無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防.....

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江東区東砂で、お客様より前回お手入れから10年を経過した屋上の防水工事を考えたいとのご相談を頂き現地調査にお伺いした事が始まりとなります。こちらの建物は鉄筋コンクリート造の陸屋根の屋上で建てられてから20年で、先程申しました通り前回お手入れは10年前にウレタン密着工法の防水工事で施工をしておりました。

 ひび割れなどの発生も見られると共に、若干雨漏りする事もある様で、今回は耐久性の有る屋上防水工事をご希望でした。ですので工事のご提案としては、ウレタン密着のみの防水工事では無く通気緩衝工法による防水工事をお勧めさせて頂き、シートによる絶縁工法と通気の面の利点をご説明し、お客様からも是非その防水工事で進めて欲しいとのご依頼を頂き施工させて頂く事となりました。

 通気緩衝工法の施工に当たり、AGCポリマー建材のサラセーヌと言う材料を使用しての施工です。更にこの工法の場合通気の為の脱気筒が設けられます。今回はその工事の一連の流れをご紹介させて頂きます。
 江東区東砂で、お客様より前回お手入れから10年を経過した屋上の防水工事を考えたいとのご相談を頂き現地調査にお伺いした事が始まりとなります。こちらの建物は鉄筋コンクリート造の陸屋根の屋上で建てられてから20年で、先程申しました通り前回お手入れは10年前にウレタン密着工法の防水工事で施工をしておりました。

 ひび割れなどの発生も見られると共に、若干雨漏りする事もある様で、今回は耐久性の有る屋上防水工事をご希望でした。ですので工事のご提案としては、ウレタン密着のみの防水工事では無く通気緩衝工法による防水工事をお勧めさせて頂き、シートによる絶縁工法と通気の面の利点をご説明し、お客様からも是非その防水工事で進めて欲しいとのご依頼を頂き施工させて頂く事となりました。

 通気緩衝工法の施工に当たり、AGCポリマー建材のサラセーヌと言う材料を使用しての施工です。更にこの工法の場合通気の為の脱気筒が設けられます。今回はその工事の一連の流れをご紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
AGCポリマー建材 サラセーヌ
施工期間
5日
築年数
20年
平米数
40㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
O様邸
保証年数
10年
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
AGCポリマー建材 サラセーヌ
施工期間
5日
築年数
20年
平米数
40㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
O様邸
保証年数
10年
足場アイコン3階建て防水工事

現地調査の様子

お手入れ後10年を経過した屋上防水

 こちらが現地調査の様子です。陸屋根屋上でウレタン密着工法による防水となります。前回約10年前に施工している状況でしたが、激しいひび割れなどの症状は出ておりません。しかし水の滞留跡や細かい部分における各所のひび割れは発生しており、この辺りでお手入れされる事は症状を拡大させない為にもベストな選択であると言えました。

徐々にひび割れも拡大していきます

立ち上がりにひび割れ 屋上防水のヘアクラック

 このように立ち上がりや継ぎ目部分はひび割れが発生してきており、更に平場についてもヘアクラックが見受けられました。密着工法による防水工事の場合、5年を過ぎて行くと少しずつこのような症状が発生していくケースが良く見受けられます。よって今回はそれよりも耐久性がある防水工事を模索していきたいとのお話となりました。

通気緩衝工法による防水工事をご提案

陸屋根屋上の防水表面

 今回は密着工法による防水工事では無く、シートの敷設と脱気筒の設置によって通気を持たせる所謂通気緩衝工法による防水工事のご提案をさせて頂きました。こちらの工法であれば通気効果と緩衝効果が相俟って密着工法のみの施工よりも耐久性が維持できる工法と言われております。

工事の始まり

立ち上がり継ぎ目にシーリング 架台の継ぎ目にシーリング

 工事については高圧洗浄作業を経て、下地調整工事から取り掛かって参ります。不良部と呼ばれる割れ箇所等に対してシーリングでの補修を行い水の進入路と成り得る場所を徹底的に塞いで屋上の防水性を確保して参ります。

