無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 板橋区坂下でパラペットからの雨漏りを笠木交換を行って改修工事.....

板橋区坂下でパラペットからの雨漏りを笠木交換を行って改修工事しました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 板橋区坂下のK様は突然の雨漏りにお困りで、私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。築年数は42年ほどになるとのことで今後、建て替え等も検討しているので応急処置的に修繕を行いたい、とのことでした。新型コロナウイルス感染防止対策をとって現場調査にお伺いさせていただきました。

 建物は二階建てでパラペットのある造りをしておりました。まずは室内の雨漏りの様子をご案内いただき、天井内も見ることが出来ましたので確認を進めていきおおよその雨漏りの検討をつけて屋根に登らせていただき調査を行っていくと屋根は十数年前に瓦屋根から立平嵌合式の金属屋根に葺き替えを行っているとのことでした。

 外観上の大きな破損などは無かったのですがパラペットと屋根のおさまり部分や笠木周辺に雨漏りを起こしそうな部分があっため笠木等を外して詳細調査をさせていただく事になり別日に調査を行いました。

 詳細調査の結果、パラペット笠木からの浸水と棟との取り合い部分からの浸水が確認できたので、笠木交換、パラペット内壁の防水対策などの工事を承る事になりました。
 板橋区坂下のK様は突然の雨漏りにお困りで、私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。築年数は42年ほどになるとのことで今後、建て替え等も検討しているので応急処置的に修繕を行いたい、とのことでした。新型コロナウイルス感染防止対策をとって現場調査にお伺いさせていただきました。

 建物は二階建てでパラペットのある造りをしておりました。まずは室内の雨漏りの様子をご案内いただき、天井内も見ることが出来ましたので確認を進めていきおおよその雨漏りの検討をつけて屋根に登らせていただき調査を行っていくと屋根は十数年前に瓦屋根から立平嵌合式の金属屋根に葺き替えを行っているとのことでした。

 外観上の大きな破損などは無かったのですがパラペットと屋根のおさまり部分や笠木周辺に雨漏りを起こしそうな部分があっため笠木等を外して詳細調査をさせていただく事になり別日に調査を行いました。

 詳細調査の結果、パラペット笠木からの浸水と棟との取り合い部分からの浸水が確認できたので、笠木交換、パラペット内壁の防水対策などの工事を承る事になりました。


担当:渡辺


【工事内容】
雨漏り修理 その他の工事 笠木交換工事
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製笠木、ルーフィング、透湿防水シート
施工期間
延べ2日間
築年数
42年
平米数
小工事の為、1式扱い
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
雨漏り修理 その他の工事 笠木交換工事
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製笠木、ルーフィング、透湿防水シート
施工期間
延べ2日間
築年数
42年
平米数
小工事の為、1式扱い
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
雨漏り修

室内雨漏りの様子

室内雨漏り

 板橋区坂下にお住まいのK様から、築42年になる家で急な雨漏りが発生したので調査をお願いしたい、というお問い合わせを私たち「街の屋根やさん」に頂き調査にお伺いさせていただきました。新型コロナウイルス感染症防止対策を行って調査に伺わせていただいております。まずはお話をお伺いさせていただくと10数年程前に瓦屋根から葺き替え工事を行っているとの事、今まで目立ったような雨漏りは発生していないようだ、という事をお聞きすることが出来ました。そこで、実際に雨漏りが発生しているお部屋にご案内いただき調査を行って参りました。雨漏りが発生しているのは和室の壁際付近で屋根の中心よりも軒側に近い分部が雨漏りの跡が目立っておりました。天井だけでなく壁や柱にも雨染みが残っています。

小屋裏内部の確認

雨染み

 せっかくですので、天井内部(小屋裏)も簡単に見ることが出来ましたので確認をさせていただきました。天井内部は漏水による木材の腐食などは見られなかったものの溜まったホコリに雨水が垂れた跡や各所の木材に漏水痕が見られました。

小屋裏 小屋裏内部

 以前に葺き替え工事を行っているとのこともあり、葺き替え工事の前からある漏水痕なのかごく最近の物なのかはすでに雨漏りが発生してから日が経っているため判別は難しい状況です。

屋外屋根の様子

外観

 建物外部はどのようになっているか考察していきます。建物はパラペットのある建物で木造2階建てです。赤い囲みの範囲が雨漏りが起きている所です。室内の雨漏りの様子や小屋裏の雨染みの様子から漏水の原因を考えていくと、パラペットのある屋根にありがちな谷部分からの雨漏りを想定しました。

ドローン空撮 パラペット

 屋根に上がる前に、全体像をとらえるためにドローンも使って調査を行います。屋根は瓦から立平嵌合式葺きの屋根に葺き替えたようです。立平嵌合式屋根材は棟部分から軒先まで一体物の屋根材ですので屋根の途中から雨漏りを起こすことは極めて考えにくい材料です。予測を立てた谷に関しては、そもそも谷を作成していない屋根となっており、そうなるとパラペットと屋根の際の部分にアヤシイ雰囲気が漂ってきます。また軒先側はパラペットが屋根からの雨水を直接受けるような構造に見えます。この辺りも漏水原因の可能性の1部となっていそうです。

笠木 際谷

 より細かく屋根の状態を見るために、屋根に登って調査を続けていきます。ドローンだけでは見えなかったパラペット笠木も固定を平面に釘打ちしている「脳天打ち」を行っており、一部釘は抜けて無くなっている所も見られました。屋根からの雨水を直接受ける形になっていたパラペットは間に空間を設けて水を抜けるようにしてありましたが、柱の部分は板金処理とシーリング処理だけでしたので、ここも漏水原因の一部と考えられます。

