無題ドキュメント

HOME > ブログ > 江戸川区北小岩で屋根カバー工事の事前調査、お客様の屋根は何と.....

江戸川区北小岩で屋根カバー工事の事前調査、お客様の屋根は何とニチハパミール

更新日:2019年7月28日

江戸川区北小岩のお客様から屋根カバーを行いたいので見積もりが欲しい、とのご依頼を頂き調査に伺って参りました。屋根カバー工事をご検討されているとのことから、事情を伺ってみると、飛び込み業者さんの指摘でお客様の屋根がニチハパミールとわかったそうです。いろいろとネットで探したところ、どうやら塗装は不適との結論に達し屋根カバー工事をご検討されたとの経緯でした。

パミールという屋根材はいったいどういう物なのか、簡単にご説明いたします。パミールは1996年から2008年まで製造された化粧スレート屋根材でニチハというメーカーが製造いたしました。アスベストを含まなくした屋根材として発売されたもののアスベストの代用品がうまく適合しなかったのか、現在、屋根材の表面が剥がれてしまうといった不具合が多く発生している屋根材です。

私たちがお伺いさせていただくお客様でも築年数10年から15年くらいで気が付かれるお客様が多いようです。きっかけは、塗装の塗り替えで調査をしてもらったり、飛び込み業者さんの指摘だったり、台風の後に屋根材の破片がベランダに落ちていたり等がほとんどです。

屋根は地上から見えないことの方が多い

建物外観正面 建物外観うら

お客様の家の屋根も玄関上の下屋根以外、ほぼ外から状況を知るのは不可能です。まして、普段からご自宅の屋根を気にされてみている方がどのくらいいるのでしょうか?

屋根を間近で見てわかる屋根の状況

北側屋根

梯子を掛けて初めて具体的に屋根の状態が見れました。明らかにパミールの層間剥離の状態です。小口がボロボロになっていくのが特徴です。

パミールの場合、北側が傷みやすい

棟から南北を見る 下屋根の様子

屋根に上って南北の屋根の傷み具合を比較すると圧倒的に北側が傷んでいます。これはパミールがいかに水に弱いかを物語っているものです。

傷んでしまったパミールを屋根カバー工法で解決

上記のように傷んでしまった屋根、今回江戸川区北小岩のお客様は屋根カバー工法を行いたいとのことでした。
屋根カバー工法とは現在のパミール屋根を新しい屋根でカバーする工法になります。ですので屋根が二重になるイメージです。屋根を重ねて葺くということで「重ね葺き」と呼ばれていることもあります。
ここで、屋根カバー工法によるメリットとデメリットをご紹介したいと思います。
まずはメリットについて。

・廃材がほとんど出ない
屋根カバー工法の場合、屋根葺き替えと異なり解体と廃材処理が必要なものは棟板金くらいです。そのため屋根葺き替え工事と比べると費用が全体的に安くなるのです。

・工事期間が短い
塗装や葺き替え工事よりも工期が短くなります。
工期が短いということは人件費もかからないため更に費用は安くなります。また、足場の設置期間も短くなるため、比較的他の工事と比べると普段の生活で支障がでることは少なくなります。

続いてデメリットです。

・瓦屋根への屋根カバー工法はかなり難しい
今回ご相談をくださいました江戸川区北小岩のお客様の屋根は瓦屋根ではないため問題ありませんが、基本的に瓦屋根の場合はカバー工法は向いておりません。

・劣化状況によりカバー工法が不可能な場合も
屋根の下地が劣化してしまっている場合はその部分を補修する必要があり、補修せずにカバー工法を行ってしまうとそのまま放置してしまっている状態となり、お住い内部の劣化が進行してしまいます。
街の屋根やさん東京では、屋根カバー工法を行う前に入念なお住いの屋根の点検、調査を行い施工できるかどうかを判断し工事のご提案を行っております。

屋根カバー工法の流れ

①不要な棟板金を撤去します。
棟板金、その下に設置されている貫板の撤去を行います。また雪止めが設置されていた場合はそれらも撤去し掃除を行っていきます。

②防水紙の敷設
もともとあった屋根の上に防水紙を設置していきます。基本は軒先から棟に向かって敷いていくことが大切です。また、その際に上下の防水紙を10センチほど重ねていきます。そうすることで屋根材の下にもしも雨水などが入り込んでしまっても屋内まで浸入することを防げるのです。

防水紙敷設 防水紙

③新しい屋根材の設置
続いて新しくする屋根材を設置します。ちなみに新しい屋根材は基本的に、ガルバリウム鋼板を使った横暖ルーフなど軽いものを選ぶことがおすすめです。

④貫板・棟板金の設置
屋根材の設置が終了したら貫板、棟板金の設置を行っていきます。
棟板金が特に風の影響を受けやすいため飛散しないようにしっかりと固定をします。

⑤コーキング処理を施し屋根カバー工法終了
板金の合わせ目から雨水などの浸入を防ぐようにコーキング処理を行えば工事完了です。

横暖ルーフ カバー工法

まとめ

屋根カバー工法は屋根葺き替え工事とは異なり工事費用が安くなったり、工期が短いというメリットがあります。しかし、瓦屋根の場合や、下地が劣化してしまっている場合はカバー工法には向いていません。
屋根の劣化状態というのは普段屋根を目にする機会がないため、ご自宅の屋根がどれほど劣化してしまっているのか確認することは難しいです。
街の屋根やさん東京では、お住いの屋根の点検や工事のご相談、お見積もりは無料で行っております。ご自宅の屋根の状態を確認したい、点検やお見積もりをお願いしたいという方はお気軽にご相談をください。

屋根カバー

雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      葛飾区青戸で軒先がなくなってしまったトタン製霧除け屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      庇工事、ガルバリウム鋼板

      葛飾区金町にて遮熱塗料(高日射反射率塗料)が対象の助成金で外壁塗装工事、合わせて屋根カバー工事も実施しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、外壁塗装、遮熱塗料

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区東新小岩で令和元年東日本台風のご被害により棟板金が飛散、火災保険を使用して修繕工事を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換

      墨田区東墨田にて令和元年房総半島台風で被災した工場のポリカ波板屋根の貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨樋交換、庇工事

      江戸川区篠崎町にてアイジー工業のスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法、換気棟

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!