無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金交換工事、台風被害により火災保.....

豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金交換工事、台風被害により火災保険を使用しての施工となります

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 豊島区北大塚で令和元年房総半島台風のご被害により棟板金が飛ばされてしまったとのご相談を頂き、現地調査にお伺いした事が始まりです。

 屋根は瓦棒タイプのトタン屋根で切妻形状となります。実際飛ばされてしまった部分の交換修繕は勿論ですが、今後の同様なご被害を避けたいとのお客様のお考えで、飛ばされていない場所も含め全体の棟板金交換施工をご希望されておりました。

 当然、台風によるご被害においては火災保険の申請が可能となります。被災箇所の修繕は火災保険で賄えるので、足場費用も含め棟板金交換の工事全体の費用負担はかなり軽減される形となります。

 こう言った台風被害による修繕工事においては足場費用などが保険で出る事から、こちらのお客様の様にこれを利用してこの機会にできる施工をプラスアルファでなさる方が多くいらっしゃいます。今回もその流れの中で棟板金全交換を施工させて頂く運びとなりましたのでご紹介させて頂きます。
 豊島区北大塚で令和元年房総半島台風のご被害により棟板金が飛ばされてしまったとのご相談を頂き、現地調査にお伺いした事が始まりです。

 屋根は瓦棒タイプのトタン屋根で切妻形状となります。実際飛ばされてしまった部分の交換修繕は勿論ですが、今後の同様なご被害を避けたいとのお客様のお考えで、飛ばされていない場所も含め全体の棟板金交換施工をご希望されておりました。

 当然、台風によるご被害においては火災保険の申請が可能となります。被災箇所の修繕は火災保険で賄えるので、足場費用も含め棟板金交換の工事全体の費用負担はかなり軽減される形となります。

 こう言った台風被害による修繕工事においては足場費用などが保険で出る事から、こちらのお客様の様にこれを利用してこの機会にできる施工をプラスアルファでなさる方が多くいらっしゃいます。今回もその流れの中で棟板金全交換を施工させて頂く運びとなりましたのでご紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金 ガルバリウム鋼板
施工期間
足場設置から足場撤去まで3日
築年数
40年
平米数
7.0m
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金 ガルバリウム鋼板
施工期間
足場設置から足場撤去まで3日
築年数
40年
平米数
7.0m
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
保証年数
お付けしておりません
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

現地調査の様子

飛ばされた棟板金 落下変形した棟板金

 こちらが現地調査の様子です。先ずは飛ばされた棟板金が敷地の中に保管されておりました。変形も見られる事からも既存の板金は再利用は出来ません。基本的に棟板金交換の場合、既存の棟板金は外す際にも曲がりや変形をさせる事となるので再利用は出来ず、新しい物に交換施工となるのが通例となります。

貫板が剥き出しの状態

剥き出しの貫板

 屋根上はこの様な状況となっていました。貫板が剥き出しになっております。更に棟板金が離脱した際にこの貫板ごと飛ばされてしまっている様で、その貫板にも部分的に破損が見られる状況でした。

台風と共に貫板の弱体化も原因

棟板金の飛散 貫板も折れている状態

 明らかに台風被害によりこの状況が発生した事は疑う余地も有りません。それと付随する要因の一つとしてやはり年数による貫板の弱体化も原因の一つと考えられます。貫板は木材ですので、長年の雨水による影響で濡れて乾いてを繰り返してしまう事になり、木材が段々と弱くなってくると言う論理です。よってこの様な台風等の著しい気象下においてはこう言ったご被害をもたらせてしまう事に繋がっていきます。

全体的な棟板金の交換施工へ

瓦棒屋根の棟板金

 今回台風被害の分は火災保険を申請し交換修繕を行う事となりました。更にお客様より、既存のご被害を受けなかった部分に関しても下の貫板が弱っている事が想定されるので、この機会に全て新しい物に替えたいとのご希望を持たれていらっしゃった事から、火災保険を利用して棟板金全体の交換施工を行う事なりました。

工事までの間のブルシート養生

工事までの間はブルーシートで養生

 工事着手まで若干時間が空いてしまうので、念の為ブルーシートによる養生をさせて頂きました。一時であればこの様な形で屋根下への影響を最小限に抑えることが出来ます。工事期間まで空く場合はこの様にご対応させて頂く事もあります。