棟取り合い 棟板金

 このほかに想定できる部分は、パラペットと棟の取り合い部分です。少々不思議な板金で収めており、こちらも漏水原因の可能性があります。棟板金に関しては吹き込み防止の面戸も付けられていましたので少し浮いている様には見えましたが可能性は低いと思われます。外的に明らかに破損していたり、際谷にゴミが詰まったことによるオーバーフロー的な要素は見つけることが出来ませんでした。K様もそう遠くない将来に建て替えなどもご検討されているとのことで何とか雨漏り原因を究明したい、というご希望がございました。雨漏りの場所的に、「笠木」、「パラペット際」、「棟取り合い」は間違いないので、それらの「可能性のある部分」を脱着してさらに細かい調査を行っていくご契約をさせていただき別日に再調査を行う事になりました。

原因究明のための詳細調査作業

解体

 詳細な調査を行うために、まずは笠木から解体を行っていきます。

笠木下地 笠木重ねの下地

 笠木を取り外すと、下地木材が現れましたが防水紙が敷かれていなかったことと、板金の上面から釘打ちをされていたこともあり一部は腐食が目立っている状態でした。特に笠木板金の継ぎ目は雨水の入り込みも多かったようです。笠木からも浸水は起きていたのは間違いありません。

パラペット解体 棟の一部解体

 笠木天板からの浸水経路の確認と際谷周辺の確認の為、パラペットの壁面波板も取り外していきます。際谷部分はしっかりと屋根材が立ち上げてあり、オーバーフローで浸水したような確定要素はありませんでした。取り合い棟部分も換気棟を含め一部外して確認を行いました。

木材の腐食 棟とパラペットの取り合い

 総合的に見て、雨漏りの原因として考えられるのが、やはり笠木部分、あとは棟の取り合い部分という事になり、建築に携わるお仕事をされているK様もご納得をされている様子でした。

雨養生 仮復旧

 本工事は、笠木交換、パラペット部への透湿防水シートの敷設、棟取り合いの処理を行っていく方向でまとまり、工事に取り掛かるまでの養生を施して外した板金類をもとに戻して詳細調査は終了となりました。

笠木交換とパラペットの雨対策工事

材料

 詳細調査の際に採寸を行った板金も用意でき、いよいよ雨漏り改修工事に取り掛かって参ります。笠木板金は今までの物よりも折下げを多くし吹き込みによる浸水対応を強化していきます。

ルーフィング 笠木解体

 K様が室内を確認されたところ、前回の調査で雨漏りを起こしていたのと対称になる側にも同様の雨漏りがある事がわかりました。そのため、対称側の壁面も透湿防水シートの処理を行っていきます。

波板解体 下時木材

 壁面の波板を外し漏水の状態を確認しています。

木材腐食部 屋根とパラペットの取り合い

 笠木の被っていた部分には反対側と同様に浸水の形跡が残っておりました。屋根からの雨水を直接受けるパラペット立上り部は穴が開いており、軒先側の雨漏りはほぼここからの物と判断できそうです。

防水シート敷設 笠木下地取付

 パラペット内壁部に笠木部分も含め、透湿防水シートを敷設していきます。その上から予め裁断してきたコンパネにて笠木板金の下地を作成していきます。

端部処理 防水紙敷設

 笠木周りからの浸水を完全に防ぐため、防水テープを使って屋根の立上りとパラペット内壁に敷設したシートの端部を処理していきます。笠木下地のコンパネ部分には粘着式のルーフィングを敷設していきます。

防水紙端部処理 屋根に上げた新しい笠木

 笠木の下地ルーフィングの端部も防水テープでしっかりと処理し、作成してきた笠木板金を被せていきます。笠木板金はもちろんガルバリウム鋼板製の物です。

笠木の取付 笠木取付作業

 工事の日は、雨が降りやすい予報でしたが、想定よりも早くから雨がポツポツと降ってきました。足元に注意しながら作業を進めて参ります。

笠木固定 笠木ジョイント部処理

 新しく設置した笠木板金は上からではなく、横側にビスを使って固定していきます。これで笠木からの浸水は心配なくなることでしょう。板金は継ぎ目部分に防水のシーリングを打ってから数センチほど被せて施工しています。シーリングの頃には雨も上がりました。

工事終了

完成

 見た目の変化はあまりありませんが、工事が終了いたしました。

笠木完成 笠木部分完成

 板金の折下げは従来品より3センチほど大きくしております。

パッキン付きビス 

 笠木板金を固定するビスはパッキンが付いたもので、隙間からの浸水を防ぎます。劣化して無くなってしまっていた棟板金の三又部分へもシーリングを行いました。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です

雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です

 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な屋…続きを読む
意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り

意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り

 お住まいの天敵である雨漏り。雨漏りというと「屋根から」というイメージをお持ちの方が大半だと思いますが、実はベランダやバルコニーから、さらには笠木が原因となり雨漏りが発生することが意外に多いということをご存じでしたでしょうか?建物から外面に張り出した形で存在しているベランダやバルコニーの手すり壁に天…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      杉並区上萩にて穴の開いてしまった塩ビ波板を火災保険を使用してポリカーボネート波板に交換いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      板橋区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

      【施工内容】

      瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      板橋区大谷口で築36年になる化粧スレート屋根にディプロマットスターで屋根カバー工事しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      北区西ヶ原で一昨年の台風で被害を受けた三階のベランダ屋根波板交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る