無題ドキュメント

HOME > ブログ > 新宿区中落合で点検した屋根はコロニアルNEOの屋根でした

新宿区中落合で点検した屋根はコロニアルNEOの屋根でした

更新日:2020年12月26日

築十数年のお住まいに多いコロニアルNEOの屋根

コロニアルNEO

 新宿区中落合にお住まいのお客様より屋根の点検依頼をいただき、現地へお伺いいたしました。築13年目になったので、そろそろ塗装のメンテンナスをしようか考えているとのことです。屋根に梯子をかけて確認させていただくと、使われている屋根材は旧クボタの「コロニアルNEO」でした。2001年から製造された屋根材で、現在では製造中止となっています。なぜ製造中止となってしまったのか、次の項目で詳しくご説明いたします。

ノンアスベストの先駆けの屋根ですが問題が多い屋根材でした

コロニアルNEOの屋根 コロニアルNEOの屋根

 一昔前に建材へのアスベスト含有が問題になったことは記憶に新しいかと思います。飛散したアスベストを吸い込むことによって肺ガンなどの発生率が上昇するという健康被害について判明したことが原因でしたが、この問題が判明する前までアスベストは神の素材として建築業界ではとても重宝されたものでした。非常に安価でありながら建材の耐候性や頑健性を飛躍的に上げることができたためです。そんなアスベストを含まない屋根材として先駆けて作られたのがコロニアルNEOです。「アスベストを含まない」という目標は達成していましたが、アスベストがないことによって落ちた頑丈さは対策されないままの販売となってしまい、築10年を過ぎたあたりから各所で問題が報告されるようになりました。

塗装によるメンテナンスはあまりオススメできません

少し欠けた屋根 ひび割れた屋根

 コロニアルNEOの特徴はその脆さです。アスベストが抜けたことによって脆い屋根材に仕上がってしまいました。写真でわかるように。欠けやひび割れが生じやすいことが特徴です。そのため、築10年程のスレート屋根のメンテナンスといえば塗装メンテナンスですが、コロニアルNEOに限ってはそれがオススメできません。なぜ塗装をするのかを根本的に考えると、劣化を遅らせて屋根を長持ちさせたいからではないでしょうか。コロニアルNEOは塗装をしても屋根材そのものの抱える問題のせいでひび割れや欠けが止まることはありません。塗装をしても長持ちしないのです。コロニアルNEOの屋根である場合は、カバー工事などの全体的なメンテナンスがオススメとなります。

 私達街の屋根やさんでは、感染が広がり続けている新型コロナウィルスへの感染対策として、訪問時のマスク着用や手指の消毒を徹底して実施しております。お問い合わせの際はご安心いただければ幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

杉並区浜田山で強風で捲れてしまった急勾配の屋根を火災保険で葺き替え工事しました

【施工内容】

屋根葺き替え

江戸川区西瑞江でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事を施工致しました

【施工内容】

屋根葺き替え

狛江市東和泉でセキスイかわらUを撤去した後、スーパーガルテクトで葺き替え工事いたしました

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根葺き替え、屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

新宿区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区松江で屋根カバー工事、スーパーガルテクトを使用致しました

【施工内容】

屋根カバー工法

文京区白山で床がフワフワする屋上FRP防水を下地からやり直してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法で再防水工事しました

【施工内容】

雨漏り修理

文京区本駒込で断熱ブロックを撤去してウレタン塗膜防水の通気緩衝工法を実施いたしました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る