無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 台東区千束で屋根葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテク.....

台東区千束で屋根葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトで施工致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 台東区千束で建てられてから40年を超えた日本瓦のお住まいで、屋根からの雨漏りが発生しているので修繕工事をご検討されているとのご相談を承りました。雨漏りもさることながら、瓦の重量も気にされており、昨今大きな地震の懸念も高まっている事から軽量な金属製の屋根材に葺き替えたいとのお考えもお持ちでらっしゃいました。そこでアイジー工業社製のガルバリウム鋼板の屋根材、スーパーガルテクトをご提案させて頂き耐久性と重量についてもサンプルをお見せし、直に触れて頂いて屋根材の特徴をご説明致しました。
 今回は屋根の葺き替え工事となりますので、既存瓦の撤去、新規野地板貼りによる下地調整、防水シートの敷設、新しい屋根材への葺き替え等の一連の流れもご紹介し、判り易く丁寧に説明してくれたとのお言葉も頂き、当社で施工を進めさせて頂く事となりました。
 アイジー工業のスーパーガルテクト。今ガルバリウム鋼板製の屋根材をご検討されている方によく使用されている屋根材です。その工事の流れをご紹介致します。
 台東区千束で建てられてから40年を超えた日本瓦のお住まいで、屋根からの雨漏りが発生しているので修繕工事をご検討されているとのご相談を承りました。雨漏りもさることながら、瓦の重量も気にされており、昨今大きな地震の懸念も高まっている事から軽量な金属製の屋根材に葺き替えたいとのお考えもお持ちでらっしゃいました。そこでアイジー工業社製のガルバリウム鋼板の屋根材、スーパーガルテクトをご提案させて頂き耐久性と重量についてもサンプルをお見せし、直に触れて頂いて屋根材の特徴をご説明致しました。
 今回は屋根の葺き替え工事となりますので、既存瓦の撤去、新規野地板貼りによる下地調整、防水シートの敷設、新しい屋根材への葺き替え等の一連の流れもご紹介し、判り易く丁寧に説明してくれたとのお言葉も頂き、当社で施工を進めさせて頂く事となりました。
 アイジー工業のスーパーガルテクト。今ガルバリウム鋼板製の屋根材をご検討されている方によく使用されている屋根材です。その工事の流れをご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
屋根葺き替え ガルバリウム鋼板 瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
5日
築年数
40年
平米数
47㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
保証年数
10年
【工事内容】
屋根葺き替え ガルバリウム鋼板 瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
5日
築年数
40年
平米数
47㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
保証年数
10年
足場アイコン屋根葺き替え

現地調査の様子

瓦屋根の変色

 先ずは現地調査を行いました。瓦も年数を経過しているので変色が見られます。勿論階下の状況も確認致しましたが、面を問わず各所に雨染み等の雨漏り症状が見られました。こちらのお住まいは、現在空き家となっており施主様が定期的に様子見に来られているとの事で、前々から症状は始まっていた模様です。今回はその部分的な修繕と言うよりも、全体的に屋根を葺き替える事により雨漏りの心配を無くしたいとの意向で当社へのご相談となった次第です。

鬼瓦の倒壊とのし瓦のずれが発生

鬼瓦の倒壊 鬼瓦とのし瓦の倒壊とズレ

 このように隅棟瓦の先端部の鬼瓦の倒壊も見られました。落下しなくて良かったと言う印象です。更に冠瓦の下ののし瓦もところどころにズレが生じており、この辺りも更なる損壊等の可能性も懸念される状況です。お客様もこの日本瓦の重量と落下した場合のご被害等も気にされてらっしいましたので、この瓦屋根から軽量の屋根材へと切り替えて行きたいとのお考えの下、それに適合した屋根材をご質問で承りました。

屋根葺き替え工事の施工へ

瓦屋根の劣化

 そこでアイジー工業社製品のスーパーガルテクトをご案内し今回ご提案させて頂きました。このスーパーガルテクトはガルバリウム鋼板と呼ばれる素材で、従来のトタン等とは異なり錆びが生じずらく耐久性もある素材です。更に軽量で瓦屋根に比べると格段に軽くなりお住まいの躯体に対しての負担もかなり軽減されます。実際にサンプルも手に取って頂き、素材、重量等も実感して頂いて、この屋根材で是非葺き替え工事を進めてもらいたいとのご依頼を賜り、施工していく事となりました。

足場と梯子の設置

足場とリフト付き梯子の設置

 と言う事で工事のスタートとなります。足場組みから始まりますが、こちらのお住まいは隣家様との敷地幅も狭小な部分が有りましたので、3面掛けの足場となりました。都心部での施工の場合よくある事です。特に足場の設置が出来ない箇所の施工は作業員の安全対策と飛散防止対策の下、細心の注意で施工していく必要が有ります。更にこの様にリフト付きの梯子を設置して工事準備も万端整えて作業に臨んで参ります。

