無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直.....

清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

【施工前】
雨漏りしている瓦葺き屋根

【施工後】
葺き直し工事で雨漏りを止めました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 清瀬市元町で瓦屋根の葺き替え工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは二階の天井に雨漏りの染みが出来てお困りになっているという事でお問合せいただきました。瓦葺き屋根は瓦自体が長持ちする屋根材ですのでメンテナンスが必要無いと思われることが多いのですが、実際には必ずメンテナンスが必要です。
 瓦に限らず屋根材の下には防水紙(ルーフィング)が葺いてあります。屋根は、屋根材と防水紙によって雨から建物を守っているのですが、防水紙には寿命が有り20年~25年程が目安となります。日本瓦で葺かれている屋根は、瓦桟という横向きに固定された木に引っかけて有るだけのことが多いので、簡単に外して下地の状態を確認する事が可能です。
 今回の雨漏りの原因は下地にありましたので、一旦瓦を剥がして下地を直してから瓦を元の状態に戻す葺き直し工事おこないました。入母屋造りになっているので、屋根が入り組んだ造りになっている事も雨漏りの原因になっています。葺き直し工事で使用する防水紙(ルーフィング)は耐久性が高くて綺麗にくい、田島のニューライナールーフィングを使用しました。極端な言い方をすれば、屋根材が無くなってしまっても防水紙(ルーフィング)がしっかりとしていれば雨漏りする事はありません。それだけ下地の状態が重要だという事です。
 建物が複雑な造りになればなるほど雨漏りのリスクが高くなっていきますので、デザイン性の高い建物などは特に要注意です。
 雨漏り修理工事は、下地の葺き直しで止める事が出来ましたので、台風が来る前に工事が終わってお客様にも安心していただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策でマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください!
 清瀬市元町で瓦屋根の葺き替え工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは二階の天井に雨漏りの染みが出来てお困りになっているという事でお問合せいただきました。瓦葺き屋根は瓦自体が長持ちする屋根材ですのでメンテナンスが必要無いと思われることが多いのですが、実際には必ずメンテナンスが必要です。
 瓦に限らず屋根材の下には防水紙(ルーフィング)が葺いてあります。屋根は、屋根材と防水紙によって雨から建物を守っているのですが、防水紙には寿命が有り20年~25年程が目安となります。日本瓦で葺かれている屋根は、瓦桟という横向きに固定された木に引っかけて有るだけのことが多いので、簡単に外して下地の状態を確認する事が可能です。
 今回の雨漏りの原因は下地にありましたので、一旦瓦を剥がして下地を直してから瓦を元の状態に戻す葺き直し工事おこないました。入母屋造りになっているので、屋根が入り組んだ造りになっている事も雨漏りの原因になっています。葺き直し工事で使用する防水紙(ルーフィング)は耐久性が高くて綺麗にくい、田島のニューライナールーフィングを使用しました。極端な言い方をすれば、屋根材が無くなってしまっても防水紙(ルーフィング)がしっかりとしていれば雨漏りする事はありません。それだけ下地の状態が重要だという事です。
 建物が複雑な造りになればなるほど雨漏りのリスクが高くなっていきますので、デザイン性の高い建物などは特に要注意です。
 雨漏り修理工事は、下地の葺き直しで止める事が出来ましたので、台風が来る前に工事が終わってお客様にも安心していただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策でマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください!


担当:富田


【工事内容】
瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
三州陶器瓦、シルガード、ニューライナールーフィング
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
25年
平米数
70㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
【工事内容】
瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
三州陶器瓦、シルガード、ニューライナールーフィング
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
25年
平米数
70㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
足場アイコン雨漏り修

雨漏り箇所を確認します

和室の天井にシミが 天井には雨染みが出来ています

 雨漏りしているのは二階の和室の天井です。木目の敷目天井には雨水が垂れた雨染みが出ています。天井の上が屋根になっている場合は、天井裏に断熱材が敷いてあります。ガラス繊維を含んだ綿の様なグラスウールという断熱材の事が多いのですが、多少の雨漏りの場合はグラスウールが雨水を吸い込んでしまうので、天井に症状が現れない事があります。その様な場合雨漏りの発見が遅れてしまうので、天井に症状が出た時には被害が大分広がっている事があります。

 そこまで広範囲に雨染みが広がっている訳ではありませんでしたので、屋根の状況を確認して雨漏りの原因を特定していきます。

瓦葺き屋根はメンテナンスが必要です

雨漏りの原因になっている部分 棟が上になっているので注意が必要

 天井に雨染みが出来ている部分の真上です。嘉新葺き屋根は入母屋造りになっていて、複雑な屋根の納めになっています。屋根は複雑になればなる程雨漏りのリスクが高くなっていきますので、原因を特定して適切な工事をおこなう必要があります。

複雑になると雨漏りのリスクが高くなります

 瓦葺き屋根に限らず建物の屋根は、屋根材の表面と下に葺いてある防水紙によって雨から建物を守っています。見た目には問題が無さそうな屋根でも雨漏りする場合、ほとんどが下地に原因があります。築年数が経過すると防水紙も劣化してひび割れたり裂けたりしますし、固定する為に打ってあるタッカーという大型のホッチキスの針の回りから雨水が浸入する事もあります。

