無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウ.....

渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【施工前】
サビたトタン屋根

【施工後】
ガルバリウム鋼板

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 渋谷区幡ヶ谷で屋根葺き替え工事をおこないました。アパートの屋根はトタンの瓦棒葺きで、何度か塗装工事をおこなった跡はありましたが塗装が大分劣化していてトタンにサビが広がっていました。
 トタンなどの古い金属屋根は塗装工事が必要な屋根材です。特に重要なのはサビ止めで、サビが侵食してしまうとトタンなどの鉄板を腐食させてしまい穴が空く事もあります。屋根材の下には防水紙(ルーフィング)が葺いてありますが、防水紙も経年によって劣化しヒビ割れたり切れたりしてしまいますので、トタンに穴が空いたら屋根材の裏側に雨水が回り込み、劣化した防水紙部分から雨漏りする事になります。
 屋根の葺き方は瓦棒葺きといい、45cm間隔に打った瓦棒という木の間に軒先から棟までが一枚で作られた板金を折り曲げて嵌め込んでいき、瓦棒に釘で固定していきます。その作業が終わったら瓦棒の上から合羽(カッパ)を被せて横から釘で固定する屋根の施工方法です。
 屋根の勾配(角度)が緩い屋根などは、横葺きという軒先から上の段の屋根材を重ねて葺く方法ですと、毛細管現象などで雨水を吸い上げてしまう事がありますので選択されません。瓦棒葺きの様に軒先から棟までが一枚の板金で作られた屋根をタテ葺きといい、勾配の緩い屋根でも使用する事が出来ます。
 今回の葺き替え工事では、トタンの腐食が大分進行していましたので同じ瓦棒に葺き替えたのですが、元々のトタンではなく耐久性の高いガルバリウム鋼板を使用して瓦棒葺きをおこなっております。非常にサビにくい材料ですので工事後の塗装工事などのメンテナンスまでの期間を大幅に延ばす事が出来ます。
 また、屋根に開口の跡がありましたが現在では全く使用していないという事でしたので、撤去して下地を作り直して完全に塞いでから屋根の葺き替え工事をおこなっております。トップライトなどの開口部は雨水が入らない様にしっかりと防水処理をおこなっておりますが、何年もすればメンテナンスをおこなわなければなりませんので、長く見た時には屋根は何もないシンプルな造りが雨漏りのリスクも低くする事が出来ます。
 今回おこなったアパートの屋根葺き替え工事では、大分腐食が進んだトタンの瓦棒葺き屋根をガルバリウム鋼板で葺き替えておりますので、工事後は雨漏りの可能性が無くなり入居者の方も安心してお住まいになれる様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 渋谷区幡ヶ谷で屋根葺き替え工事をおこないました。アパートの屋根はトタンの瓦棒葺きで、何度か塗装工事をおこなった跡はありましたが塗装が大分劣化していてトタンにサビが広がっていました。
 トタンなどの古い金属屋根は塗装工事が必要な屋根材です。特に重要なのはサビ止めで、サビが侵食してしまうとトタンなどの鉄板を腐食させてしまい穴が空く事もあります。屋根材の下には防水紙(ルーフィング)が葺いてありますが、防水紙も経年によって劣化しヒビ割れたり切れたりしてしまいますので、トタンに穴が空いたら屋根材の裏側に雨水が回り込み、劣化した防水紙部分から雨漏りする事になります。
 屋根の葺き方は瓦棒葺きといい、45cm間隔に打った瓦棒という木の間に軒先から棟までが一枚で作られた板金を折り曲げて嵌め込んでいき、瓦棒に釘で固定していきます。その作業が終わったら瓦棒の上から合羽(カッパ)を被せて横から釘で固定する屋根の施工方法です。
 屋根の勾配(角度)が緩い屋根などは、横葺きという軒先から上の段の屋根材を重ねて葺く方法ですと、毛細管現象などで雨水を吸い上げてしまう事がありますので選択されません。瓦棒葺きの様に軒先から棟までが一枚の板金で作られた屋根をタテ葺きといい、勾配の緩い屋根でも使用する事が出来ます。
 今回の葺き替え工事では、トタンの腐食が大分進行していましたので同じ瓦棒に葺き替えたのですが、元々のトタンではなく耐久性の高いガルバリウム鋼板を使用して瓦棒葺きをおこなっております。非常にサビにくい材料ですので工事後の塗装工事などのメンテナンスまでの期間を大幅に延ばす事が出来ます。
 また、屋根に開口の跡がありましたが現在では全く使用していないという事でしたので、撤去して下地を作り直して完全に塞いでから屋根の葺き替え工事をおこなっております。トップライトなどの開口部は雨水が入らない様にしっかりと防水処理をおこなっておりますが、何年もすればメンテナンスをおこなわなければなりませんので、長く見た時には屋根は何もないシンプルな造りが雨漏りのリスクも低くする事が出来ます。
 今回おこなったアパートの屋根葺き替え工事では、大分腐食が進んだトタンの瓦棒葺き屋根をガルバリウム鋼板で葺き替えておりますので、工事後は雨漏りの可能性が無くなり入居者の方も安心してお住まいになれる様になりました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
瓦棒葺き(ガルバリウム鋼板)
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
40年
平米数
135㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
A様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
瓦棒葺き(ガルバリウム鋼板)
施工期間
6日間(足場含む)
築年数
40年
平米数
135㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
A様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコンアパートアイコン屋根葺き替え

