無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区一之江で瓦屋根の葺き替え工事、スーパーガルテクトで施.....

江戸川区一之江で瓦屋根の葺き替え工事、スーパーガルテクトで施工致しました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区一之江で令和元年東日本台風で瓦屋根に損壊が発生し、先ずは火災保険を活用した修繕工事のご相談をお受け致しました。なかなか業者が見つからず、かなりお探しになられていたところ、弊社の方へのご相談となった次第です。現在かなり落ち着いてきているとは言え、屋根工事業者は多忙を極めている現状は変わりません。そんな中、弊社のホームページをご覧頂きお問い合わせとなりました。現地調査から火災保険の申請書類等の準備、その承認を受けた後の工事ご提案で、この際折角ですので損壊箇所だけではなく全体的に軽量の素材で屋根葺き替え工事を為さる方向へとお話は進捗致しました。屋根材についても断熱材入りの材料で取り付けたいとの意向で、アイジー工業製のスーパーガルテクトでの葺き替え工事に決まりました。今回はこちらの工事についてご紹介致します。
 江戸川区一之江で令和元年東日本台風で瓦屋根に損壊が発生し、先ずは火災保険を活用した修繕工事のご相談をお受け致しました。なかなか業者が見つからず、かなりお探しになられていたところ、弊社の方へのご相談となった次第です。現在かなり落ち着いてきているとは言え、屋根工事業者は多忙を極めている現状は変わりません。そんな中、弊社のホームページをご覧頂きお問い合わせとなりました。現地調査から火災保険の申請書類等の準備、その承認を受けた後の工事ご提案で、この際折角ですので損壊箇所だけではなく全体的に軽量の素材で屋根葺き替え工事を為さる方向へとお話は進捗致しました。屋根材についても断熱材入りの材料で取り付けたいとの意向で、アイジー工業製のスーパーガルテクトでの葺き替え工事に決まりました。今回はこちらの工事についてご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト アイジー工業
施工期間
1週間
築年数
40年
平米数
48㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
N様邸
保証年数
10年
【工事内容】
瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト アイジー工業
施工期間
1週間
築年数
40年
平米数
48㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
N様邸
保証年数
10年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え

現地調査

鬼瓦を始めとした棟部の損壊

 こちらが現地調査の状況です。和瓦を使用している屋根で、損壊が発生していたのは切妻屋根の棟の先端部分でした。写真の通り鬼瓦が外れて落下しかかっています。更に棟の冠瓦は完全に落下、下ののし瓦についても何枚か落ちてしまっている状況でした。

棟瓦の落下 瓦が敷地内に落下し破損

 反対の面に冠瓦が落下しています。敷地内のお庭には落ちてしまった瓦が割れていました。令和元年東日本台風の影響となります。これらの損壊については台風に伴う自然災害によるものと認められ火災保険の承認を経て修繕工事が可能となります。

その他にもズレ等の症状が発生

瓦にずれが発生

 その他にもズレが生じている所や、この通り完全に浮いてしまい隙間が出来てしまっている所も見受けられました。これらについても強風により発生した事象として瓦の修繕工事について保険申請する事になります。

軒先部の瓦にズレ 漆喰は経年による劣化

 強風も勿論ですが、やはり年数による経年の症状もあります。漆喰などは表面が割れて剥落してしまっている部分もあります。今回火災保険で、飽くまでも損壊した部分の現状復旧と言う事で認められますが、足場を組んでの施工となり、お客様より全体としての工事を考えて行きたいとのお話に発展し、昨今の地震の多さも有り屋根の軽量化を図りたいとの意向も有って、アイジー工業社製のスーパーガルテクトを使用しての屋根葺き替え工事を行う事となりました。

工事のスタート

足場架設から工事のスタート 足場の組み立て

 工事のスタートは足場の仮設工事からスタートです。屋根作業においては原則作業員の安全と共にご近隣様への飛散防止、ご迷惑防止の為必ず足場、メッシュシートの設置等行い準備をしていきます。

瓦撤去作業へ

瓦撤去作業の開始 外した瓦をまとめて行きます

 足場の設置後、いよいよ屋根工事の開始となります。既存瓦を撤去して参りますが、非常に重いのでなかなか大変な作業です。棟部分の瓦を外して、上から順に1枚1枚の本体の瓦を外して屋根上でまとめてリフト付きの梯子で順次降ろして参ります。

瓦を撤去した後は残土清掃

 片面が終わるとこのように既存の下地が完全に見えてきます。砂と防水紙となり、瓦を外した後はしっかりと清掃をしてその残土等を回収していきます。

野地板の取り付け

野地板取付開始 片面の野地板が設置出来ました

 続いての工程は新しい野地板の取り付け作業となります。これが新しい下地となり、この野地板にアスファルトルーフィングや屋根材を取り付けて行く事で強度のある新しい屋根に生まれ変わる土台となる訳です。

