無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しま.....

世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

【施工前】
施工前の棟板金

【施工後】
施工後の棟板金

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 世田谷区弦巻にお住まいのお客様より、飛び込みの業者さんから棟板金の浮きを指摘されたので確認しに来て欲しいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。この、飛び込みの業者さんから棟板金が浮いてますと指摘を受ける事例は非常に多く、弊社がいただくお問い合わせの内容の中でも上位のお問い合わせです。棟板金は屋根のてっぺんに取り付けられている板金でできたカバーのようなものですが、屋根の中で最も風の影響を受けやすく、症状が確認できていない状態でも、劣化の症状が大体のお住まいで確認できる部分です。そのため、飛び込みの業者さんも「棟板金に不具合がある」と言えばほとんど嘘にならないため、よく使われる決まり文句です。多くの場合ではほとんど心配ない症状のケースが多いのですが、今回のU様邸ではハッキリと捲れていることが確認できる状態でした。

 棟板金の浮きは、状態によっては火災保険の申請対象になります。火災保険は多くの場合で風災や雪害といった自然災害による建物の被害も対象としていることが多くなっています。今回のU様のケースも火災保険を申請したところ申請が承認され、火災保険での修理ができることになりました。

 工事の費用も保険から降りて、無事に工事が完了してU様にも大変喜んでいただくことができました。
 世田谷区弦巻にお住まいのお客様より、飛び込みの業者さんから棟板金の浮きを指摘されたので確認しに来て欲しいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。この、飛び込みの業者さんから棟板金が浮いてますと指摘を受ける事例は非常に多く、弊社がいただくお問い合わせの内容の中でも上位のお問い合わせです。棟板金は屋根のてっぺんに取り付けられている板金でできたカバーのようなものですが、屋根の中で最も風の影響を受けやすく、症状が確認できていない状態でも、劣化の症状が大体のお住まいで確認できる部分です。そのため、飛び込みの業者さんも「棟板金に不具合がある」と言えばほとんど嘘にならないため、よく使われる決まり文句です。多くの場合ではほとんど心配ない症状のケースが多いのですが、今回のU様邸ではハッキリと捲れていることが確認できる状態でした。

 棟板金の浮きは、状態によっては火災保険の申請対象になります。火災保険は多くの場合で風災や雪害といった自然災害による建物の被害も対象としていることが多くなっています。今回のU様のケースも火災保険を申請したところ申請が承認され、火災保険での修理ができることになりました。

 工事の費用も保険から降りて、無事に工事が完了してU様にも大変喜んでいただくことができました。


担当:高田


【工事内容】
屋根補修工事 棟板金交換 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
3日(足場含む)
築年数
25年
平米数
5m
施工金額
お問い合わせください
お施主様
U様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません
【工事内容】
屋根補修工事 棟板金交換 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
3日(足場含む)
築年数
25年
平米数
5m
施工金額
お問い合わせください
お施主様
U様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません
火災保険アイコン棟板金交換

お宅の家の棟板金が浮いてますよ

 世田谷区弦巻にお住まいのU様より、棟板金に関するお問合せをいただいたことが今回の工事のキッカケでした。飛び込みの業者さんから「お宅の屋根の棟板金が浮いていますよ」と指摘を受けたそうで、状態を確認してほしいとのことでした。この、棟板金が浮いているという指摘は、飛び込み業者さんの決まり文句と言っても過言ではありません。なぜなら、棟板金は屋根の中でも最も劣化しやすく、10年を超えたお住まいでは棟板金に劣化の症状が出ていない方が珍しいようなものです。そのため、築10年は経過しているであろうお住まいに飛び込み、棟板金に不具合があると言えば、ほとんど嘘にならないという手法が成り立ちます。弊社にご依頼をいただくケースでもこの棟板金の指摘を受けたので本当かどうか確認してほしいというご要望は非常に多いお問合せ内容です。ほとんどの場合では緊急性の無いものが多いのですが、本当かどうかしっかりと確認させていただきます。

確認に伺いました

浮いている棟板金 浮き上がった棟板金

 U様のお住まいの棟板金を確認に伺うと、しっかりと棟板金が浮いていることが確認できました。浮いているといっても本当に浮いているのではなく、外れかかって隙間が大きく開いていることを「浮いている」と表現しています。棟板金は屋根の中で最も風の影響を受けやすい部分なので、台風などの強風でこのような状態になってしまうことがよくあります。今回は持ちこたえたかもしれませんが、次回同じような強風が吹いた際には飛んで行ってしまってもおかしくありません。なるべく早く修理することが必要です。

 ところで、強風による被害で棟板金が大きく浮いてしまった場合は、火災保険の風災が適応される場合があります。最終的な判断は保険会社が行うので必ず適応されるとは言えませんが、自動車保険などと違って火災保険は保険を使った後でも保険料が上がったりすることはありません。また、保険申請自体にもお金はかからないので、同じような症状の方にはまず保険会社に相談することをオススメしています。板金を修理するだけでも足場が必要になるこうじですから、工事費用もそこそこ高いものになります。保険が適応されれば手出しの負担がグッと減りますので、せっかく入っている保険を活かさない手はないでしょう。今回のU様の工事も火災保険を申請し、無事に保険が適応されて工事を行うことができました。