 雨漏り箇所の真上は入母屋で棟とケラバの取り合い部が有り、破風板という木の板もぶつかる部分が有ります。この様な造りの場合は雨水がの流れたせき止められたり、外を流れるはずの雨水を屋根材の下に呼び込んでしまう事もあります。

雨漏りの原因は防水紙(ルーフィング)の劣化

怪しい部分の瓦を剥がします 瓦を剥がしてして字の状態をみていきます

 瓦を剥がして下地の状態を確認していきます。瓦の下にも雨水は流れますので雨あ染みが出来ていますが、瓦を引っかける横向きに打ち付けられた瓦桟部分には、雨水を下に流す処置がされていませんでしたので、流れが悪くとどまった雨水によって雨漏りしてしまいます。

雨水が流れた跡があります 表面が割れてしまう凍害です

 防水紙の劣化は雨漏りに直結しますので、古くなった部分は新しい物への交換が必要になります。雨漏りしている箇所は大きく分けて2カ所ほどでしたが、屋根材を葺いた時期は同じですので屋根全体の下地の直す葺き直し工事をおこないます。

 角部分が欠けているのは凍害です。瓦の小さな気泡にはいった雨水が凍って膨張する事で内側から瓦を破損させてしまう症状です。画像の様な軽微なものなら問題ありませんが、全体的に剥離したり割れたりする事がありますので被害が大きな場合は対応が必要になります。

ニューライナールーフィングを使用して葺き直します

防水紙を新しくして瓦を戻します 下地を新しくして雨漏りを止めます

 葺き直し工事とは、既存の瓦を再利用し下地を直す工事です。傷んだ野地板や防水紙(ルーフィング)を新しくする事が目的で、今回の工事も雨漏りの原因になっていた防水紙を新しい物に葺き替えました。

 使用したのは田島のニューライナールーフィングで、良く使用される改質アスファルトルーフィングと比べて切れにくい材質ですので、建物が動いても影響を受けにくくなります。また、瓦を引っかける瓦桟には雨水を下に流す為の溝が切ってありますので、雨水が溜まる心配も無くなります。

土の替りに漆喰を使用します のし瓦を積んで棟を仕上げます

 平らな面の桟瓦を元に戻したら棟を積んでいきます。元々は土を土台として棟を積んでいましたが、漆喰(なんばん)を土台に使用します。雨水に強いので土の様に崩れにくくなりますので、現在では良く採用される施工方法です。なんばんの上にのし瓦という平らな瓦を積んで最後に丸い冠瓦の乗せて完成します。

傷んだ瓦は差し替えます

棟部分からの雨水の浸入を防ぎます 葺き直し工事が完成しました

 棟を積んで雨水の浸入を防ぎました。今回の工事では瓦は再利用する葺き直し工事をおこないましたが、実際には新しい瓦も使用しています。瓦も経年によって癖が付き反ったりがたつきが出たりしてしまいます。葺き直しで綺麗に納めるために歪みが出た瓦は新しい物へ交換します。

年数が経過して癖がついている瓦は差し替えます 相当量の瓦を差し替えました

 屋根全体では結構な枚数の瓦を差し替えましたが、葺きあがりは段差もガタつきも無く綺麗に納まりました。

妻壁の隙間はガルバリウム鋼板で塞ぎます

隙間が空いた雨水が入ってしまいます

 妻壁の瓦が積んである雨押え部分に隙間が空いていました。瓦を積みなおした形跡がありますので、以前はもう少し高い位置に瓦が乗せてあったようです。

 軒が出ているので通常の雨の時には殆どかかりませんが、風を伴うと吹き込んでしまうので、隙間から入った雨水も雨漏りに繋がってしまいます。

瓦を積みなおして隙間はガルバリウム鋼板で塞ぎます

 入母屋造りの屋根は、屋根と壁がぶつかった部分があります。この部分も葺き直しをおこなっていますが、元々壁との取り合いの所に隙間が空いていて、覗くと天井裏が見える状態でした。通常の雨の時に雨水が架かる部分ではありませんが、風を伴って降った場合に雨がかかるとそのまま天井裏へ入ってしまいますので、瓦を積み終えた後にガルバリウム鋼板で隙間を綺麗に埋めました。これで吹き付ける様な雨が降っても安心です。

葺き直し工事が完成しました

 屋根葺き直し工事が完成しました。元々瓦がズレたり破損していたわけではありませんので、工事前と工事後の見た目は殆ど変わりません。しかし、瓦の下地はしっかりと直していますので、雨漏りの心配も無くなり安心してお住まいになれる様に変わっております。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      清瀬市と近隣地区の施工事例のご紹介

      東村山市廻田町で強風被害を受けた棟板金の交換を機に屋根塗装

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装

      清瀬市下清戸で強風に負けない樹脂製貫板を使用した棟板金交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      東村山市野口町で入母屋の瓦屋根を部分的に葺き直して雨漏り解消

      【施工内容】

      屋根葺き直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る