アスファルトルーフィングの敷設

防水紙の敷設

 野地板の設置後、その上に防水紙の敷設作業を行いました。改質アスファルトルーフィングと呼ばれる防水紙でこれが最終的に雨からお住まいを守る砦となると言っても過言ではありません。このルーフィングシートを敷いて1日目の作業は終わりです。ここまでを1日で終わらせないとなりません。この日は5名の作業員で対応し何とかここまで無事終了させることが出来ました。翌日からは本体の屋根葺き施工が始まります。

ケラバ・唐草板金の取り付け

ケラバ・唐草の取り付け

 日が変わり本体の取り付け作業の開始です。軒先部分や屋根横面の箇所の取り付けから始まります。ちなみに軒先を唐草、サイドの斜めの部分をケラバと呼びます。

スーパーガルテクトの登場

屋根葺き開始 屋根葺き片面がほぼ終了

 こちらが本体の取り付けの流れとなります。下から順に新しい屋根材、ガルバリウム鋼板製のスーパーガルテクトを葺いて参ります。このガルバリウム鋼板は耐久性も強く錆づらいと呼ばれる屋根材で、尚且つ軽量な素材です。現在屋根を新しくする場合、多くのお住まいで使用されています。今回はスーパーガルテクトと言う事で、軽量且つ高耐久と共に断熱材が入った材料ですので、お住まいの快適性も見込める優れものの屋根材と言えます。

仕上げ作業、棟板金の取り付け

棟板金の取り付け開始 貫板の取付完了

 両面ともスーパーガルテクトを葺いて頂点の部分まで来たら、最後の仕上げ作業棟板金の取り付け作業へと移ります。棟板金の大きさに合わせて貫板と呼ばれる棟の下地材を取り付けて行きます。使用する貫板はプラスティック樹脂製になります。従来貫板は木材を使用されてきましたが、やはり木材は年数で腐食が発生し板金の飛散等に繋がり易くなってしまいます。私たち街の屋根やさんではこの棟板金を取り付け或いは交換する場合、その辺りの問題を解消すべくこのプラスティック樹脂製の貫板を使用しております。

貫板に棟板金の取り付け 棟板金の重なりにはシーリング

 棟を順番に被せ、重なりの部分にはこのようにシーリングを入れて水が入って来ない様処置を抜かりなく行って参ります。

棟板金取付完了 棟の収め部分の折り込み

 棟板金をビス止めし、最後の折り重なりの納め処置も行って葺き替え工事も完成となります。

工事の完成です

屋根葺き替え工事の完成

 工事の完成です!夕方近くとなりましたが無事工事も終えられました。既存瓦撤去等で1日、屋根葺きと仕上げで2日、都合3日の屋根工事です。この新しいガルバリウム鋼板製の屋根が今後こちらのお住まいの守りの要となってくれるでしょう。

シェイドブラウンのスーパーガルテクト

 これで無事屋根工事も終了です。後は足場を外して工事も全て完了となります。このように火災保険を活用し、損壊箇所の補修から全体を施工するお客様も非常に多いです。メリットは足場が1回で済む事と、この先の安心感も格段に違うと言えます。もし屋根工事等をお考えでいらっしゃいましたら是非ご参考にして頂ければ幸いです。私たち街の屋根やさんでは、現在も新型コロナウィルス対策を継続して行っております。皆様もお気軽にご相談下さい。

江戸川区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。江戸川区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する江戸川区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、例えば台風や強風が吹いた際に、最も多くの補修や点検のご依頼をいただくのが実は瓦屋根のお住まいなのです。 こ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。 目次【非表示表示】 …続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。 自分の敷地内ならまだしも、お…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

目次【非表示表示】 ・瓦工事の補修方法と概算費用  -瓦の割れやズレ  -漆喰の剥がれ  -棟のズレや破損  -雨漏りを起こした場合の屋根葺きなおし工事  -雨漏りの状態が酷い場合の屋根葺き替え工事 ・瓦屋根の耐震について ・坪単価と平米(㎡)単価と施工項目  -主な屋根材の費用 ・瓦屋根の構造について  -瓦の豆知識  …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした 屋根材の新しいスタンダード  ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。 そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です。  スーパーガルテクトは、金属素材の良い特性を最大限生かせるよう配合して誕生した素材とい…続きを読む
金属屋根材への葺き替え工事

金属屋根材への葺き替え工事

  実際に瓦屋根から金属屋根材への葺き替え工事の流れをご紹介しています。 そもそも、葺き替え工事とは一体どんな工事なのか、も合わせてご紹介していきたいと思います。                     …続きを読む
台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      足立区梅田で瓦屋根のお住まいをガルバリウム鋼板、スーパーガルテクトに葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      墨田区立花で台風被害に遭った廃版セメント瓦屋根を火災保険併用でコロニアル屋根に葺き替えしました

      【施工内容】

      瓦屋根補修工事、瓦屋根葺き替え、雨樋交換、雨漏り修理、雪止め設置

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る