無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いま.....

西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いました

【施工前】
苔が生えて欠けたレサス屋根

【施工後】
コロニアル遮熱グラッサで葺き替えた屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 昨年の台風19号(令和元年東日本台風)の影響で、スレート屋根が割れて庭に落ちてきたので屋根の調査をしてほしいと無料点検のご依頼をいただいたことが今回の工事のキッカケでした。

 実際に現地へお伺いすると、屋根の棟付近で数カ所屋根が割れてしまっている状態でした。使われている屋根材は旧松下電工製のレサスというう屋根材で、アスベスト含有建材の健康問題が話題となっていた時期に、ノンアスベスト屋根材の先駆けとして登場した屋根材です。アスベストは健康被害が問題になる前は、非常に安価で建材をとても強く作ることができる便利な素材として重宝されていましたが、そんなアスベストを技術が未熟なうちに抜いてしまった屋根材は強度不足が目立ち、すぐに割れてしまったりすることが特徴です。

 Y様は火災保険にご加入されていたので、今回の被害を火災保険へ申請し、申請金額よりも少し少ない金額での受理とはなったものの、保険金が下りたので屋根の葺き替え工事を行いました。

 使った屋根材は「コロニアル遮熱グラッサ」という屋根材で、現在スレート屋根で主流となっているもののワンランク上のものを使いました。グラッサシリーズは表面に無機塗装が施されており、釉薬瓦と同じような造りをしています。そのため色あせに強く、塗装なしでも30年はメンテナンスフリーが見込める屋根材です。遮熱性能も備えている屋根材となるため、夏場の2階の暑さの軽減が期待できます。

 無事に屋根葺き替え工事も終わり、綺麗になった屋根を見てY様にも喜んでいただくことができました。
 昨年の台風19号(令和元年東日本台風)の影響で、スレート屋根が割れて庭に落ちてきたので屋根の調査をしてほしいと無料点検のご依頼をいただいたことが今回の工事のキッカケでした。

 実際に現地へお伺いすると、屋根の棟付近で数カ所屋根が割れてしまっている状態でした。使われている屋根材は旧松下電工製のレサスというう屋根材で、アスベスト含有建材の健康問題が話題となっていた時期に、ノンアスベスト屋根材の先駆けとして登場した屋根材です。アスベストは健康被害が問題になる前は、非常に安価で建材をとても強く作ることができる便利な素材として重宝されていましたが、そんなアスベストを技術が未熟なうちに抜いてしまった屋根材は強度不足が目立ち、すぐに割れてしまったりすることが特徴です。

 Y様は火災保険にご加入されていたので、今回の被害を火災保険へ申請し、申請金額よりも少し少ない金額での受理とはなったものの、保険金が下りたので屋根の葺き替え工事を行いました。

 使った屋根材は「コロニアル遮熱グラッサ」という屋根材で、現在スレート屋根で主流となっているもののワンランク上のものを使いました。グラッサシリーズは表面に無機塗装が施されており、釉薬瓦と同じような造りをしています。そのため色あせに強く、塗装なしでも30年はメンテナンスフリーが見込める屋根材です。遮熱性能も備えている屋根材となるため、夏場の2階の暑さの軽減が期待できます。

 無事に屋根葺き替え工事も終わり、綺麗になった屋根を見てY様にも喜んでいただくことができました。


担当:高田


【工事内容】
屋根葺き替え スレート屋根葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
コロニアル遮熱グラッサ クールブラック
施工期間
10日(足場掛け払い含む)
築年数
17年
平米数
64㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
【工事内容】
屋根葺き替え スレート屋根葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
コロニアル遮熱グラッサ クールブラック
施工期間
10日(足場掛け払い含む)
築年数
17年
平米数
64㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
火災保険アイコン屋根葺き替え

台風被害に遭った屋根を調査

台風被害にあった屋根

 西東京市泉町にお住まいのY様より、昨年の台風19号(令和元年東日本台風)の際に屋根の破片が庭に落ちてきたので、状態を確認してほしいと調査依頼をいただいたことが今回の工事のキッカケでした。現地にお伺いして屋根に登ってみると、旧松下電工の「レサス」という屋根材が使われた屋根でした。レサスはノンアスベストの先駆けの屋根材で、登場当初は健康被害などに考慮した先進的な屋根材として人気でしたが、発売から10年ほど経つのを目処に問題が発覚してきました。アスベストは安価で建材を頑健にすることができる素材として重宝されていましたが、そのアスベストを素材から抜いたことにより、耐久性の無い脆い屋根材になってしまっていたのです。同時期に発売された旧クボタのコロニアルNEOやニチハのパミールという屋根材も同様の症状を抱えており、この時期の屋根が使われたお住まいには注意が必要です。

台風で割れた箇所を確認

欠けた屋根 欠けたレサス

 棟の付近で屋根材が割れた部分を発見しました。台風被害で屋根が割れたり抜け落ちてしまったりした際は、火災保険の申請対象となる場合があります。火災保険と聞くと火災による被害のみが対象かと思われがちですが、ほとんどの保険会社で風災や雪害などの自然災害も対象としていることが多くなっています。Y様も火災保険にご加入とのことでしたので、今回の内容で保険会社に申請を行い、約1ヶ月ほどで申請が受理されました。被害規模が小さかったため、申請した金額の全額とは行きませんでしたが、申請金額の8割ほどの保険金が下りたため、その金額を工事費用に当てて葺き替え工事を行う運びとなりました。保険が通って本当に良かったです。

