無題ドキュメント

HOME > ブログ > 練馬区貫井で強風で被害を受けた瓦葺き屋根を葺き直し工事で直し.....

練馬区貫井で強風で被害を受けた瓦葺き屋根を葺き直し工事で直します

更新日:2020年4月18日

 練馬区貫井で強風により被害を受けた屋根の調査をおこないました。

 3月も風が強い日が結構ありましたが、4月に入っても突風が吹いた日が何日かありましたので、屋根の被害が増えております。台風の様に長時間強風が続いている訳ではありませんが、弱くなっている部分は風の影響を受けてしまう様です。

 私たち街の屋根やさんでは、調査に伺う際にはマスク着用しアルコール消毒をおこなうなど、新型コロナウイルス対策をおこなっております。

 屋根に上って状況を確認すると、瓦が被害を受けている事が確認出来ました。棟瓦が崩れており、飛ばされた瓦がぶつかった事で割れているところもありました。経年劣化によって下地に傷みが出ている様で、瓦が割れたところから雨水が入り込み軒天まで腐食させていた事が分かります。軒天に張られたべニアは水分を含むとベロベロになってしまい剥がれてきますので、風で煽られて完全に剥がれ落ちてしまう様です。

強風によって被害を受けた状況を確認します

強風被害を受けた瓦葺き屋根

 日本瓦葺き屋根は瓦桟という横向きに打ち付けた木に引っかけて葺かれていますので、地震で外れたり台風などの強風によって捲れてしまう事があります。一見何も被害を受けていない様に見える場合も実際はズレている事があるのですが、調査した屋根は特にそのような状況にはなっていませんでした。

強風で棟瓦が剥がれていました 棟瓦もズレ始めています

 被害を受けているのは屋根の一番高いところに積んである棟です。熨斗瓦(のしかわら)という平らな瓦を3段積んでから断面が半丸の冠瓦(かんむりかわら)を乗せてあります。

 下から銅線で固定しているのですが、強風で冠瓦が飛ばされていました。熨斗瓦も外側にズレ始めているところが結構ありましたので、一旦取り外して下地から直す棟取り直し工事が必要です。

飛ばされた瓦で被害が広がっていました

瓦が飛んで割れてしまった様です 屋根からの雨水で軒天が腐食しています

 冠瓦が飛ばされた事でぶつかった部分の瓦が割れていました。瓦の下には防水紙が敷いてありますが、経年によって劣化してひび割れたり裂けたりしてしまうので、そこから雨水が流れ込んでしまい雨漏りに繋がります。

 割れた瓦の下の軒天が剥がれていました。軒天にはべニア合板が貼られていますが、薄い板を繊維方向が交互になる様に張り合わせてある材料で、劣化したべニア合板が水分を含むと張り合わせた部分が剥がれてベロベロになってしまいます。

べニアが強風で捲れてしまいます 下地が傷んでいました

 べニア合板が剥がれた原因は屋根からの雨漏りによるものと、湿気がこもった事での結露が原因になっています。軒先の部分のバラ板が腐食していますが、垂木は問題ありませんので屋根の下地を直せば問題ありません。

 練馬区貫井で強風の被害を受けた瓦葺き屋根は、瓦を再利用して下地を新しくする葺き直し工事をご提案致しました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、屋根葺き直し

      世田谷区尾山台で雨漏りしている瓦葺き屋根は葺き直し工事をおこないました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、雨漏り修理

      東村山市野口町で入母屋の瓦屋根を部分的に葺き直して雨漏り解消

      【施工内容】

      屋根葺き直し

      その他の施工事例一覧→

      練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

      西東京市中町でモニエル瓦葺き屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      杉並区阿佐谷南で傷んだ半月型の雨樋を水が溢れにくい角型のものに交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      杉並区高井戸西で廃盤のかわらU専用の棟をガルバリウム製のものへ交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る