部分掛け足場仮設から工事スタート

部分掛け足場仮設 足場仮設が完了

 いよいよ工事スタートとなりました。部分掛けの足場仮設となります。今回お住まいは軒先側は敷地が狭く足場を掛けるスペースが有りませんでした。よって正面部分のみ荷揚げ用でこの様な部分足場を仮設させて頂きました。当然この足場費用は火災保険で賄える対象となります。

既存棟板金の撤去

棟板金の撤去 撤去する既存棟板金

 足場を仮設して屋根工事が始まります。既存棟の撤去作業から着手致します。案の定棟板金を剥がすと若干黒ずみも発生した貫板の劣化症状が見受けられました。この状態であれば、また著しい強風等が発生すると同様な事案が起こり得る可能性も否定出来ません。そう言った意味においてはお客様の棟板金全交換をご希望された事はベストな選択と言えます。

樹脂製貫板の取り付け

貫板は樹脂製を使用

 新しく取り付ける下地の貫板は木製では無く、このプラスティック樹脂製の物を使用して参ります。木材はどうしても年数と共に弱っていくものです。しかしこの樹脂製貫板であればそのリスクは低減する事は間違いありません。私たち街の屋根やさんでは現在、この棟板金の交換施工においてはプラスティック樹脂製の貫板を使用して工事させて頂く事が多いです。

棟板金端部の形状加工

棟板金端部の加工 織り込んで端部処理

 貫板の設置が終わると棟板金を被せて参りますが、予め端部側の折り込みの処置を行っておきます。サイズと規格をきちんと測り職人の手作業で形状加工していきます。

形状加工完了

先端加工した棟板金

 折り込みの処置も終わりこれで準備万端となります。あとは棟板金を順番に取り付けていけば、工事の方もスムーズに進んで参ります。

棟板金を取り付け

棟板金をビス止め 棟板金取付完了

 新しい棟板金を取り付けて行きます。従来は釘打ちで取り付ける事が多かったですが、インパクトを使用してビス止めで取り付けて行きます。こう言った部分においても少しでも強度のある施工を行う事で、同様な事案が発生しない様に拘った施工をしていく事が重要です。

重なりにシーリング処置を施して仕上げ

マスキングでシーリング準備 シーリングで仕上げ

 最後に重なりの部分にシーリングを施して仕上げとなります。勿論重なりの内側にもシーリングを行って有りますのでそれだけでも問題は有りませんが、念には念をで外側の重なりにもシーリングをする事で二重に隙間を塞いで万全を期して仕上げて行きました。

棟板金交換の完了

棟板金の交換

 これで工事の方も完了となります。色は同色では有りませんが極力違和感のない様焦げ茶色の板金で取り付けて行きました。取り付けの方も問題なく無事終了することが出来ました。

自然災害の修繕には火災保険が適用できます

被災箇所も復旧

 飛ばされてしまった棟板金の方もしっかりと新しい物を設置しております。この様に自然災害おける修繕については火災保険の使用が可能となります。被災後3年間は申請可能となりますので、こう言ったご被害を受けておられる方はご相談頂ければ存じます。

無事、お客様へのお引渡し

棟板金の交換完了

 足場も撤去し無事お客様へお引渡しとなりました。私たち街の屋根やさんでは葺き替えカバー工法等の全体的な工事から、この様な棟板金交換などの部分的な施工まで幅広くご対応させて頂いております。現在も、新型コロナウィルス対策も採りながら施工に携わらせて頂いておりますので、皆様もお気軽にお声掛けご相談頂けますと幸いです。

工事を行なったT様のご感想をご紹介いたします

T様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風15号による被害のため
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネットで
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
他社もふくめてひととおり調べてから問い合わせいたしました
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
具体的な施工例を多数掲載されていたので
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
ていねいに対応していただきました

T様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏りしにくく経済的な切妻屋根、三角屋根のメンテナンスを徹底解説

雨漏りしにくく経済的な切妻屋根、三角屋根のメンテナンスを徹底解説

 現在では太陽光発電を数多く載せられる片流れ屋根や招き屋根と言った形状の屋根が増えてきましたが、それでも新築の4割以上は屋根の中でも最もシンプルな形状である切妻屋根が占めています。切妻屋根というといささか専門用語過ぎて、分からない方も多いとは思いますが、街中で最も目にすることができる三角屋根と言えば…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      荒川区東尾久で強風で飛ばされた棟板金の交換に合わせてパラペット笠木の交換も行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      葛飾区堀切で台風被害で破損したコロニアル屋根の棟板金を修理交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

      【施工内容】

      瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根をアスファルトシングルで葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、その他の工事

      板橋区坂下でパラペットからの雨漏りを笠木交換を行って改修工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る