無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にも.....

豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にもなる7寸丸に積み替えました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 豊島区長崎のY様の住まいは築年数35年から40年ほどの家屋で、以前より棟瓦のしっくいを他業者様にも指摘されていたそうです。今回はしっくい面戸が剥がれ落ちてきたことで、屋根全体がどのようになっているのか心配になり私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。ご自身でも可能な範囲は見られたそうですがすべては見ることが出来なかったそうです。屋根はいぶし瓦で葺かれておりますが、棟瓦のズレや桟瓦の異常は見られませんでした。ただ、Y様が気にされている通りしっくい面戸はほとんどが剥がれたり剥がれかけている状態でした。こうなってくるとしっくい面戸の詰め替えでは費用対効果もあまり良くないので、棟瓦の積み直し工事をご提案させていただきました。その時のお話で、最近多くなっている地震の事も気にされていたので、軽量化につながる7寸丸の棟瓦を使った棟積み直し工事をご提案させていただきご契約・工事を承らせていただくことになりました。しっくい面戸の剥がれについては火災保険の申請もおこない認めてもらう事が出来ました。
 豊島区長崎のY様の住まいは築年数35年から40年ほどの家屋で、以前より棟瓦のしっくいを他業者様にも指摘されていたそうです。今回はしっくい面戸が剥がれ落ちてきたことで、屋根全体がどのようになっているのか心配になり私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。ご自身でも可能な範囲は見られたそうですがすべては見ることが出来なかったそうです。屋根はいぶし瓦で葺かれておりますが、棟瓦のズレや桟瓦の異常は見られませんでした。ただ、Y様が気にされている通りしっくい面戸はほとんどが剥がれたり剥がれかけている状態でした。こうなってくるとしっくい面戸の詰め替えでは費用対効果もあまり良くないので、棟瓦の積み直し工事をご提案させていただきました。その時のお話で、最近多くなっている地震の事も気にされていたので、軽量化につながる7寸丸の棟瓦を使った棟積み直し工事をご提案させていただきご契約・工事を承らせていただくことになりました。しっくい面戸の剥がれについては火災保険の申請もおこない認めてもらう事が出来ました。


担当:渡辺


【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
7寸丸、南蛮漆喰
施工期間
7日間(仮設工事含む)
築年数
約35年~40年
平米数
14m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
7寸丸、南蛮漆喰
施工期間
7日間(仮設工事含む)
築年数
約35年~40年
平米数
14m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟瓦取り直し

点検

ドローン

 豊島区長崎のY様のお家は、築年数35年から40年程の木造モルタル2階建て、瓦ぶき屋根のお家です。以前から他の業者様にも指摘をされていた棟瓦部分のしっくいの剥がれの件で、今回私たち「街の屋根やさん」にご相談を下さいました。ご自分でも見れる範囲は見られたそうですが、さすがに屋根に登ってすべてを見ることはできないという事でした。Y様のご希望は、まずは棟瓦の漆喰の状態がどのような状態であるのかを知りたいという事と、状態に応じた工事はどのような工事になるのか、という事を知りたいとの事です。

 早速調査に移っていきたいと思います。まずはドローンを使って屋根全体を確認していきました。棟瓦がズレていたり、桟瓦が外れていたりしている様子は見られません。より細かく調査をするために屋根に登ってみたいと思います。

漆喰の状態 漆喰が剥がれた棟

 Y様の屋根はいぶし瓦を使って葺かれておりました。10年前にあった東日本大震災を受けていながらも棟瓦のズレもなく、施工をされた職人さんの丁寧な仕事ぶりが見て取れる素晴らしい屋根でした。本題のしっくいの部分を見ていくと、大部分のしっくい面戸が剥がれ、盛り土が見えている状況でした。

