無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替え.....

調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷


調布市下石原にお住まいのお客様は、昨年の台風15号(令和元年東日本台風)の影響で、屋根の一部分が破損してしまいました。雨漏れが心配でご自分で屋根にブルーシートを掛け雨漏りの対応をしたそうです。ホームセンターに言ってもなかなか資材が揃わなかったそうで、苦労したそうでした。
 台風の影響で工事店に連絡しても繋がらない状態で、雨漏れが発生したらと考えると不安が高まってしまったそうです。ホームページを調べて観ると私達街の屋根やさんのトップページが内容もとても分かりやすく、色々な事が詳細に記載して在った為、問い合わせてみると、この大災害時に窓口の電話対応がとても親切丁寧でとても印象が良かったことで工事を依頼することにしたそうです。
調布市下石原にお住まいのお客様は、昨年の台風15号(令和元年東日本台風)の影響で、屋根の一部分が破損してしまいました。雨漏れが心配でご自分で屋根にブルーシートを掛け雨漏りの対応をしたそうです。ホームセンターに言ってもなかなか資材が揃わなかったそうで、苦労したそうでした。
 台風の影響で工事店に連絡しても繋がらない状態で、雨漏れが発生したらと考えると不安が高まってしまったそうです。ホームページを調べて観ると私達街の屋根やさんのトップページが内容もとても分かりやすく、色々な事が詳細に記載して在った為、問い合わせてみると、この大災害時に窓口の電話対応がとても親切丁寧でとても印象が良かったことで工事を依頼することにしたそうです。


担当:谷


【工事内容】
屋根塗装 その他の工事 瓦の差し替え
【工事詳細】
使用材料
三州瓦・ヤネフレッシュ塗料
築年数
約40年
平米数
110㎡
施工金額
90万円
お施主様
E様
【工事内容】
屋根塗装 その他の工事 瓦の差し替え
【工事詳細】
使用材料
三州瓦・ヤネフレッシュ塗料
築年数
約40年
平米数
110㎡
施工金額
90万円
お施主様
E様
火災保険アイコン台風アイコン屋根塗装

台風15号の影響

瓦の割れ 台風の影響

 調布市下石原にお住まいのお客様は、台風15号(令和元年東日本台風)の影響を受けてしまい、屋根の瓦が落下してしまったそうです。非常に強風が強かったせいもあり夜中にガラガラと音が鳴って屋根が破損したと解ったそうです。築年数が40年とのことですが今までこんな強風が吹く台風は無かったそうで、音が鳴った時には嫌な感じがしたそうです。翌日台風が過ぎ去って屋根を見てみると、やはり瓦が落下しており散乱してしまっていたそうです、密集地なので、近隣住宅にご自宅の瓦が飛んで行っていない事だけが不幸中の幸いだと感じたそうです。(屋根調査の事でしたらこちらまで)

瓦の被害

セメント瓦の劣化

 現地調査をして見るとお客様の屋根瓦は、セメント瓦でした。一見日本瓦にそっくりですが、大きさが若干違います。セメント瓦は現在では廃盤となっており生産されていない事から、修理をする事が基本出来ない屋根材です。お客様のご自宅被害は一部分の瓦が捲れ上がって落下したのですが、一階の屋根に落下した事で、一階の瓦も破損している状態でした。瓦の状態は一度メンテナンス塗装をしたきりだとの事ですが、屋根一面コケが発生してしまい、良好とは言えない状態です。

火災保険を使い復旧工事

瓦はがし 瓦はがし

 お客様は火災保険にご加入しておりましたので申請をしたのですが、セメント瓦でしたので部分補修ができません。そのため葺き替え工事を希望されていましたが、全ての工事範囲は適応されませんでした。どうしても破損した規模が小さくては適応外となってしまう為、玄関上に独立している屋根と破損した瓦の差し替えで対応した部分もあります。(火災保険の事でしたらこちらまで)

瓦葺き替え工事

葺き替え工事 棟積み直し工事

 今回保険で全て治す事が出来ない為、破損していない小さな屋根を現在生産されている瓦で葺き直して、破損してしまった大きな屋根部分に差し替える事で、工事費用を軽減いたしました。㎡数が小さい場所は三州瓦を葺き直す為に下地部分からすべて交換いたします。全ての瓦を撤去し、新たなアスファルトルーフィングや瓦桟を新規にて、現在の瓦が設置出来る様に補修し直します。