AGCポリマー建材のサラセーヌを使用

材料はサラセーヌ

 材料についてはAGCポリマー建材社製のサラセーヌを使用致しました。AVシートと呼ばれるシートを貼り防水材のサラセーヌを2工程入れ最後にトップコートで保護膜を形成していくと言う手順で進んで参ります。

シートの敷設工程へ

AVシートを敷設

 いよいよ防水層の構築作業へ進みます。先ずはAVシートの敷設となり、これが既存防水層と新規防水層の中間に入る事により緩衝効果をもたらせます。要は建物の揺れなども含め、割れ等の抑止に繋がると言う事です。

シート敷設完了です

シート敷設の完了 ベランダは足場を引き上げて作業します

 シートを平場全体に貼り架台やドレン等はこのようにくり抜いて敷設して参ります。実は屋上と共にベランダ部分も有り施工させて頂きました。ベランダ部分は足場が立っているので、一時的に足場を引き上げ慎重に施工して参りました。

ウレタン防水の塗布

ウレタン防水の完了

 シート敷設、更に脱気筒を取り付けてウレタンを流し防水層を構築していきます。2層ウレタンを流す事により、強い防水層の構築に繋がっていきます。尚、この脱気筒が先程敷設したシートで分けた既存防水層とこの新規防水層との間を通気させ、膨れ等の劣化を防ぐ作用をもたらせてくれるのです。

トップコートの塗布作業

トップコート塗布 靴裏にスポンジ

 最後にトップコートを塗布して仕上げ作業となります。長尺ローラーを使用し表面の保護膜形成を行う形となります。仕上げの工程となり出来得る限り表面を滑らかに仕上げていく必要がありますので気を付けて作業して参りました。尚、職人さんは靴裏にこのようなスポンジを取り付けて最新の注意で施工に携わっております。

トップコートを塗布して完了

トップコートの塗布で完成

 工事の完了です。表面も滑らかに綺麗に仕上がりました。脱気筒も問題有りません。この通気緩衝工法は耐久性の面からも屋上やベランダの防水工事においては現在非常に多く活用されております。

光に反射している防水表面

光に反射したトップコート ベランダの防水完了

 屋上、ベランダとも太陽に反射して表面が輝いているように見えます。これで無事お客様への引き渡しが出来そうです。

お客様へお引渡し

通気緩衝工法による防水工事の完了

 今回、手摺等の鉄部も塗装させて頂き施工の方を終えさせて頂きました。お客様にもご満足頂き、足場も外して滞りなくお引渡しとなりました。私たち街の屋根やさんでは、屋根施工は勿論、このような陸屋根の防水工事も得意としております。新型コロナウィルス対策も継続しながら運営させて頂いておりますので、皆様もどうぞお気軽にご相談下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む
陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 陸屋根とは勾配のない(実際には排水のため勾配が設けられています)、平らな屋根の形状を言います。一般的に家屋の「屋根」というと本を逆さで閉じたような三角形の形をしていたり、単純な三角形ではなくとも勾配がある屋根が多いですよね。それと比較すると陸屋根は感じるほどの勾配がなく、ビルの屋上やマンションの屋…続きを読む
バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

@media only screen and (max-width: 374px) {.h336 {height: 336px !important;} お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。特に…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 【動画で確認「ベコ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      豊島区南長崎で屋上陸屋根に高耐久のウレタン塗膜防水塗料ダイフレックスエバーコートZero-1Hを使って通気緩衝工法の防水工事を行いました

      【施工内容】

      陸屋根工事 、雨漏り修理、防水工事

      三鷹市新井で水槽内の劣化した防水部分をウレタン防水工事で直します

      【施工内容】

      防水工事

      練馬区豊玉上にてウレタン塗膜防水で雨漏りを改善、今後の雨漏り防止として外壁タイルの目地シーリング補修も実施

      【施工内容】

      防水工事、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      江東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区西瑞江でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      江戸川区東小岩で強風被害によりベランダ屋根が損壊、ポリカーボネート製波板の交換工事を施工

      【施工内容】

      江戸川区西篠崎で令和元年房総半島台風のご被害で火災保険を使用した棟板金の交換工事を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る