無題ドキュメント

HOME > ブログ > 低価格でデザイン性も高い屋根材コロニアルクァッドについて知っ.....

低価格でデザイン性も高い屋根材コロニアルクァッドについて知っておきたい4つのポイント

更新日:2020年4月6日

コロニアルクァッドとはケイミュー株式会社(KMEW)で製造・販売している屋根材の一つです。ケイミュー株式会社では屋根材だけでなく外壁材や雨といといった外装系の商品を取り扱っておりますが、その中でも特に屋根材についてはROOGA(ルーガ)、COLORBEST(カラーベスト)、スマートメタルなどが主なラインナップになっています。このページではカラーベストのベーシックラインであるコロニアルクァッドについてご紹介いたします。

 

コロニアルクァッドはどんな屋根材?

屋根材には大きく分けて、コロニアルスレート、金属、瓦で分類されます。そのなかでもコロニアルクァッドはコロニアルスレートの一種です。
そもそもコロニアルスレートとは、セメントや粘土を基材にしており、ケイミューの改名前であるクボタの時期、1961年に発売した「コロニアル」という商品名のことです。コロニアルがスレートのなかでもシェア率が高かったことからコロニアルと言えばスレートのことを指す様になりました。

コロニアルクァッド

 

コロニアルクァッドのメリット

現在、多くのお住まいの屋根にコロニアルクァッドは使用されているには、はやり他の屋根材と比較して多くのメリットがあるからです。

・比較的安価である
・和瓦(粘土瓦)よりも軽量で耐震性にも優れている
・施工がしやすく工期が短くなる(施工できる業者が多い)
・カラーバリエーションが多くデザイン性が高い

 

コロニアルクァッドのデメリット

多くのメリットがある屋根材ですが、その反面デメリットも存在します。

・劣化による色褪せ
・経年劣化でひび割れや欠けが発生する
・メンテナンス頻度が高い
・屋根塗装で縁切りがされないと雨漏りすることがある

 

コロニアルクァッドの耐用年数は約30年ほどです。それまでの間に色褪せや欠けなどを起こさないように、定期的なメンテナンスをしていくことが必要です。しかし、逆に言えばしっかりメンテナンスをしておくことで、多くのメリットを生かすことができるのです。私達、街の屋根やさんでは10年以上経っている場合は屋根の状態を調査し、必要であればメンテナンスを行うことを推奨しております。

 

コロニアルクァッドのメンテナンスが必要な時期

どういう症状が出ていたらメンテナンスが必要なのか見ていきましょう。

・色褪せ(いろあせ)

色褪せとは太陽光(紫外線)や風雨によって屋根材が劣化して色が変わってきます。元々の色よりも薄くなることから色褪せと言いますが、すでに屋根塗装をしている場合は、塗料が粉状に劣化した「チョーキング」という症状も色褪せに分類されます。この場合は屋根塗装を行う必要があります。

色褪せした屋根 チョーキングによって白っぽくなっている

 

・塗膜のヒビや剥がれ

屋根材はどうしても紫外線や水分によって劣化が早まりますが、それを防止するために塗装による塗膜で保護しています。しかし経年によって塗膜が剥がれてくると、紫外線や水分の影響をもろに受けることで屋根材自体が傷んでしまいます。この場合も屋根塗装を行います。

 

塗膜にヒビが入っている 塗膜が劣化している

 

・屋根材のひび割れ

屋根材が割れる原因は多岐にわたります。台風などの強風によって剥がれてしまったり、飛来物によって割れてしまうケース。他には経年で屋根材自体がダメになって割れてしまったケース。前者は割れてしまった範囲によって補修の方法がかわりますが、一部であれば補修材を使って部分的な修理も可能です。しかし広範囲にわたる場合や、屋根材の下の防水紙や野地板などにも傷みがあれば屋根葺き替え工事が必要になります。また、後者の場合は屋根材全体がダメになっているケースがほとんどですんで、この場合も屋根葺き替え工事を行います。

 

・屋根材の反りや剥離

紫外線や水分による劣化では前項のひび割れ以外に反りや剥離も見られます。反りも剥離も塗装などで修復が難しいので基本的には屋根葺き替え工事を行います。

スレートの反り 反りがあるのは屋根材劣化のサイン

 

・苔やカビの発生

特に日当たりが悪い北側の屋根に発生します。元々コロニアルの表面は撥水性や防藻効果がありますが、経年によってその機能が低下すると苔やカビが生えます。特に軒先の方に向かって水分の滞留時間が長くなるので、その辺りも発生しやすいです。苔やカビが生えた場合は、高圧洗浄、必要であればバイオ洗浄を行って屋根塗装で撥水性や防藻効果を回復させる必要があります。

スレートに生えた苔 スレートに生えた苔

 

コロニアルクァッドを使った屋根工事

・屋根塗装

コロニアルクァッドは10年以上経っている場合は屋根塗装が必要になります。屋根塗装の工程は以下の通りです。

1、高圧洗浄(バイオ洗浄)
2、タスペーサーを使った縁切り
3、下塗り
4、中塗り
5、上塗り

屋根塗装によって撥水や防藻効果の回復だけでなく、色褪せや変色している屋根も美しさを取り戻します。コロニアルクァッドを長持ちさせるだけでなく、景観維持にも屋根塗装は必須です。

屋根塗装 高圧洗浄の様子 屋根塗装 下塗りのシーラー

 

・屋根葺き替え工事

屋根材が傷んでしまった場合や防水紙や野地板に問題がある場合、屋根材や野地板も含めて屋根葺き替え工事を行います。

1、屋根材撤去
2、野地板交換
3、防水紙設置
4、屋根材設置

屋根葺き替え工事 防水紙設置の様子 屋根葺き替え工事 屋根材設置

 

・屋根カバー工法

屋根材だけが傷んで交換が必要な場合は、既存の屋根を残して、新しい屋根を新規に作る屋根カバー工法を行う場合もあります。屋根葺き替え工事よりも廃材が少なく工期が短いというメリットがある工法です。しかし、屋根材が瓦など屋根カバー工法には不向きな屋根材もあるので、ご検討している場合はお気軽にご相談ください。

1、棟板金や役物金具の撤去
2、防水紙設置
3、屋根材撤去

屋根カバー工法 防水紙設置 屋根カバー工法 谷板金設置

 

まとめ

コロニアルクァッドは安価でカラーバリエーションも多い屋根材です。しかし、重要になるのは定期的なメンテナンスで、これを怠ると耐用年数よりも大幅に屋根材がダメになってしまったり、急な雨漏りを引き起こす危険があります。
街の屋根やさんではお住まいの無料点検を行っております。10年以上経過しているが特に不具合がないお住まいの場合も一度弊社の無料点検を受けてみることで、以外な不具合が見つかるかもしれません。屋根の上はどうしても確認が難しく、また専門知識がないと分からない不具合も多いので、気になる方はお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そして用いられる屋根材も伝統的な和瓦から最新のハイブリッドのものまで多種多様です。これから屋根の葺き替えやカバー工法…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。 高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。 寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐えなければなりません。美観やデザインのことを別にすれば、やはり耐久性があり、耐用年数も長い屋根材を選び…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る