無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区旗の台で屋根点検、谷樋・外壁取り合いは雨漏りの頻発箇所.....

品川区旗の台で屋根点検、谷樋・外壁取り合いは雨漏りの頻発箇所です

更新日:2019年12月27日

品川区旗の台で屋根・外装の点検を実施いたしました。今回はお住まいの外装において雨漏りが発生しやすい場所について解説いたします。

谷樋は屋根の中でも最も雨漏りがしやすい場所の一つです

劣化が始まっている谷樋 雨水の通り道がわかる谷板金
 
そもそも屋根はお住まいの中でも雨漏りが最も起こりやすい場所で、それは屋根に詳しくない方も想像できるという方が多いと思います。ただ屋根にも様々な部位があり、特に雨漏りが起こりやすい場所というのが存在します。その一つが「谷樋」です。谷板金とも言いますが屋根の谷部分に施工されている板金を指し、雨樋としての役割を持つことから谷樋と呼ばれています。写真をご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、瓦から雨が運ばれ、落ちてくる部分の色が剥がれ、水の通り道が一目でわかります。塗装が剥げ、板金そのものを徐々に傷め、錆、そして穴へと発展していくことで雨漏りへと繋がります。瓦自体は耐用年数が長いためメンテナンスが必要ありませんが、屋根を構成する谷樋は雨漏りの再頻発箇所とも言ってもいい弱点部分です。銅製の谷樋であれば20年程度、錆に強いというガルバリウム製でも30年程度を目安に交換が必要となります。

外壁取り合い部分は屋根の弱点部分

シーリングの剥がれが見られる外壁取り合い
 
続いてこちらは外壁との取り合い部分です。屋根と外壁が接触する部分ですね。例えば屋根の棟に設置される棟板金も然りですが、雨水が浸入しやすい弱点部分には板金部材が取り付けれています。これらを雨仕舞と言います。本来であればコーキングによって隙間が埋められ雨水の浸入を防いでいますが10年程度でシーリングも劣化してきて、ひび割れや剥がれを引き起こします。当然隙間ができてしまえば雨水の浸入を許す結果となりますので、新築10年程度で再度シーリングを充填すること、またその際には寿命の長いシーリングをお選びいただくとメンテナンスサイクルが長くなり、お得となります。

シーリングは新築から10年で劣化が訪れます

浮いてきた外壁シーリング 浮きとひび割れが見られるシーリング
 
シーリングというと外壁にも使われていますね。外壁の目地部分に充填されていますが実は外壁からも雨漏りが起こるって知っていましたか?雨漏りというと屋根からという印象が強い方も多いかと思いますが、風が強い日の雨などは雨水が外壁に直接かかります。当然そのような事態が起きても簡単に雨漏りが起きないよう、外壁材があり、その中に防水シートが敷設されているわけですが外壁内部へ雨水の浸入を許せば、雨漏りから建物を守っている防水シートを傷めつけ、時間をかけて室内まで到達することになります。こちらも新築から10年程度で再充填が必要となります。新築から10年というと外壁塗装が必要なるタイミングでもあります。フッ素や無機といった塗料、また寿命の長いシーリング材をお選びいただくことでこちらもメンテナンスサイクルを伸ばすことができます。

街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      中野区本町で強風で割れたバルコニーの屋根をポリカーボネートの波板で張り替えます

      【施工内容】

      西東京市ひばりが丘で強風で飛散した屋根の笠木をガルバリウム鋼板製へ交換します

      【施工内容】

      江戸川区南小岩で強風による棟板金の剥がれの復旧に併せて屋根塗装

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      大田区下丸子にて台風の強風で割れたバルコニーの波板を火災保険でポリカーボネート製に張り替えました

      【施工内容】

      屋根補修工事

      江東区新砂の工場にてルーフデッキ500で強風で破損した折板屋根の葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、金属屋根工事、金属屋根葺き替え工事、ガルバリウム鋼板

      大田区大森北にて強風被害を受け落下してしまった棟板金の復旧工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、スレート屋根補修工事、棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      ページトップへ戻る