無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区八広で瓦屋根の漆喰表面の剥離症状から棟取り直し工事をご.....

墨田区八広で瓦屋根の漆喰表面の剥離症状から棟取り直し工事をご提案し施工致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 工事のきっかけは、お客様のご近所で屋根工事をしていた業者さんからの指摘で、が傷んでいるから補修した方が良いとの話しを受けたとの事から、インターネットで検索し当社へのご相談を頂いた事が始まりです。

 現地調査にお伺いし状況を確認させて頂いたところ、切妻屋根の棟部分の漆喰が剥がれており、内側の葺き土が顕になっている症状が見受けられました。この状態になるとやはりメンテナンスが必要な状態である事をお伝えし、工事の方法としても漆喰の詰め増しと棟本体の取り直しの2つの施工がある事をご説明させて頂きました。

 工事のご提案としては、お客様よりある程度耐久性の有る施工で進めて行きたいとの意向を承りましたので、漆喰の詰め増し工事よりも棟取り直しの工事の方が好ましい旨をお伝えし、材料につきましてもシリコン配合で防水性を有したシルガードでご提案をさせて頂きました。

 お客様の方でご検討頂き、結果棟取り直し工事でご依頼を頂き、当社で施工する事となりました。今回はその工事の流れをご紹介致します。
 工事のきっかけは、お客様のご近所で屋根工事をしていた業者さんからの指摘で、が傷んでいるから補修した方が良いとの話しを受けたとの事から、インターネットで検索し当社へのご相談を頂いた事が始まりです。

 現地調査にお伺いし状況を確認させて頂いたところ、切妻屋根の棟部分の漆喰が剥がれており、内側の葺き土が顕になっている症状が見受けられました。この状態になるとやはりメンテナンスが必要な状態である事をお伝えし、工事の方法としても漆喰の詰め増しと棟本体の取り直しの2つの施工がある事をご説明させて頂きました。

 工事のご提案としては、お客様よりある程度耐久性の有る施工で進めて行きたいとの意向を承りましたので、漆喰の詰め増し工事よりも棟取り直しの工事の方が好ましい旨をお伝えし、材料につきましてもシリコン配合で防水性を有したシルガードでご提案をさせて頂きました。

 お客様の方でご検討頂き、結果棟取り直し工事でご依頼を頂き、当社で施工する事となりました。今回はその工事の流れをご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
2日間
築年数
40年
平米数
7.5m
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
S様邸
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
2日間
築年数
40年
平米数
7.5m
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
S様邸
保証年数
お付けしておりません
棟瓦取り直し

現地調査の様子

漆喰表面の劣化

 先ずは現地調査を行いました。業者の方からアバウトに言われたとの事でしたが、状況的には日本瓦の屋根の大棟部分の漆喰がほぼ全体に亘り剥がれている状況で、内側の葺き土と呼ばれる部分が剥き出しになっている状態です。更にその葺き土にも割れが各所で見受けられ、ゆくゆくは雨漏りの可能性にも繋がり得る事からも、何かしらのメンテナンスをされた方が良いと言える状況でした。

漆喰が剥がれ葺き土がむき出しに

葺き土が見えている棟漆喰 棟瓦の取り直し工事前

 更に年数的にも屋根漆喰のメンテナンスをされてからかなり経過してしまっている状況との事で、お客様からもある程度耐久性の有る方法で考えたいとの意向を承りましたので、シルガードを使用した棟全体の取り直し工事をご提案させて頂き、施工する運びとなりました。

施工の始まり

冠瓦を外します 棟の取り直し工事の開始

 棟取り直し工事とは、既存の棟を一旦撤去して、棟の土台から再構築していく施工を言います。飽くまでも割れ等の破損が無い限り、既存の棟瓦を再利用して戻していく形となりますので、棟の取り直し工事と呼ばれます。工事スタートは既存棟瓦の一時撤去となります。