棟 ケツムネ

 一部棟違いになっている棟瓦の端部のしっくいも剥がれ落ちてしまっておりました。

剥がれかけた漆喰 落ちかけた漆喰

 しっくい面戸はいたるところで抜けてしまっており、一部は雪止めの部分に引っかかっているものもありました。

剥がれた漆喰

 Y様も見ることが出来なかった部分の状態を、写真をお見せしながらご説明し、しっくい面戸の詰め替えでは再度剥がれてしまう事のリスクが残る事、Y様は最近頻発する地震も気になっていらっしゃるようでしたので、軽量化による耐震性の向上にもつながる5段積みの棟からノシ瓦をなくして7寸丸、1本で仕上げる棟積み直しをご提案させていただきました。しっくい面戸の剥がれに関しましては、風災の影響も考えられましたので、ご加入の火災保険会社にお問合せ頂いたところ、鑑定人による調査を行って判断したい、との回答を頂いたそうです。鑑定人が確認に来る日程に合わせ、私たち「街の屋根やさん」も伺い意見交換をさせていただいたところ、風災であろうという結果を頂きました。火災保険で認められた金額も含めてご契約・工事を承る事になりました。

工事

足場仮設

 工事の日程が決まり、いよいよ工事を行っていきます。資材の上げ下ろしもあるので足場を仮設していきます。

棟解体 ガイドライン工法

 棟瓦積み直し工事は、既存の棟瓦を撤去していきます。この時に大量の土などの廃棄物が出ます。また風の強い日には砂塵も飛びますのでご近隣様には工事の内容をお伝えして工事日当日はお洗濯物などを外部に出さないようにご協力をいただくのも私たち「街の屋根やさん」の大事な仕事です。

棟 南蛮漆喰

 もともと5段積みになっていたY様の棟瓦ですが、耐震性の向上にも役立つ7寸丸一本の棟瓦にします。ガイドライン工法で行っていきますが、既存の棟があった屋根の頂点部分に新しい防水紙を差し込み補強を行いました。その後、棟補強金物を取り付け棟芯材を配し、南蛮漆喰を盛っていきます。南蛮漆喰の代わりに、乾式工法と呼ばれる工事方法もあり、その場合はハイロールと呼ばれる乾式面戸シートを使います。より屋根の軽量化につながります。

下屋根ガイドライン工法 下屋根完成

 下屋根の棟瓦も同様に工事いたしました。

完成

漆喰

 棟と一体になった面戸は剥がれてしまう可能性が極めて低くなります。またノシ瓦が無くなり重心も低くなっているのでズレたり崩れたりすることも起きにくくなります。

ケツムネ

 棟違い部分の端部しっくいもしっかり付け直されました。

完成

 7寸丸1本になりスッキリとした屋根になりました。Y様にも写真をお見せして確認いただき、これで安心できます、と言っていただくことが出来ました。私たち「街の屋根やさん」ではまだまだ続く新型コロナウイルスへの感染拡大防止策を万全に工事を行っております。安心してお任せください。

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上

瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上

 近年建築されている住宅をみていると、瓦屋根のお住まいをほとんど見かけなくなったとしみじみ思います。代わりに多くのお住まいで施工されているのはスレート屋根材や金属屋根材等、薄く軽量な屋根材ばかりです。これらは住宅の耐震性を高める為の施工だと言われていますね。しかし屋根材を軽くしただけで住宅の倒壊を免…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      杉並区堀ノ内で歪んでしまった棟瓦をシルガードで取り直し工事いたしました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      西東京市田無町で瓦屋根の歪んだ棟を取り直し工事いたしました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      葛飾区東金町で棟際の洋瓦のズレを棟積み直し工事で解消しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

      豊島区南長崎で強風で剥がれたALC外壁に貼られた金属サイデイングの貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      ガルバリウム鋼板、その他の工事

      豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金交換工事、台風被害により火災保険を使用しての施工となります

      【施工内容】

      棟板金交換

      板橋区赤塚のスレート屋根の住宅をIGスーパーガルテクトを使用しカバー工事を行いました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る