屋根を調査します

サビた瓦棒屋根

 アパートの屋根はトタンの瓦棒葺きになっています。トタンは塗装工事でメンテナンスをおこなわないとサビが広がってしまい、酷くなると穴が空き雨漏りの原因になる事があります。元々が赤い塗装で仕上げてあるので遠目からでは分かりにくいのですが、色が濃い部分はサビが大分酷いところです。

 屋根は下から見えにく部分ですのでなかなか劣化の状態に気づきにくいと思いますので、なるべく定期的に屋根の状況を確認する事をお勧めしております。

屋根に開口部があります サビて穴が空いています

 屋根は2面で作られている切り妻屋根になっていますが、一か所銀色の箱の様なものが屋根に接地されています。オーナー様も何の跡なのか記憶にないそうですが、天窓(トップライト)の様に屋根に穴を開けて設置してありましたので、この部分も経年によって雨漏りの原因になりやすい部分です。

 また、トタンのサビが進行している部分が何か所かあり、酷いところではサビが広がって穴が空いていました。

トタンの腐食は雨漏りの原因になります

穴が空くと雨漏りします

 穴が空いていたのは瓦棒部分で、合羽(かっぱ)という部分に穴が空いています。この下は瓦棒の為穴から下の木が見えています。木材は水分によって腐食してしまい腐りますので、釘も効かなくなり他の部分も腐食させてしまう事になります。屋根は小さな穴からでも雨水は入り込み、どんどん下地から腐食させてしまう事になりますので、早急な対処が必要です。

 今回は屋根全体の状況を考えてガルバリウム鋼板での葺き替え工事をおこなう事になりました。

トタンを剥がして下地を補強します

古いトタンを剥がします アスファルトルーフィングが張り付いていました

 葺き替え工事を開始します。劣化して穴が空き始めたトタンは古い防水紙(ルーフィング)が張り付いていました。雨漏りしていたわけではありませんが、雨水が回った跡が屋根全体に入っていました。瓦棒という木を打ち付けていますが、軒先部分が特に腐食していてボロボロになっています。釘で固定する為の下地ですので、釘が効いていない所も結構あります。

雨水が回った痕跡があります 剥がした屋根材

 建物に囲まれているので風の影響を受けにくいのか、台風などでトタンが捲れるなどの被害はありませんでした。瓦棒屋根などのタテ葺きといわれる屋根は、勾配の緩い屋根に使用される事が多いので、屋根材の裏側に雨水が回った場合、軒先まで雨水が流れにくくなり劣化した防水紙などによって雨漏りする事もあります。