葺き替え工事完成

 お客様は火災保険にご加入していましたが、残念ながら全ての工事金額が適応にはなりませんでした。保険会社は工事見積もりと被害写真で判断する事が多いのですが、十分な金額が下りない時もあります。しかし今回弊社で提案した工事で、瓦の修理と屋根のメンテナンス塗装ができる分の金額が適応されました。

屋根メンテナンス工事

ケレン作業 下地塗装
 今回火災保険で葺き替え工事費まで金額が届かなかったのですが、屋根メンテナンスとして塗装する金額は賄えることから、屋根全て塗装をする事になりました。セメント瓦にコケ等が多く発生しており表面塗装も劣化していたので、新たに塗装工事をして、瓦の耐用年数を維持します。まずコケを取り除く高圧洗浄をしたのちに、細かな所までケレン作業をして、汚れを徹底的に取り除きます。(屋根塗装の事でしたらこちらまで)

エスケー化研ヤネフレッシュSi塗料

仕上げ塗装 2回塗装

 今回屋根瓦がセメント瓦と言う事もあり、屋根に塗装できる塗料は限られてきます、セメント系に適応できる塗料として今回はエスケー化研ヤネフレッシュSiと言う塗料を使用いたしました。シリコン系樹脂塗料で透湿性が良く既存の瓦に密着しやすく、カビやコケが付着しにくい仕上がりになります。下地のマイルドシーラーを初めに塗装し一回目の塗装となります。仕上げ塗装は2回塗装しますがヤネフレッシュを二回塗装し、全ての工程をあわせて3回塗装となります。セメント瓦は瓦自体が撥水しない為、表面を保護し劣化を防ぐ屋根塗装はとても重要になってきます。水捌けが悪くなってくると、苔等が発生しやすくなり吸水しやすくなりますので、どんどん劣化の進行が早まります。

屋根復旧工事と屋根メンテナンスが完成いたしました

屋根塗装
 今回セメント瓦が破損してしまいましたが、できるだけの部分修理をさせていただきました。火災保険が全て適応されなくても、工事内容を変え予算内で出来る限りのメンテナンスが出来ますので、何でもご相談してもらえればと思います。(台風対策の事でしたらこちらまで)

調布市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。調布市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する調布市特設ページはこちら 屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。 目次【非表示表示】 …続きを読む
【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディアで取り上げられることで屋根工事やお住まいの補修に火災保険が使えるということが以前にもまして認知されるようにな…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。 自分の敷地内ならまだしも、お…続きを読む
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 屋根材というと現在でも瓦というイメージが強いのか、どんな屋根材でも瓦と呼ばれがちです。スレート(カラーベスト・コロニアル)はスレート瓦と呼ばれますし、成型金属屋根材も金属瓦と呼ばれます。小さなピースを幾重にも並べて屋根を形成する屋根材の場合、そのような傾向が高いようです(トタンはトタン瓦と呼ばれない)。 本章では粘土瓦とそれに非常に形状が似たセメント瓦とモニエル瓦のメンテナンスについてご紹介します。 目…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。 かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが傷んできます。定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。  メンテナンスのタイミン…続きを読む
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら 目次【非表示表示】 ・塗り替えで暑くない、汚れにくいお住まいへ ・断熱塗料・遮熱塗料 ・低汚染(耐汚染・防汚染)塗料 ・塗り替え前に塗り替え後を確認できるカラーシミュレーション ・屋根・外壁塗装のBefore&After03 ・カラーシミュレーションをお試しいただいたお客様の声 ・屋根…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

目次【非表示表示】 ・屋根には様々な負担がかかっています ・様々なリスクから私たちを守ってくれています ・塩害の及ぶ範囲 ・全てのものには耐用年数と寿命があります ・瓦・スレート・金属・各屋根材の耐用年数目安  -スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根  -瓦屋根  -金属屋根 ・新築から10年が一つの目安です  健全なお住まいに…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ 屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。 1.機能・性能UP 塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。 しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。 塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素地が外部に晒されてしまいます。   外部に露出…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、屋根葺き直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る