既存瓦の解体撤去

棟瓦から解体 既存瓦を外します

 実際の作業工程として、先ずは既存瓦の撤去解体になります。頂上部の棟瓦から外して参ります。古くからのお住まいはこのように瓦下には土や杉皮による防水敷きが有ります。やはりこれらの症状を確認していくと、年数による防水効果の低下がところどころに見受けられ、屋根からの雨漏りは複数個所で確認出来ました。

瓦をまとめ、降ろしていきました

既存瓦の撤去

 瓦を順々に外してまとめて行きます。これらをある程度の数量に纏め、後は手作業、人海戦術で瓦をリフトで降ろしていきます。瓦降ろし、下地の清掃、野地板取付、防水シート敷設迄の工事をこの日1日で集約して実施ていきます。

野地板と改質アスファルトルーフィングの準備

野地板を用意 アスファルトルーフィングの準備

 手分けして瓦を撤去、降ろしている間に材料の準備も並行して行って行きます。左が新規下地となる野地板、右がその上に敷設する改質アスファルトルーフィングと呼ばれる防水シートになります。出来得る限り効率よくスピーディーに行っていく事で確実に余裕をもってこの日の工程を進めて参りました。

野地板を設置していきます

野地板の取り付けが半分終了 野地板の取り付け

 瓦を全て降ろすと共に、盛り土と杉皮の撤去清掃を行って既存の野地板が顕れます。この野地板に新たな野地板を垂木に沿って取り付けて行きます。

野地板設置の完了

野地板貼り完了

 野地板の取り付けを行い屋根下地が完成致しました。これが新たな屋根下地となり強度の強い屋根の構築に繋がります。

防水シートの敷設

野地板設置から防水シートの敷設へ 防水シートの敷設

 続いて防水シートの敷設工程となります。これまでのトントン葺きと呼ばれる杉皮防水とは異なり、この改質アスファルトルーフィングによる防水となります。当然耐久力も格段に上がり、この防水シートがこの先の屋根を、雨等からしっかり守っていく事となります。

防水シートの敷設完了

防水シート敷設の完了

 防水シートも敷設完了です。かなり効率よく進められましたので、予定よりも早く作業を終えることが出来ました。時間も余裕が有ったのでスターターとなる軒先唐草の取り付けまでこの日のうちに作業を進めていく事が出来ました。改めて職人たちのチームワークの良さを実感致しました。

いよいよ本体取り付けへ

ガルテクトの取り付け もう一息で屋根葺き完了です

 次の日、作業は本体の取り付けとなります。昨日取り付けた軒先唐草からスタートしてスーパーガルテクトを下から順に葺いていきます。この日の作業もかなりスムーズに進み順調に工事も進捗して参りました。

屋根葺きの完了から棟板金の取り付け

ガルテクト葺き完了

 頂上まで屋根が葺き上がりました。残すは棟部の取り付けとなります。ここまで来ると新しい屋根の形状や雰囲気も掴めてきます。

貫板は樹脂製を使用

棟板金と樹脂製貫板 貫板の取り付け

 棟に取り付ける部材はこのプラスティック樹脂製の貫板となります。従来の木材とは異なり水の侵入による腐食リスクが殆どなくなる材質です。昨今台風等のご被害で棟板金が飛散すると言った事案が多いので、その対策にも繋がります。私たち街の屋根やさんでは、新たな棟板金の構築の際、この樹脂製貫板をご提案し施工していく事が殆どとなります。

棟板金を被せていきます

棟板金の取り付け 継ぎ目シーリングで取付完了

 貫板の取り付け、棟板金を被せてビス止めしていきます。最後に継ぎ目となる部分に同色のシーリングを入れ完成となります。

継ぎ目にシーリングで棟板金取付完了

継ぎ目にシーリング処理

 継ぎ目にシーリングを施し、養生テープを剥がせば仕上がりとなります。雪止めと棟板金、これらもスーパーガルテクトの純正部品となりますので屋根と一体化して、見栄えも良く綺麗に仕上がりました。

葺き替え工事の完成

屋根葺き替えの完成

 屋根葺き替え工事の完了です。シェイドブラウンでいい感じに出来上がりました。お客様にも写真でご覧頂き非常に綺麗に仕上がったし、これで雨漏りや地震の心配も無くなると大変喜んでおられました。

仕上がりも問題なしです

シェイドブラウンのスーパーガルテクト

 狭く足場の設置出来なかった面も問題なく取り付けを行えました。特にこちらの面に雨漏りの症状も見られたので、ここまでしっかりとスーパーガルテクトでガードしていれば雨漏りの心配は先ず無いと思われます。

足場を外してお引渡しになります

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替え

 いよいよ明日足場解体で工事終了です。足場を解体しお客様にお引き渡しして工事の完了です。私たち街の屋根やさんでは工事期間中も含めて新型コロナウィルス対策も実施しながら施工を進めております。お客様との報告ややり取りもSNS等を活用しながら進めさせて頂いております。皆様も是非お気軽にご相談下さい。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事

雨漏り修理・雨漏り改修工事

※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳ではありませ…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を迎え…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      荒川区町屋で令和元年東日本台風被害で雨漏りを起こした瓦棒屋根の部分葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根葺き替え工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      台東区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る