 屋根材の耐久性も重要ですが、防水紙と併せて雨水から建物を守っていますので、防水紙の劣化は年数などからも想定しておく必要があります。

開口部を塞いで屋根は平らにします

煙突の跡 撤去して平らにします

 箱状の物が屋根から飛び出ていますが、何か煙突などの跡でしょうか?オーナー様にお聞きしても良く分からないとの事でしたので、使用していない部分ですので撤去して平らな状態にして屋根を葺き替えます。天窓(トップライト)などを屋根に取り付ける時には、雨水が入り込まない様に防水処理をしっかりとおこなって取り付けていますが、年数が経過すると屋根との取り合い部分などが劣化して雨漏りの原因になりやすくなってしまいます。

 明り取りには有効に使用できますが、今後のメンテナンスを考えて屋根には何も設置せずにシンプルな造りにした方が雨漏りの心配は少なくて済みます。

新しい野地板で屋根の下地を補強します

ルーフィングはボロボロです 新しい野地板を張ります

 屋根材を剥がした後は新しい野地板として合板を張ります。古い建物ですと、野地板に10cm幅くらいの杉板が並べられている事が多いのですが、そのままですと下地としては弱いので、葺き替え工事の場合は必ず新しい野地板を張りかぶせ、新しい屋根の下地とします。また、合板を屋根の垂木に固定していきますので、建物が動いた時の歪みに対しても強くする事が出来ます。

新しいルーフィングで屋根を覆います 新しい瓦棒を固定していきます

 野地板を張りかぶせた後は防水紙(ルーフィング)を軒先から重ねを設けて張っていきます。防水紙は屋根が仕上がると見えなくなりますが、雨漏りを防ぐためには非常に重要になりますので、雨水が軒先に流れる様に丁寧に貼ります。今回工事しているアパートの屋根は、切り妻屋根といって屋根が2面で作られている三角屋根ですので、複雑な納まりも無く雨仕舞いは問題ありません。

ガルバリウム鋼板を葺きます

寸法に合わせて現場で加工します

 新しい屋根も今までと同様に瓦棒葺きをで納めます。455mm間隔の垂木の上に瓦棒という木を固定し、その間に折り曲げた板金を嵌め込んでいきます。横から釘で固定するのですが、軒先から棟までが一枚の板金で作られた屋根ですので、屋根の勾配が緩くてもスムーズに雨水が流れます。

板金を折り曲げて取り付けます 瓦棒の間にガルバリウム鋼板を取り付けます

 軒先部分は折り曲げて挟み込んで固定します。古いトタン屋根などは軒先に雨水が回ってしまい、サビが広がって腐食してしまうので挟み込んだ固定が外れてバタバタしているところもあります。今回も傷んだところではその状態がありましたが、新しく使用する板金はガルバリウム鋼板を使用しますので、今までよりもサビにくく耐久性が高い屋根になります。

合羽と棟板金を被せて完成です

ガルバリウム鋼板はサビにくい材料です 合羽を取り付けて後は棟です

 瓦棒の間に折り曲げたガルバリウム鋼板を嵌め込んで固定がおわりました。まだ瓦棒が見えていますので、この上から合羽(カッパ)というキャップ状のカバーを被せて固定します。この様にする事で雨が降っても下地に雨水が回らなくなります。最後に棟板金を取り付けて葺き替え工事が完成します。

屋根葺き替え工事が完成

 アパートの屋根葺き替え工事が完成しました。サビが酷かったトタン屋根がガルバリウム鋼板で見違える様に綺麗になりました。耐久性も格段に上がっておりますので、工事後のメンテナンスも殆ど必要ありません。開口部も塞いで平らにしましたので、雨漏りのリスクも軽減され入居者の方にも安心していただけると大変喜んでいただけました。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

 安くて丈夫、施工もしやすいということから普及がはじまったトタン屋根。ガルバリウムが主流になってきたこともありお住まいを新築する際には使われることも少なくなった建材ですが、今でもトタンが使われているという建物や倉庫は意外と目にしますよね。現在のトタン屋根はそのほとんどが大分、古くなってきて…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼板…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

      練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

      【施工内容】

      瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      渋谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      杉並区浜田山で強風で捲れてしまった急勾配の屋根を火災保険で葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      目黒区柿の木坂で強風で破損した竪樋を火災保険の風災を適用して元通りに直します

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る