています。雨樋も新しいものへと交換しましたので、屋根とその廻りはほとんどが新しくなりました。

 

【竣工、スーパーガルテクトによる化粧スレートへの屋根カバー工法】

屋根カバー工法、竣工

今回は築20年の化粧スレートの屋根カバー工事を行いました。築20年というと、環境や立地次第ではスレート屋根の耐用年数にあたります。まだまだ持ちそうという屋根もあれば、そろそろ大規模な屋根リフォームを考えた方がいいという屋根があるのも事実です。スレート屋根に限らず、築20年前後になった場合は一度、本格的な点検をした方がいいでしょう。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      世田谷区深沢で足場の代わりに高所作業車で雨樋交換して工期を短縮

      【施工内容】

      雨樋交換

      多摩市桜ケ丘で表面が劣化したニチハのパミールをスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工事

      墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根を目指してスーパーガルテクトフッ素を使用した屋根カバー工事を一部火災保険を使用して行いました

      【施工内容】

      屋根補修工事、屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      板橋区と近隣地区の施工事例のご紹介

      板橋区若木で3階建て戸建て住宅のスレート屋根の棟板金交換

      【施工内容】

      豊島区南大塚で雹と台風災害を受けたスレート屋根を屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工事

      板橋区成増でアスベスト含有のスレートからスーパーガルテクトへ屋根葺き替え

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      ページトップへ戻る