無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区東大井でスレート屋根の定期メンテナンス、屋根塗装前の点.....

品川区東大井でスレート屋根の定期メンテナンス、屋根塗装前の点検にお伺いしました

更新日:2019年12月23日

品川区東大井のお客様より、訪問販売の方に屋根の劣化を指摘され塗装工事を進められたが本当に必要かどうか判断つかないので一度見てほしいというご依頼をいただきましてご自宅にお伺いしました。
 
築17年のスレート屋根

スレート屋根に塗装は必要か?塗装のタイミングは?

粘土瓦以外の屋根には定期的なメンテナンスとして塗装が必要となりますが、今回お伺いしたご自宅にはスレート屋根が採用されていました。新築では金属屋根が採用されることも多くなりましたが、スレートは施工性の高さや価格から現在でも新築ではかなりのシェアを占めています。では新築から数えて塗装のタイミングは何年くらいが妥当なのでしょうか?それは約10年です。もう少し細かく言えば8年から10年が妥当でしょう。今回お伺いさせていただいたお宅は新築から17年が経過してしまっているようですが、屋根に艶がなく乾いたような見た目になっています。
 
塗膜が剥がれたスレート屋根 小口に水分が染み込んだスレート屋根
 
完全に塗装が剥がれ、防水性が失われている状態だと言えます。屋根の小口部分(端部分)が周囲と比べて色が黒っぽくなっていますが、水分を吸っている証拠です。そもそもスレート屋根は塗装によって雨から屋根材を守っていますから塗装が剥がれてしまえば、水分を含んでしまい屋根材を弱くしてしまうだけではなく、最悪雨漏りへと被害を発展させてしまいます。そうならないように新築から10年程度で必ず塗装が必要になるのです。

塗装の剥がれ以外のスレート屋根チェックポイント

棟板金 一部が割れたスレート屋根

塗装時に併せて確認したいのが、屋根材の割れや棟板金です。棟板金とは屋根の棟部分に取り付けられている板金部材です。雨仕舞といって雨水の浸入箇所となり得るような屋根の弱点部分に必ず取り付けられている部材ですが、経年で浮いてしまったり、釘が抜けてしまったりといった不具合が起きてしまえばこちらも雨水への浸入口となり、雨漏りへと発展します。不具合がなければ塗装を施します。しかし劣化(例えば錆がひどい、穴が空いている、釘が抜け落ちて水が入り込んでしまっている)がひどい場合が交換するという選択肢もありますね。また屋根材の欠損等もチェックを忘れてはいけません。例えばご覧いただいてわかるように今回の屋根は「割れ」が見られます。当然割れた箇所から雨水が浸入してしまいます。コーキング処理を施す方法もありますが、必要な箇所の屋根材を交換するという方法もあります。もちろん処理方法によって耐久性や価格も変わりますので街の屋根やさんではそれぞれのメリット・デメリット等もお伝えした上で必要なお見積りを複数お出しするようにしております。

今回のお宅の場合、状況から鑑みるに屋根塗装が必要な状態であることは間違いありません。我が家は美観は気にしないから・・・ということではなくお住まいを長持ちさせるために雨漏りの予防や屋根の劣化予防には必ず必要になるということを是非ご認識いただけたらと思います。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っ…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴ…続きを読む
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

こんにちは。このページでは屋根の葺き直しについてご説明いたします。屋根葺き替えとの違いや屋根葺き直しの必要性、また、簡単な工事の流れなどをご紹介します。…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができ…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

こんにちは。このページでは屋根の葺き直しについてご説明いたします。屋根葺き替えとの違いや屋根葺き直しの必要性、また、簡単な工事の流れなどをご紹介します。…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ 屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。 1.機能・性能UP 塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨…続きを読む
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      相模原市東橋本で塗膜の劣化したトタン屋根を遮熱塗料による屋根塗装工事でメンテナンス

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根塗装、遮熱塗料

      その他の施工事例一覧→

      品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

      【施工内容】

      棟板金交換

      大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      品川区中延にて火災保険の風災で波板張り替えと雨樋交換工事をおこないます

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る