早速工事に取り掛かります

解体開始 施工前の棟板金

 足場を設置したら、工事開始です。まずは棟板金の撤去に取り掛かります。棟板金は屋根に直接打ち付けていると思われがちですが、実は初めに屋根に貫板(ぬきいた)と言われる木の板を打ち付けて、その板を覆うように取り付けた板金を側面から釘やビスで固定することで取り付けられています。なぜこのように取り付けるかというと、雨漏りを防ぐためです。直接板金を屋根に打ち付けると、打ち付けた釘から屋根の中に雨水などが浸入するようになり、雨漏りの原因になってしまいます。そのため、初めに貫板を取付てその貫板ごと板金で多い、側面に釘を打つことで、雨漏りのリスクを回避しているのです。実に理にかなった造りと言えます。取り外す際はその側面に打ち付けた釘を抜くことで、板金を取り外すことができます。

板金と貫板を撤去しました

板金解体 貫板撤去

 板金を撤去したら、内部に打ち付けてあった貫板を撤去していきます。棟板金の交換で一番重要なのは、この貫板の交換と言っても過言ではありません。貫板は基本的に木でできていることから、築10年を過ぎたあたりから劣化していきます。貫板が痩せて釘を止めておく力がなくなってくると、棟板金が剥がれそうになってしまうというわけです。貫板を交換せずに板金だけ交換すると、見た目は綺麗になりますが根本的な解決にはなりません。貫板交換もセットで考えることが正しい棟板金交換工事です。

新しい棟板金は樹脂製の貫板で取り付けます

樹脂製貫板設置 樹脂製貫板施工完了

 新しく設置する棟板金用に、貫板は樹脂製のものを用意しました。基本的に貫板は木でできていると申し上げましたが、最近ではこのように樹脂でできているものも出てきています。樹脂は腐らないので、先ほど挙げた棟板金の弱点である貫板の劣化からくる不具合の発生リスクを抑えることができます。弊社では屋根の葺き替えやカバー工事でも、貫板を使う際は必ずこの樹脂製のものを使うようにしています。施工が完了してしまえば見えない部分ではありますが、このような見えない部分こそ長持ちには欠かせない要素であるためです。

 

板金をビスで固定していきます

板金取り付け 板金取り付け作業

 貫板の施工が完了したら、板金を側面から貫板にビスで固定していきます。新築の際には釘で固定されていることが多いですが、せっかく工事をするのならより頑丈に固定できるビスで止めた方が今後の台風対策としても有効です。既存の棟板金にビス補強を行う工事も承っておりますので、気になる方はお気軽にお問合せくださいませ。

棟板金工事完了です

棟板金交換工事完了 棟板金完成 交換済みの棟板金

 棟板金交換工事が完了しました。風で飛んでしまう恐れがあった棟板金は、貫板から根本的に交換され、樹脂貫板を使ったより耐久性の高い棟板金に交換されました。屋根全体から見れば小さな工事かもしれませんが、棟板金が風で飛んで行って隣家や人に当たったらと思うと非常に恐ろしいことです。症状が発覚した場合は、細かい部分だからと放置せずに、なるべく早めに対処された方がよいでしょう。しかしながら。飛び込み業者さんからの指摘だけでは本当に緊急性のある状態か判断しがたい面も多いので、その他の業者の意見も交えつつ対応していくことをオススメいたします。U様も急な出費になってしまうのではとごご心配されていましたが、今回は火災保険を使って修理ができたためほっと一安心といったご様子でした。

 私たち街の屋根やさんでは、感染拡大が続いている新型コロナウィルスへの感染対策としてマスクの着用や手指の消毒を徹底して実施しております。お問い合わせの際はご安心いただければ幸いです。

工事を行なったU様のご感想をご紹介いたします

U様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
屋根板金が浮いてきていて屋根が飛びそうだった。
Q3.弊社をどのように探しましたか?
インターネットで検索しました。見積もり無料のところでヒットしました。
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問合せました。
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
他の方のレビューや、ネットを見て信頼できそうだったので。
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
ご対応が丁寧で、他社からはなかった保険金の請求を提案してくれました。後日、保険会社が屋根を見に来た時もわざわざ同席して下さり、とても安心できました。

【工事後】

工事後アンケート

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
価格を抑えることと、きちんと工事してくれて、アフターケアもしっかりしていること。
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
プラスグループ
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
営業の方の丁寧なご対応と、その方が保険金の請求を提案してくださった為です。
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
着工から完工まで、営業の高田さんに細やかに気を配って頂き、不安なく工事を終えられました。赤ちゃんがいるのですが、お昼寝時間を気づかって頂いたのがありがたかったです。工事も早く終わり、よかったです。
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
価格は他社と同等だったので、サービスの細やかさが良いと紹介すると思います。

U様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      大田区西馬込で造りがおかしな折板屋根からの雨漏り修理を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え

      調布市西つつじヶ丘で劣化して傷みが進んだスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る