屋根材を撤去していきます

剥がした屋根材 防水紙だけになった屋根

 ご自宅全面に足場を設置させていただき、工事開始です。まずは古い屋根材を全て撤去していきます。スレート屋根は㎡あたり20kg程の重さがあるので、撤去した屋根を下に下ろすのも一苦労です。屋根の大きさに応じて使われている屋根材の総量ももちろん増えていくため、広い屋根だと一層大変な作業になります。屋根材を全て撤去すると、緑色の屋根になりました。これは防水紙といって、屋根材の下で雨漏りを防いでいる雨漏り防止の要と言える部分です。紙という言葉が使われれいますが、紙ではなくてアスファルトが使われています。防水紙の寿命は20~30年と言われています。屋根を剥がさない限りメンテナンスできない部分なので、葺き替え工事の際は必ず交換します。

防水紙を撤去して野路板を増し張りします

防水紙も撤去 野路板を増し張り

 防水紙を撤去したら野地板が顔を出しました。野地板を剥がせば屋根裏に直結してしまうので、野地板を剥がすことはしません。その代わり、新しい野地板をこの上に増し張りしていきます。築年数とともに野地板が痩せていて新しい屋根の下地として不安が残る場合があるため、葺き替え工事では基本的に野地板は増し張りしています。より頑丈な屋根とすることで、耐久性を向上させる役割もあります。

防水紙を屋根全体に施工します

防水紙を全体に施工 防水紙施工完了

 野地板の増し張りが終われば次は防水紙を張り合わせていきます。カバー工事の際は粘着性のある防水紙を使いますが、葺き替えの場合は特に粘着性のない防水紙を使います。カバー工事では下地が元の屋根そのものとなるため、粘着性のある防水紙で固定するほうが良いのですが、葺き替えの場合は新しいキレイな野地板の上に防水紙を施工できるため、粘着性は必要ないのです。固定にはタッカーと呼ばれる大きなホチキスのような道具を使って行きます。また、防水紙は軒先から先に施工し、その後棟に向かって重ねるように施工していきます。これは雨仕舞を考慮しての施工手順で、この逆で施工をすれば防水紙の上を雨水が流れた際に防水紙の内側へ雨水を侵入させてしまうことになります。こういった手順への配慮も、シッカリとした工事のためには必要です。

新しい屋根材を葺いていく

屋根材を葺いていく サイズカット

 防水紙を張り終わったら、新しい屋根材を葺いていきます。この手順も、先程の防水紙と考えは同じで、軒先から棟に向かって重ねて葺いていきます。途中、スレートのサイズ調整が必要な場合は右の写真の裁断機を使ってその場でサイズを合わせて加工していきます。今回のお住いの屋根は多面の屋根で細かい加工が必要な部分も多かったので、シンプルな屋根の形状に比べれば少し手間が多い工事でした。このように、同じスレート屋根でも形状などによってお見積りの金額も変動するため、街の屋根やさんの無料点検・無料見積もりを有効にお使いいただければ幸いです。

葺き替え工事完了

葺き替え完了

 屋根を全て吹き終わったらてっぺんの棟板金を取り付けて、細かい取り合い部分などのコーキング処理などをして屋根葺き替え工事完了となります。もともとの屋根と比べて、とてもキレイな屋根に生まれ変わりました。使った屋根材はケイミューのコロニアル遮熱グラッサです。スタンダードなコロニアルクアッドよりもワンランク上のスレート屋根で、表面に無機塗装が施されています。釉薬瓦と同じような造りをしているため、塗装をしなくても30年は色褪せないと言われている優れたスレート屋根です。遮熱性能もプラスされているため、夏の厳しい照りつけが原因となる2階の暑さも和らげることができます。高性能でキレイな屋根にリフォームができて、Y様にもとても喜んでいただけました。

ドローンでの撮影

 施工後の屋根をドローンで撮影した写真です。屋根の上からの撮影よりも全体を確認することができて、点検の際にもドローンを活用する場面も増えてきました。撮影した日は日差しが強かったこともあり、全体的にグレーの屋根色に見えていますが、使った屋根材はクールブラックという黒色なので、近くで見れば黒い屋根となります。一般的なグレードのコロニアルクアッドよりもワンランク上のコロニアル遮熱グラッサを使った葺き替え工事なので、色褪せの心配もグラッサに比べるとほとんどありません。いつまでもキレイな屋根でいてくれればと思います。

 私たち街の屋根やさんでは新型コロナウィルスへの感染対策として手指の消毒やマスクの着用を徹底して実施しています。お問い合わせの際はご安心していただければ幸いです。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行なったY様のご感想をご紹介いたします

Y様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
屋根のスレートが割れて剥がれ落ちた。(台風で)
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネット
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい。
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
西東京市内の施工例がいくつかあったことと詳しい説明を読んで安心できたから。
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
物腰も柔らかく丁寧な説明で良いと感じました。

Y様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区西瑞江でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      狛江市東和泉でセキスイかわらUを撤去した後、スーパーガルテクトで葺き替え工事いたしました

      【施工内容】

      スレート屋根工事、屋根葺き替え、屋根カバー工法

      渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      西東京市と近隣地区の施工事例のご紹介

      小平市鈴木町でトタンの瓦棒葺き屋根を日本ペイントファインルーフのサニーレッドで塗装します

      【施工内容】

      屋根塗装

      西東京市田無町で瓦屋根の歪んだ棟を取り直し工事いたしました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      西東京市田無町で台風被害による屋根からの雨漏り、部分補修で修理しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る