既存棟の撤去

のし瓦を外します 葺き土を撤去します

 冠瓦、のし瓦と順番に外していくと中の葺き土が顕れます。やはり年数を経過しているのでその葺き土自体にも割れや弱って崩れてしまっている場所も見受けられました。

葺き土を清掃し準備完了

既存物を清掃して新たに棟を構築します

 この葺き土は撤去し廃棄していきます。屋根をしっかり清掃して棟の再構築の準備が整いました。この状態から新しい棟を作っていきます。

巴瓦、鬼瓦の取り付け

巴瓦の取り付け 鬼瓦の取り付け

 こちらのお宅は屋根形状が切妻屋根となりますので、屋根の両サイドが先端となります。その先端部には巴瓦と言うてっぺんの合掌合わせの部分に巴瓦を取り付けて行きます。更にその内側には鬼瓦が取り付けられているので、先ずはその端部の瓦を取り付けて参りました。当然新しい針金に替えての取り付けとなるので、ここ数年来襲来するような大型台風等の対策にもなり得ます。

材料はシルガードを使用します

シルガードを使用して取り直し工事 シルガードで新たな棟を構築

 漆喰材にはこのシルガードを使用致します。シリコン配合で防水性を有した材料となりますので、耐久性の方も期待出来る材料です。棟の本体部分をこのシルガードで構築しここに既存の棟瓦を戻していきます。

のし瓦を重ねて参ります

のし瓦の取り付け

 のし瓦を積み、更に冠瓦の順で再構築していきますが、高さをしっかり調整すべく水糸を張り下段1段目ののし瓦から水平になる様戻していきます。

高さを合わせて取り付け

糸を張り高さを合わせて設置 ラインに沿ってのし瓦を取り付け

 矢印の赤い水糸のラインに沿って写真の様に設置していきます。こうする事で水平バランスが保てると共に、更に新規の針金で固定し直していく事により強度の強い棟の再構築となり、耐久性の有る施工となっていくのです。

2段目以降を順番に積んでいきます

のし瓦の1段目が完成 2段目ののし瓦の取り付け

 こちらのお宅は3段ののし瓦とプラス冠瓦となります。手を掛けて一段一段丁寧に重ねていき施工させて頂きました。

冠瓦を取り付けて行きます

冠瓦の取り付け 冠瓦、残り半分で完了

 のし瓦の取り付けが終わると冠瓦の取り付けとなります。シルガードを詰めて隙間が出来ない様処置をして冠瓦を重ねて行きます。

仕上げ処理で完了

番線を縛って冠瓦の取付完了 鬼瓦廻りにシーリング

 冠瓦を重ね終えるとあともう一息です。鬼瓦の首廻りの隙間をシーリングで埋める等仕上げ処理をしっかり行い工事完了となります。

棟取り直し工事の完成です

棟取り直し工事の完成

 棟取り直し工事の完成になります。新しい漆喰も問題なく棟取り直しが出来ました。お客様にもお写真をご提出させて頂いて、しっかり綺麗に仕上げてくれてありがとうございますとのお礼のお言葉を賜りました。

棟取り直しの完成 新しい漆喰の状況

 この通り漆喰の方も綺麗に仕上がっております。更に折角の機会なので、屋根瓦のズレや割れ等もチェックし屋根全体の修正も行わせて頂きました。

棟取り直し工事の完成です

 寒さも本格的となり、新型コロナウィルスの影響も大きくなってきておりますが、私たち街の屋根やさんではマスクの完全着装やソーシャルディスタンスの確保等、新型コロナウィルス対策も徹底しながら施工を進めております。皆様もお気軽にご相談下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区西一之江で雨漏りの発生に伴い屋根の部分葺き直し工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、棟瓦取り直し 、雨漏り修理

      調布市深大寺元町で崩れ始める前に瓦屋根の棟取り直し工事

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にもなる7寸丸に積み替えました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施、色はSシェイドブラックになります

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区西小岩で膨れが多く発生している屋上ウレタン防水をウレタン塗膜防水通気緩衝工法で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区江戸川で腰折れ屋根のカバー工事、野地板の増し貼りとアールロックで施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る